2007年10月30日

山手幹線事業の進捗状況について(視察)

山手幹線の芦屋市内、約2.3kmの区間のうち、
供用済みの約0.8kmを除く
約1.5kmの区間で事業が進められています。
平成22年度の完成予定の芦屋川の下のトンネル工事を
視察しました。
工事は、松の内町〜月若町、立体交差区間 
延長303.5m(トンネル部分は131.5m)、
幅員27〜34メートル。

施行順序(河川交差部)
1.水が少ない時期に、河川内の鉄樋支持杭、半川締切杭、
土留壁を施工。
2.半川締切を行ないながら、鉄樋を設置。
3.二重締切外の躯体を構築。
4.鉄樋撤去後、二重締切内の躯体を構築して完成。

鉄樋工法とは、鉄製の樋を設置して川の水を受けつつ、
その下でトンネルを構築するというものです。

photo_112.jpg

月若町からみたトンネル区間

photo_113.jpg

掘削して出てきた石(小さく見えても
1t以上あるものがほとんどです)

photo_114.jpg

二重締切堤防を月若町側からみたところです。

photo_115.jpg

足場が組んでいる中を下りたり上ったりします。
暗いのは平気ですが、階段の下が見えてしまうので、
かなり怖かったです。

photo_116.jpg

この上が芦屋川です。

photo_117.jpg

トンネルの中です。

photo_118.jpg

掘削した土や石(入らないものはネットに入れて)を
運びます。

photo_119.jpg
photo_120.jpg

松の内側からみた工事現場。

工事現場の視察は初めてでした。
ヘルメットのひもの調節にも手間取り、また用語も難しく、
自分自身の段取りが悪く反省ばかりの視察となりました。
一年生議員にとって、やることはまだまだあります。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年10月28日

平成19年度兵庫地区 地震津波防災総合訓練

photo_106.jpg

東南海・南海地震の発生と津波の襲来に備え、
地震・津波による被害の軽減を目指し、
地域住民及び防災関係機関・団体等が協力・連携して、
南芦屋浜地区において訓練が行なわれました。

photo_107.jpg

photo_108.jpg

photo_109.jpg

photo_110.jpg

山中市長のみならず、国土交通大臣、兵庫県知事による
ご挨拶があるなど、参加機関も数多くあり、
市民の人も含めると8000名を超える参加者が
あったそうです。
いざという時のためには日頃からの備えと、
普段から人と仲良くしてコミュニケーションを
とっておくことが大切です。


自由の法 強制の法〜個人の尊厳から考える立法〜
岡野 八代さん(立命館大学法学部准教授・政治学者)


photo_111.jpg

憲法勉強会に参加しました。
この6月11日より地方議員になってから、
今までほとんど触れたことのなかった
「地方自治法」を読むことが多くなりました。
そして今日改めて憲法から遠ざかっていたことに
気付きました。
中学校を卒業した時、高校はそのまま同じ上の高校に
進むことは決まっていましたが、
義務教育を終えたことで何かできないか、と
「日本国憲法」を最初から最後まで読もうと決心し、
わからないなりに何とか読んだことを憶えています。
今でも憲法は難しく、現実との整合性というところで
私の頭では判断できないことも多いです。
しかし、この6月11日から特別職とはいえ
地方「公務員」となったこの時こそ、憲法を読むべきでした!

憲法の役割には、個人の「尊厳」=基本的人権を守ること
(13条)がありますが、
それだけではなく、権力者を拘束する法、
その時々の政治家・権力者が
自分達の利益のために都合のよい法制度を
作らないための法なのです。
お話しを聞きながら、このことを思い出しました。

天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の
公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う。
99条にこうあります。

今日のお話はこのことがメインテーマでは
ありませんでしたが、はっとさせられました。

地方自治法も一日にせめて一条だけでも、と心していますが、
ゴールはまだ先になりそうです。
上位概念をいつも意識する必要性を感じました。

それにしても私達と同じ怒りを共有できる講師の方の
お話には勇気づけられました。
均等待遇を求めなければならない今の日本の現状、
対立構造のすりかえに敏感でなければなりません。
この「怒り」は原動力になりますが、なるべくなら
無くなってしまうにこしたことはありません。
芦屋市でもそうあるように願いながら…。
議員とは?議員の仕事とは?議員はどうあるべきか?
答えのないこの問いに、眠れぬ夜は続きます♪♪
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年10月25日

