blog_notice_20190702.png

2007年07月31日

神戸大学男女共同参画シンポジウム「神戸スタイル」で行こう!

平成19年度文部科学省科学技術振興調整費
「女性研究者支援モデル育成」採択事業

参加するまで恥ずかしいことに、大学に
男女共同参画推進室があることも
「女性研究者支援モデル育成」事業ということも
知りませんでした。
平成18年文科省 科学技術分野における女性の
活躍促進施策の女性研究者支援モデル育成として、
平成18年度は10、平成19年度は神戸大学を含む
さらに10の機関でモデル事業がスタート。

「再チャレンジ!女性研究者支援神戸スタイル」事業は
科学技術振興調整費の委託事業として、神戸大学において
平成19年度から3年間実施されます。
この事業採択を契機に、男女共同参画を積極的に推進
することを重要であると捉えて開かれたシンポジウムです。

講演T「明日を拓く女性科学者」
神戸大学特別顧問 相馬芳枝さん
講演U「ささえあおう 子育てと自分育て
ー大学の課題と役割ー」中央大学教授 広岡守穂さん
特別講演「男女共同参画社会の実現を目指して」
内閣府男女共同参画局長 板東久美子さん
パネルディスカッション

特に理工系における女性研究者の割合が少なく、
第3期科学技術基本計画において
自然科学全体で25%と女性研究者採用の数値目標が
あがっています。

神戸大学における
「再チャレンジ!女性研究者支援神戸スタイル」事業では
女性研究中断者に正規雇用への道を拓くため、
能力が同等であれば女性を採用する
理工系学部で女性教員採用倍増計画など、
具体的な方法が示されています。

妻の「自分の育て」を夫がバックアップするべし。
自分育て=自己実現を夫婦でお互いに支えあい、
職場では各々がきめ細かな配慮をすることが
男女共同参画であり、大学は地域の中で平等なチャンスを
提供していくように
大きなメッセージを発信する重要な役割がある。

妻と子育てを共にしてきたつもりが実は全く
理解できていなかったという内容に
共感したという博士課程の学生。
どうして男性の育児休暇が増えないのか、
まだまだ役割分担のある社会への疑問。
そして何よりも、最後に発言された「神戸スタイル」で
スタートラインに立つであろう人に
早くここまで来てほしい!という教授の方の訴えに、
私は強く心を揺さぶられました。
が、その時男性の笑い声が聞こえたところに、
大学というこの場においても
「男女共同参画」の実現の難しさに、
溜息をついてしまいました。

例えどんな上下関係があっても、どんな人でも
人としては対等であり
そこには相手を尊重するということが不可欠であり、
そこから全てが始まります。
私にとっても、身近な家族の関係を考えさせられた
時間でもありました。

男女共同参画局長の板東さんとは、
育休をとられた男性の課長補佐の方の
メールマガジンにあった手記のお話をすることが出来、
名刺代わりにお写真をお願いしました。

photo_026.jpg
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年07月29日

野洲市に行ってきました(視察)

photo_023.jpg

JRの関係で「野洲」という地名は有名ですが
合併して「野洲市」になって3年、と聞くとちょっと
意外な気がしました。
しかし今や全国的にも大変有名で、多重債務問題で
全国の自治体から視察があるそうです。

芦屋から新快速で70分という恵まれた環境を生かすべく
消費生活相談員の生水さんのお話を伺ってきました。

photo_024.jpg

「スーパー公務員」という表現がぴったりな
パワー溢れる方でした。
きちっとできなくて放っておいたから
多重債務になってしまうのであって
問題を整理するという強い決意を本人にもたせる為にも
半端ではないおしの強さが必要。
普通公務員は市民を怒りにくいが、時には私は怒ります!と。
しつこくしつこく電話して、時には1年かかることもあるが
問題解決にむけて決して逃がさないようにしていると。
相談に来る人だけではなく、問題拡大防止のためにも
「借金の掘り起こし」に色々な方法でアプローチし、
今や市民の方までも掘り起こしをしてくれるそうです。
いくら仕事とはいえ、一年もの長きに亘って
その人のことを救おうとするエネルギーには
ただただ驚くばかりです。
細い体のどこにそんなエネルギーがあるのかしら、と。


