blog_notice_20190702.png

2007年09月28日

9月議会が閉会しました

新人議員にとって、二度目の議会が終わりました。
バタバタした中で、例え相手に押し切られたとしても、
自分がその時やるべきことをどのようにこなしていくのか。
朝から考えさせられました。
一年生だからといって人に遠慮している場合ではありません。
その付けは結局自分にまわってきます。
そんなことを考えて臨んだ議会では、反対、
賛成の討論がめまぐるしく繰り広げられ
急ピッチでそのモードに頭が切り替わります。

中島かおりにとって初めての議会の千秋楽は、
本会議の他にオプションがあったこともあり、
議員控室をすぐに出られない程、充実感とともに
脱力してしまったことを鮮明に覚えています。
二回目の今日は、次に控える決算特別委員会やその準備、
兵庫県弁護士会での講演会があり
市役所では余韻にひたる間もありませんでした。

そんな中で一番感じたことは、地方議員といえども
政治家なのだ、ということ。
発言だけではなく、どのように振る舞い行動するのか。
それも重要なのは勿論、見えないものを
どのように見ていくのか。
皆様からのお叱りも多々頂き、議員になって3ヶ月が
過ぎた時点で自分への課題もプラスしました。
答えがすぐに出るべくもなく決して後戻りの出来ないこの道を、
信念を持って前へと進むしかありません。
与えられた仕事を着実にやっていくだけです。

兵庫県弁護士会での「ネオリベ改革と女性」という
タイトルの講演会に参加しました。

photo_073.jpg

元気をもらって帰るには、お話しを聞きながらあまりにも
エネルギーを費やしてしまいました。
吹いている風に気付くことのできる余裕が必要です。
吹いている風に気付くことが出来たら、その向かい風を
どう受け止めるのか。
そして一番肝心なのは、その風を感じることです。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信
hp-banner2.jpg