箕面市議会総務常任委員会(決算審査)傍聴

photo_103.jpg

閉会中の常任委員会、開会中の常任委員会、
あるいは芦屋市のように決算特別委員会が設置されて
決算の審査がされる等、
自治体によって決算審査の方法は様々です。

芦屋の委員会においては、議員、当局側ともに着席のまま
一問一答方式で進みますが、
今日の箕面市では、議員だけではなく
市長も起立しての発言でした。
机の上のマイクが随分上を向いているな、と
思っていましたがこれで納得です。

西宮市のように、当局側のみ起立して
発言するところもあります。
また委員会でも一問一答ではなく、
質問数が決められている議会もあるようです。

10時の開始から何人かの傍聴者がいました。
決算の資料一式が傍聴者用に何組か用意され
回覧することができ、驚きました。
芦屋では実現していないことですが、
よいことだと思います。
決算の資料に関しても、芦屋市より丁寧で、
本市ではでていないような資料があります。

「食糧費」の中の「来客用賄」1400円、
700円のお昼のお弁当2人分について、
市長自らが答弁されているのも新鮮でした。

中島かおりも9月議会の一般質問でも触れましたが、
内閣府男女共同参画局発表の
「2020年30%の目標のフォーローアップのための指標」
に触れ、箕面市の女性管理職の割合が低いことについての
質問もありました。
芦屋市と違って昇進試験のある箕面市では、
資格はあっても昇進試験そのものを受ける人が少ないのは、
管理職になっても処遇に差がないことも原因だろう、と。
何れにせよ、あっという間に時間が過ぎ
とても勉強になりました♪

この夏京都で、藤沢市長のお話しを聞く機会があり
一度お目にかかっていました。
その時のことを覚えて下さっていて、お忙しい合間に
お話しすることができて嬉しかったです。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年10月24日

総務常任委員会行政視察・1泊2日

視察目的
「自治基本条例」千葉県流山市
「提案型公共サービス民営化制度」千葉県我孫子市

8:03JR芦屋発新快速、8:40新大阪発
のぞみ118に乗って、
初めての委員会視察に向かいました。

photo_092.jpg

photo_096.jpg

大手町から地下鉄千代田線に乗り、
馬橋で総武流山鉄道(流鉄)で千葉県流山駅へ。
つくばエクスプレスが開通して、流山市では
人口が増えているそうです。

photo_093.jpg

photo_094.jpg

昼食後流山市役所への途中「近藤勇陣屋跡」に立ち寄り、
市役所前では記念撮影(こういうものなのだそうです)
をする。

「自治基本条例」について企画財政部企画政策課の方から
お話しを伺います。
PI(対話集会)により進めていることが特徴です。
市民協議会メンバーを公募し、市民協議会勉強会を計7回、
PIを第一、第二ステージ、そして職員研修会も計4回、
のべ1278名参加でほぼ全職員が一回は参加され、
庁内LANによるアンケート結果もHPで公開されています。
PIは合計119回開かれ、参加人数3442人
(人口の2%)の参加がありました。
お話しの中で、「市民に委ねる覚悟」という
言葉が印象的でした。
市民からどのようなものがあがってくるかわからないが、
市民と市長と素案の締結に関する協定を締結している以上、
市民協議会の原案を尊重することが求められ、
その上での覚悟が職員には必要である、と。