今回私が最も関心のあった各部署とのネットワークについては
野洲市では20メートル以内に各部署があるということも
関係しているようですが生水さんのように総合プロデュース
する人がいると他部署の方もその人に安心して
引き継ぐことができます。
その際個人情報が壁になることはないのかとの問いに
本人の為になるのだからそれは言い訳にすぎない。
9年間やってきて問題になったことはない。
やってやれないことはない、との力強さに圧倒されました。
ちなみにこの質問は議員に多いそうです。

photo_025.jpg

また一緒にお話を伺った、
市民健康福祉部市民課 課長補佐の服部さんも
「民間とは違う公で働く、公務員のプライドとは
こういうものなのか」ということを
中島かおりに感じさせて下さる方でした。
反対に質問されて、ちょっとドキドキしましたが。

熱い市役所を目指します!という言葉通り、
のどかな市役所の中で
熱いお話にあっと言う間に時間がすぎました。

市役所から駅への途中に、一度は通り過ぎたのですが、
「珈琲大福」の文字に魅せられて
そのお菓子屋さんに入り、協働・参画が繰り広げられている
野洲のまちに触れた余韻にひたりながら、
店先で「珈琲大福」を頂きました。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年07月28日

美博ミュージアム・コンサート〜ベーゼンドルファーとともに〜

芦屋ミュージアム市民ネット(あしみゅ〜)総会の
ご案内を頂き22日に美術博物館に行ってきました。
賀集律子さん演奏による、チャイコフスキー、
ドビュッシーなどの音楽に酔いしれ
贅沢なひと時を過ごしました。
一時は『英雄ポロネーズ』まで弾いていた中島かおりですが、
今は全然指が動きません。
しかし、音楽が人に与えるすばらしい影響については
いつも強く感じます。


牧野四子吉の世界―自然観察の愉しみ―(美術部門)
水と芦屋―江戸時代のエコロジー―(歴史部門)


担当学芸員の方による列品解説を受けました。
生物生態画のパイオニアとして知られる牧野四子吉さんは
『広辞苑』『ファーブル昆虫記』などに挿絵原画を描き、
約3万点もの作品を残しました。
今回が初出品となる初期の日本画作品もあわせて
展示されています。
また、歴史部門では「水」をキーワードに、「
水」の恵みをうけて発展してきた
江戸時代の芦屋が取り上げられています。

9月24日(月・祝)まで。
http://www.ashiya-web.or.jp/museum/
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年07月26日

認知症サポーター養成講座「認知症」ってどんなん? を受講しました

認知症サポーターキャラバンメイト 税所幸子さんが
講師となり高齢者生活支援セミナーとして出席者は
100名を超えました。

認知症とはこれまで痴呆症と呼ばれていた脳の病気で
治療可能なものもあることから
早期診断・早期発見が大切です。
65才以上の6〜7%、60代以上は1%、
85才以上は25%と約4人に1人の割合で
何らかの認知症の症状があるそうです。

まだ誤解や偏見もありますが、誰でもがなる
ありふれた病気です。
認知症の方は様々な不安を抱えながら生活を営もうと
していることを理解する必要があり
適切なサポートがあればその人らしく生きていくことが
できるので家族だけではなく地域ぐるみで認知症の方が
生き生きと暮らせるように関わっていくことが大切です。

ケアマネージャーでもある税所さんは、
介護のプロとしてのプライドをしっかりと持った方で、
今だったらもう少し違った関わり方ができたのではないか、と
私は随分以前に亡くなった祖母を思い出していました。

芦屋市には高齢者生活支援センターがあります
(芦屋市HPくらしのハンドブックより)

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/handbook/fukushi/fukushi12.html

認知症サポーターであることを示すオレンジリングを頂いて
帰途につきました。

photo_022.jpg
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年07月17日

多重債務者自立支援講演会(尼崎労働福祉会館にて)に参加しました

このお知らせを頂いた時に、
奄美市市民福祉部市民課主幹兼市民生活係長の
禧久(きく)さんのお名前があったので参加を決めました。
今回の台風による被害が大きく急遽不参加となられましたが
多重債務解決のスーパー公務員(朝日新聞より)として
野洲市消費生活相談員の生水(しょうず)さんとともに
憧れの方です。