MLも発行、流鉄の駅に「流山市自治基本条例ニュース」が
置いてあったり、積極的な取り組みが
目に見える形であらわれています。
憲法の解釈権にまで言及していて、
職員PT(プロジェクトチーム)によって、
この原案がどのようになっていくのか。
20年度中施行を目標にしているとのこと。
これからのプロセスも注目されます。

http://www.city.nagareyama.chiba.jp/section/kikakuseisaku/jichi/index.htm
(流山市のHPより)

photo_095.jpg

参画と協働にその自治体の未来がかかっており
行政の透明性の確保は必至である、と
中島かおりはいつも述べていますが、試行錯誤しているのは、
市民、行政、議員と立場は違っても、想いは同じです!
その中から抜け出るには、腹を据えて、覚悟すること。
それが決まれば、自ずと道は定まってきます。
中島かおりが理想ばかりで甘い!と言われてしまう所以ですが、
根幹のところで理念が固まれば方向性が決まり、
やらなくてはならないことが見えてきます。
そして自治体において最もその舵取りができるのは、
トップだと思います。
先進的な取り組みをしているところでは、必ず職員の方が
言います。「市長の理解がありますから」と♪


前我孫子市長の福嶋浩彦氏と再会。お忙しい中、
夕食をご一緒して頂きました。
議員を3期、市長を3期務められた方です。
これからの議員とは?自治体のトップができること。
トップと議会はどうあるべきか。議会における会派とは?
普段あまり突っ込んだお話しが出来ない他会派の方々と、
福嶋前市長を交えての時間は、
とても有意義な時間となりました。
ありがとうございました。

photo_097.jpg

宿泊はビジネスホテルです。
またどこにいようとも食事はするということで、
いくらか持ち出しもあり、徴収されます。
他市では日当がついたり、食事代として反対に
現金が支給されるところもありますが、
芦屋市ではそのようなことはなく
(視察に持ち出しがあることへの驚きもありました!)
派手なイメージはありません。

photo_098.jpg

2日目は我孫子市に伺いました。
本庁舎とは別に議会等が別棟になっています。

公共を行政が独占する時代は終わり「新しい公共」という
言葉が使われるようになっています。
公共サービスはより充実させつつ、市役所はスリムで
効率的なものにしていくという
「大きな公共」と「小さな政府」という視点から、
昨年4月から「提案型公共サービス民営化制度」をスタート。
市の全ての事務作業1100以上を、
民間から民営化の提案を公募。
79件の提案があり、その後の協議で取り下げになったり
継続協議が必要なものもあり、
56件が審査委員会にかかり、34件が採用になっています。
担当課が協議しながら提案をまとめ上げる過程で
職員の意識改革につながるという効果もあるとのこと。
ただ76件の提案があった一次募集と違い、
二次募集ではわずか6件と少なく、
提案しやすい制度にしていかなくてはならないという
課題もあるとのことでした。


その後、議場における採決表示システムを拝見しました。

photo_100.jpg

photo_101.jpg

photo_102.jpg

photo_104.jpg

photo_105.jpg

芦屋市では本会議場における議案の可否は
原則起立によって諮られますが、
起立によることなく手もとのボタンで操作し、
画面で議員の賛否が一目でわかるようになっています。
もともとは賛否をわかりやすくしてほしいという
市民からの陳情があったそうです。
当初は不採択となり、その後採択され、
このシステムが導入されたそうです。

芦屋市では質問席は真ん中にありますが、
我孫子市では議場の出入り口と、市長に近い場所にあります。
自治体によって状況と考え方による差はかなりあるようです。

今回自分の調査事項による視察と違い、
委員会での視察ということで、少々勝手がわからず、
先輩議員の方々よりも先に名刺交換をしてしまったりと
少々の失敗もありました。
またせっかく伺っているので、自由時間を頂いて、
市役所の中をもう少し見せて頂きたかったな、という
思いもありました。
ただ、毎日のように視察があるところは大変だと思います。
多くの方々との出会いに感謝しつつ、頑張っていこう!
というエネルギーをまた頂きました。

ありがとうございました♪♪
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年10月22日

自治基本条例

photo_091.jpg

この9月議会でも一般質問しました「自治基本条例」に
ついては、今まで何度か勉強会等にも参加してきました。
機会があり、第6回 明石市自治基本条例検討委員会を
傍聴しました。

http://www.city.akashi.hyogo.jp/soumu/gyoukaku_shitsu/h_gyoukaku/shingikai/shingikaigaiyou-jitikihon.html
(明石市HPより)

当局側からはいくつもの部署による参加があり、
行政側の姿勢と、この条例の持つ重要性がみられます。

参画と協働については日々頭を悩ませていますが、
この場においても考えさせられました。
自治基本条例はあくまでもシンボル的なものに過ぎず、
地方分権の今の時代に参画と協働をどのように捉えるかです。
個人の、地域の、組織のエゴをどのように参画と協働に
結びつけるのか。
コーディネートすることがこれからの行政には必要です。
変わらなければならないことはまだまだある。
そう実感しました。

明日から、初めての総務常任委員会の視察です。
千葉県流山市では「自治基本条例」を、我孫子市では
「提案型公共サービス民営化制度」についてお話を伺います。
ともに参画と協働に直結することです。
今日の思考回路の延長のまま、税金を使った視察ですので、
しっかりと未来の芦屋市につながる有意義なものに
したいと思っています!



芸術の秋

photo_089.jpg

宝塚関係の恩師である、前田先生の作品展に出かけました。
たくさんの方が出品されていて、芸術の秋を楽しみました♪

photo_090.jpg
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年10月21日

阪神南なぎさフェスタ2007

photo_087.jpg

阪神南地域の「環境先進都市づくり」に向けての
先進的な取り組みを全国に発信するため、
地元3市並びに商工会議所、緑化団体・NPOグループの
参加を得て開催されました。
夏の打ち水作戦以来でしょうか。
再び「はばたん」にも会えました。

photo_088.jpg
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年10月19日

ようこそ先輩ー兵庫県立西宮北高校ー兵庫県男女共同参画推進員(阪神南)事業

photo_085.jpg

昨年度に引き続き、卒業された先輩による後輩の高校生に
むけた講演会です。
今回は兵庫県立西宮北高校において行なわれました。
株式会社大丸 芦屋店長 柚木和代さんが講師です。

百貨店というと女性が多く働いているイメージがありますが、
日本百貨店協会に加盟する百貨店企業は全国で94社、
店舗は全国で277店舗。
そのうち女性が店長である店舗はわずか3店舗(1.1%)
しかないそうです。
働く人は、男性 35,108人 、女性 56,699人、
合計 91,807人で、男性は1万人中78人が店長に、
女性は1万人で0.5人しか店長になっていない現実があります。
もう男とか女とかという時代ではなく意識はかなり
進んでいるのでは、という意見を持つ人も少なくない
ようですが、まだまだ社会の非対称である構造が
あちらこちらで垣間見ることができます。

柚木店長の会社では、年功序列型人事から
能力主義へと移行し、育児勤務、育児休職等も
充実してきているようです。
が、男性の育休取得者は1名だそうです。
飛躍的な変革がなされるにはトップの考え方が重要で、
20代の頃にアメリカでの経験から
「こうしたい」と思い続けていたことを、
思っているだけではなく、その地位についた時に
行動されたことによる、大丸の今なのだそうです。

若い時に感じたことを、昇進しても同じ思いを
持ち続けられることもすばらしい。
継続は力なりですが、立場が変わると難しいことも
あるだろうに、と思った自分を、
議員になって4ヶ月の一年生議員はちょっぴり反省しました。
想いを行動して実行する。再び肝に銘じました。

メリハリのある仕事と遊び、自分のコントロールを
自分自身でやる、オードリー・ヘップバーンとの
エピソード等、パリ駐在のお話し。
店長としてお客様に認められず「女はあかん!」と
言われ苦労されたお話し。
などなど、中島かおりは高校生の反応等
気にかけることも忘れ、柚木店長のすばらしい人柄が
あふれ出るお話しに、ずっと引き込まれていました。
人の心を震わせる言葉は、話し方や表現方法の技術だけでは
勿論なく、しっかりとした経験に裏打ちされた
「言葉」だからです。

photo_086.jpg

普段あまり緊張しないのに、母校での講演となると
緊張して今回は事前に時間をはかって練習したり、
財政の厳しいこの芦屋市を建て直してほしい、と
よく言われるのだというような
裏話も楽しく聞かせて頂きました。
北高の先生方の熱意も伝わり、高校生にとって
印象深い出会いになったことを確信します。
皆様、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました♪
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年10月17日