禧久さんのお話は聞くことが叶いませんでしたが
京丹後市生活環境部市民課主幹の西垣さんのお話も
また感動を持って聞くことができました。
3月に異動内示を受け、奄美市の視察、その他研修を受け、
市長の特命によって
この4月から多重債務相談支援室を任されているとのこと。
24時間相談対応の携帯電話を持ち、
「債務に陥った人を救う」気持ちと
やる気があるかないかが全てです、との姿に
思わず拍手をしてしまいます。

尼崎市長の白井さんもご挨拶をされました。
地域の課題を見つけ、それを解決するために
地域と向き合っていかなくては!と
5月の市民派議員の勉強会でお話された時よりも
今日は一段と力強い発言だったように感じました
(いつもお綺麗でみとれてしまいます)
議会と行政が一体となった取り組みをしていかなくては
いけない、との田村市議会議長の言葉も心に残りました。

しかし、尼崎市の環境市民局 市民部 女性・消費生活課
(尼崎市立消費生活センター)課長の高寺さんのお話(報告)
がとても興味深かったです。

☆相談をつなぐだけではなく
フォロー体制の整備を強化していること
☆7月からモデル的に相談員の方が過払い金の
試算をしていること
☆庁内他部署との連携だけにとどまらず、司法書士、
弁護士、警察など更なるネットワークの拡大を視野に入れ、
公開の連絡会議を開くこと
(他市の議員でもご参加ください、と言って頂きました)

など全てをメモ出来ないほど内容のあるお話でした。

他に弁護士の方やこの問題に取り組んでこられた会の方の
盛り沢山のお話が続き
終了予定時刻を1時間近く過ぎて閉会となりました。

個人的には、この運動が一定の成果をだす為に
「30年という歳月」「343万人の署名」
「43都道府県と1136市町村の意見書採択」との経過を、
溜息をもって受け止めました。

社会・制度・慣行などなど変えるためにこんなにも
パワーがいるのか。
これだけのパワーがないと、やはり国は動かないのか。
大きな課題を再び突きつけられました。
小さな力でも大きなパワーにつなげるために、
中島かおりの挑戦は続きます!(自戒をこめて)
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年07月12日

イーブンフェスティバル(平成19年度男女共同参画週間記念事業)に参加しました♪

☆平成19年度男女共同参画推進員活動発表会
☆ひょうごフォーラム〜をんなたちのチャレンジ〜
☆ひょうご女性チャレンジまつり〜応援します 
あなたのチャレンジ〜

男女共同参画推進員活動発表会では各地域の活動が紹介され、
そのあと分科会にわかれました。
私は第一分科会「未来を拓く男女共同参画ー
ワーク・ライフ・バランスーを考える」に参加。
新しく担当になり初めての分野で色々なことが難しいです、
とおっしゃる男性の担当課長さんがイーブン市民講師の
学習プログラム改訂版を作成され
その一途なお話ぶりがとても印象に残りました。

私たち阪神南では、昨年に続き「ようこそ先輩パートU」
として大丸芦屋店店長の柚木和代さんに講師をお引き受け
頂けることが決まりました。
また、男女共同参画条例のある尼崎では、
尼崎市にも推進員の方がいて
その方々とのコラボレーションでフォーラムを
予定しています。
アド塾の同期の方々とも会うことが出来て、
芦屋市だけでは難しい様々な意見交換を
することができ、充実した時間をもつことができました。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年07月11日

初議会の千秋楽を無事迎えました♪

6月11日の任期から1ヶ月。
ドキドキしっぱなしの初議会も閉会となりました。
今一番感じていることは「議員って何だろう」ということ。
国会と違い二元代表制である地方議会は、議会と執行機関は
お互いに独立対等であり議員は住民の代表として
市の重要な意思決定に参加しています。
その意思決定の場に様々な立場の人が
参画することは重要です。
私、中島かおりも皆様に選ばれてその立場にいます。
そのことを支えに私だからこその感性、感覚も必要と
されているのだと信じることができます。