決算特別委員会

photo_084.jpg

平成18年度 一般会計、特別会計、財産区の
歳入歳出決算について、3日間にわたり決算特別委員会に
おいて審査が行なわれました。

12月3日の12月議会(定例会)の本会議において
委員長報告がなされ、採決されます。
12月議会の予定に決算の採決について書かれているのを
初めて目にした時、とても違和感を覚えました。
10月に委員会が開かれて12月に採決する。
年4回の定例会を待たずして委員会終了後の早い時期に
採決できないのか、一年生にとっては素朴な疑問です。

予算は、款、項、目(もく)、節にわかれています。
一般会計、歳出において、款は、議会費、総務費、民生費、
衛生費、労働費、農林水産業費、商工費、土木費、消防費、
教育費、災害復旧費、公債費、諸支出金、予備費と
なっており、それと関連する歳入と一緒に順番に審査されます。
担当部署の職員の方々が質問等に答えていきます。
まだまだお話しをしたことのない職員の人が多く、
その事はすなわち中島かおりの勉強不足を意味しています。
市民の皆様からの税金を頂いている議員としては、
知っておかなくてはならないことが山ほどあることに
改めて気付きました。

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/shisei/kessan18.html

決算の位置づけですが、すでに執行されてしまったものなので
どうしようもない、という見方をする人もいます。
しかし、来年度の予算編成が始まっていますので、
次からの予算に反映させることが出来るはずです。
次に進むためには、必ず振り返りチェックすることが
必要だと考えます。

『各会計歳入歳出決算事項別明細書資料』という
分厚い資料があります。
予算に対して執行された金額はいくらで、
余った金額は不用額として書かれています。
年度途中に不足する時は補正予算を編成して議案として
議会にあげるか、流用あるいは予備費からの
充用として補います。

説明のところにどの事業にいくら使われたのか、
という詳細がでていますがそれだけでは
まだ不十分でわかりにくいことばかりです。
例えばですが、グラムいくらのお茶を買っているのかは
担当に聞かないとわからない、ということです。
けれども委員会はそれを尋ねる場ではないのです。
委員会は議論する場なので、
それ以前に聞いておかなくてはならないのです。
聞かれる側も仕事の手を止めて対応しなくては
ならないので、各担当あるいは各部門毎に、
委員会開催前に期間限定で閲覧資料として
どこかに備え付けるということはできないものかしら、と
思いました。

芦屋市では決算は3日間です。
同じような規模の自治体でもそれ以上に審査期間を
設定している自治体もあれば、委員会であるにもかかわらず、
一問一答方式ではなく、
一回の質問数が限られている
(長々と話してはいけないということのようです)
自治体もあります。

いずれにしても自分の住むまちで税金がどのような
使われ方をしているのか、
関心をもつことは非常に大切なことです。

決算、予算関連の資料は市役所で見ることができます。

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/handbook/joho/joho01.html
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年10月14日

大きな政府と小さな政府 福嶋浩彦氏(前我孫子市長)

photo_082.jpg

夏の生駒に続いての2回目のお話でした。

1.公共を官が独占する次代は終わった
2.「大きな公共」と「小さな政府」
3.市民が行政を変える
4.2元代表制のもとでの議会
5.市民も自治の力を高める

今月23日からの委員会視察
「提案型公共サービス民営化制度」についても
よい予習になりました。
トップが交代して制度はどのように変わるか。
「想い」を引き継ぐのはもしかしたら
難しいことなのかもしれません。

講演会終了後の交流会では、福嶋さんの我孫子市との
運命的な出会いについてお話を聞きました。
福嶋さんが市長に就任する前から、我孫子市では、
住民(運動)によって行政の政策が変わったという
実績があったそうです。
議会で予算まで可決されていた事業が変更に
なったものもあるそうです。

人生って何が起こるかわからない。
中島かおりは運命論者ではありませんが、
人の縁って不思議なものです。
願って、待つだけではなく、行動する。
焦らずに、しなやかに、あきらめずに、
中島かおりの議員生活は続きます♪

photo_083.jpg

15日(月)、16日(火)、17日(水)の3日間、
決算特別委員会が開かれます。

平成18年度予算がどのように執行されたのかを
議論する場です。
傍聴はどなたでもできます♪
http://www.city.ashiya.hyogo.jp/gikai/bocho.html
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年10月12日