今、行政との関わりという点で、議員という立場への認識が
自分の中で不確かです。
失敗を恐れず次につなげることを第一義にしていますが
議決機関のメンバーとして果して
現在の自分はどうなのだろうか。
本会議終了後に市長挨拶とともになされた当局側の一礼に
応えられているのだろうか。
「一生懸命」なだけでは当然許されるべくもなく、
かといって「引出し」をすぐにいっぱいに出来るわけもなく、
試行錯誤しつつ奮闘の日々はまだまだ続きます。

庁内勉強会に参加させて頂いたこともあり、
今日は半日以上の時間を市役所で過ごしました。
私が帰る時もまだ電気がついている部署がありました。
帰り際に「本当に議員さんなの?」と言われたことに
苦笑いしながら行きつ戻りつしながらも確実な一歩を心に誓い、
目くるめく一日を終えました。(7月10日)


☆追伸☆

研修会の講師を務められた瀧康暢弁護士から
早速メールを頂き、感動しています。
今回一般質問でも取り上げました多重債務の問題です。
質問で取り上げただけではなく、その後どのように
関わって手立てしていくことができるのか。
しっかり考え実行して参ります。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年07月06日

大東ポンプ場、南宮ポンプ場、場内ポンプ場(芦屋下水処理場)を見学しました♪

南宮ポンプ場ポンプ設備工事による特別会計補正予算が
総務委員会の議案にありましたので
一度ポンプ場を見たいと思っていました。
今回会派内視察ということで実現しました。

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/soumu/(58号議案)

多くの雨が降っても海抜の低い所に水が溜まらないように
なっています。

photo_020.jpg

ポンプには、エンジン駆動のものと
電動機駆動のものがあります。

photo_021.jpg

頑丈な扉になっています。
ポンプで水を排出しないと雨がやんだ後
何日も水浸しの状態が続いてしまうので、
ポンプ場を守らなくてはいけません。

常に天候を気にかけ、雨が強くなると皆さんポンプ場に
集まるのだそうです。
芦屋市を守っている人たちがあちらこちらで働いています。

「皆さんに見て頂いて嬉しいです!」
と案内してくださった担当の職員の方のお言葉が、
私にはとても嬉しく響きました。
お互いを尊重し合って理解を深めることから
生まれるものも大きいと思います。
短い時間でしたが充実した時間を過ごすことができました。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年07月05日

イーブン(兵庫県立男女共同参画センター)からの元気な女性にお会いしました(^-^)

photo_019.jpg

イーブンニュース編集員の近藤さんは
取材で中島かおりを訪ねてくださいました。
知的好奇心が旺盛で、生きるエネルギーに満ち溢れている
素敵な女性でした。
ある方面での問題意識を共有できる安心感を感じることができ、
もっとお話したかったです。
今日のお話がどのような活字になるのか、
ドキドキしながらもちょっぴり楽しみです^^
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

西宮市議会、総務常任委員会を傍聴してきました

photo_017.jpg

近隣他市で閉会しているところが多く、
傍聴できるところを探していました。
芦屋では一日にひとつの委員会のみ開かれ市長も出席しますが
西宮市では同時に複数の委員会が開かれ、よって市長の姿は
みられませんでした。
芦屋市と違い、委員会の傍聴は許可制ということですぐには
委員会室には入ることができず
歴代議長のお写真が飾られている控え室で待たされます。
職員の人たちの控え室にもなっていて
お茶も飲むことができます。

photo_018.jpg

総務委員会の議案のなかで、法律の変更による条例改正のため
『市税条例の一部を改正する条例制定の件』など
芦屋市と同じ内容のものもあり興味深かったです。

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/soumu/image/1906_h1.pdf

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/soumu/index.html

例えば…

今まで鉄道施設と商業施設とで複合的に利用されている
鉄軌道用地は利用状況に応じて鉄軌道用地又は宅地の
いずれかで評価されていたものを
駅のなかにお店が増えたこともあり、
「駅なか課税」ということで
床面積割合で按分することに改正されるというもの。

この改正により東京のような大きな駅をたくさん抱える自治体は
何億もの増収になるだろうとの総務省のHPにも書かれており
そこまではいかなくても芦屋でも増収になるだろうと
私は総務委員会で「どの位の増収になるのか?」と
質問しましたが西宮では減収になるとの
当局の説明がありました。
自治体によって随分状況が違うようです。
(質問されていた議員は減収になることに
あまり納得がいかないようでしたが)
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信
hp-banner2.jpg