加古川市に行ってきました(視察)

JR芦屋から新快速で38分。
最初に加古川駅南ミニ市役所(加古川産業会館内)に
立ち寄りました。

photo_078.jpg

3階に男女共同参画センターがあります。
就業に関する情報提供等女性のチャレンジを支援する
「女性のしごと広場」や、若者への就業支援をする
「若者しごと倶楽部サテライト播磨」という
兵庫県の窓口もあります。
児童虐待等で相談件数が増えているため、DVの相談は
男女共同参画の担当から福祉部門へ移っているそうです。

photo_079.jpg

5階には加古川駅南子育てプラザ/子育て相談センターが
入っています。
親子が自由に遊べる「こども広場」や「プレイルーム」
「子育て相談センター」がある総合的な子育て支援施設です。


お昼は加古川名物「かつめし」を頂きました。
ご飯の上にビフカツをのせ、デミグラスソース系の
たれをかけ、洋皿にお箸で食べます。
そうするとご飯とカツ、たれが微妙に混じり合い、
絶妙なバランスが醸し出されます。
残さずおいしく頂きました♪
市役所で頂いた議会概要等の資料と一緒に
『かつめしまっぷ』という資料もありました。

photo_080.jpg

加古川市役所では、
・次世代育成支援加古川市特定事業主行動計画
「加古川市子育て応援プログラム」
・加古川市職員男女共同参画率先行動計画
について、お話を伺いました。

この9月議会の一般質問をするにあたっての調査過程で、
加古川市でのこの取り組みについて知りました。
6月の初議会の一般質問の多重債務の時も、
議会終了後、7月に野洲市に視察に伺いました。
本来は一般質問に間に合えばよいのですが、
どこの自治体も同じような時期に議会が開かれていますので、
どうしてもその時期に視察に伺うというのは無理があります。
今回も一般質問終了後になってしまいましたが、
直接お話しを伺いたいと思っていました。

現在芦屋市で見直しがなされている、
「男女共同参画行動計画・ウィザスプラン」について
わかりやすい数値目標などを是非盛り込んでほしい、という
中島かおりの一般質問の内容でした。
芦屋市において、今まで男性の育休取得者は二人(2件)。
加古川市においては、男性の育休取得率を5%、
女性100%にするとの数値目標をあげています。
男性の場合、育休をとりにくい要因が女性に比べて
まだまだ多いのが現実です。
その中でどれだけ本気で取り組むかということでしょうか。

加古川市ではこの10月から、ノー残業DAYには
定時退庁を促すため市役所内を一斉に消灯して、
仕事を切り上げやすい環境をつくっているそうです。

加古川市男女共同参画行動計画を平成18年3月に
全面改訂する際、芦屋市や西宮市を参考にされ、
同計画の冊子の表紙の色について、
実は芦屋市を参考に同じ色だという
思いがけないお話も聞くことができ、
ちょっと嬉しくなりました。

同計画の中で、市の審議会等の女性委員の割合について
平成22年度には50%を目標に掲げています。
数値目標については勿論達成することは重要ですが、
そこに至るまでのプロセスが大切なことは勿論、
目標達成のためには現状把握、分析、
そして戦略が必要となります。

今はどうなのか、どうしてそうできないのか、
できていないのか、そうするためにはどうすればいいのか、
どうしなくてはならないのか。
このことを考えることはとても重要だと
中島かおりは考えます。
だからこそ、数値目標を明確にすることに
意味があると思っています。

photo_081.jpg
市役所からの眺めです。

他の自治体を訪問することは、発見がたくさんあります。
今月は総務常任委員会視察、来月は会派視察があります。
先方の職員の方のお時間を頂く訳ですから、
きちんと勉強して、時間を無駄にすることなく
臨みたいと思います。
今日も多くの方と出会い、お時間を頂きました。
感謝しています。ありがとうございました。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信
hp-banner2.jpg