blog_notice_20190702.png

2007年11月30日

シンポジウム「多重債務者向け相談窓口の整備に向けて」

30日は全体協議会、議会運営委員会、
代表者会議と12月議会に向けて準備が進みます。
午後からは議員研修会が開かれ、その後
再び代表者会議がありました。

photo_170.jpg

金融庁主催のシンポジウムには、
聞くことは叶いませんでしたが、
京丹後市長の基調講演の後、
パネルディスカッションがありました。
以前視察に伺った野洲市の「スーパー公務員」の
生水裕美さんもパネリストとして参加されていました。
終了後、少しお話させて頂きました。
相変わらずエネルギッシュで、中島かおりは元気を頂きました。

今回はもうひとりの「スーパー公務員」、
奄美市の禧久孝一さんとお話しする機会がありました。
シンポジウムで大阪に来られるというので、
是非とも会いたい!と一週間前に面識もないのに
電話してアポイントをとってしまった、という人がいて、
その方からお誘いを頂きました。
この行動力は、議員中島かおりとしては大いに
見習わなくてはなりません!

禧久さんはやはり公務員を卓越していました。
20代後半まではお話することが苦手だったそうです。
また市役所に勤めることが決まった時、
お母様から言われたという言葉を教えてくださいました。
「今までの恩返しのつもりで人にやさしくするように。
そして人をいじめてはいけない。
いじめた人は忘れても、いじめられた側は下手をすると
一生覚えていてその人を恨む。
人に恨まれるようなみじめな人生ではいけないから。」

現在年間約900件の相談数のうち、
120〜130件が北海道から沖縄まで
県外からの相談で、携帯電話には300名の
相談者の登録があり、県外からの相談には携帯電話で対応、
市役所の経費を使わないように心がけているとのことです。

相談者の生活再建が重要なので、
過払い金を債権として差し押さえ、
滞納税等にあてることにはあまり賛成ではないとのこと。
芦屋市以外の方とたまにこのようなお話になることがあります。
この場合、芦屋市では徴収率アップにのみ
重きを置いているのではなく、多重債務問題解決という
認識のもと取り組んでいる旨をお話します。
債権として差し押さえた過払い金返還に応じない
サラ金業者を訴える議案が出ていた9月議会の
総務常任委員会で、中島かおりはこのことを質問していました。
税金を払ってもらってさらにその後の生活もしていけるように、
個別のケース毎に対応するには大変なことですが、
何らかの基準のようなものが必要であろうと考えます。

弁護士などの法律家に頼むと費用がかかりますが、
それを行政職員がすることによって
費用はかからずにすむというメリットもあるのです。
滞納税等のみを徴収できればあとは知らない、ということに
ならないためにも各担当につないでいくことも大切です。

ただ、中島かおりは議員である為議会で
とりあげることは出来ますが実務に関しては
実際のところは担当部署でないとわかりません。
この弱点をひしひしと感じます。
奄美市にも是非視察に行きたいものです。

点と点が線につながる手応えを実感する場面が増えてきました。
そう、無駄なことはないのだと信じて12月も頑張ります!

photo_171.jpg
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年11月29日

附属機関等の会議資料が公開されます!

中島かおりは9月議会の一般質問で、
透明で開かれた市政の実現を進めていくには、
資料の公開を積極的にするべきで是非とも必要なこと、と
取り上げていました。

12月1日から、HPや市役所1階行政情報コーナーで
見ることが可能になります。

また、担当によって会議録の公開時期もまちまちでしたが、
会議終了後1ヶ月以内に作成しなくてはなりません。

参画と協働の時代に、芦屋市がどのように
市の方針を決めているのか、
どのような会議でどのような意見が出て
市が取り入れているのかを市民が知らなくては、
まちづくりに市民が主体的に関わっていくことはできません。

公開の会議の資料についても、見せてほしい旨を
拒否されたこともあり、
担当によって対応が違っていました。

「附属機関等の会議録等の作成及び公表に関する要領」
というなかで、方向付けられています。

会議資料の公表

公開又は一部公開による会議にあっては,
当該会議(一部公開の場合は公開部分)に
提出された資料を,行政情報コーナーへの配架及び
市ホームページへの掲載により公表するものとする。

芦屋市の附属機関等について(市のHPより)
http://www.city.ashiya.hyogo.jp/fuzoku/index.html
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年11月28日

市立芦屋病院調査特別委員会

地方独立行政法人化に向けた
移行スケジュールが示されました。
平成21年4月法人設立登記、
地方独立行政法人市立芦屋病院スタートに向けて、
(仮称)将来構想検討委員会も設置されています。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年11月27日

裁判員制度と奉仕活動について(シンポジウム)

平成21年度にスタートします!
個人的には、このテーマのお話を聞くのは3度目です。
一年間で310人から620人に1人が裁判員候補者として
呼ばれることことになる、と聞くと、
決して他人事ではすみません。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年11月26日

男女共同参画推進にむけて

photo_169.jpg

堀久美さん(LEO-NET代表)
長谷川久美子さん(神戸市男女共同参画センター嘱託職員)

のお二人をお招きして、会派主催の講演会が行なわれました。
芦屋市では、平成20年度に男女共同参画推進条例が
策定されます。
議員だけではなく、芦屋市男女共同参画推進委員会の
委員の方にもご出席頂き、
このことについて話し合える貴重な時間となりました。
条例があるかどうか普段生活するにはあまり関係が
ないのかもしれませんが、条例ができることによって、
そのプロセスや広報・啓発によるアナウンス効果等
目には見えない大切なものが生まれます。
男女共同参画には教育の視点が欠かせない、ということも
話題になりました。
誰もが生きやすい社会にしていきたいものです♪



議案説明会がありました


平成19年度第5回芦屋市議会定例会議案


第73号議案 教育委員会委員の任命につき市議会の同意を求めることについて

第74号議案 人権擁護委員の候補者の推薦につき市議会の意見を求めることについて

第75号議案 人権擁護委員の候補者の推薦につき市議会の意見を求めることについて

第76号議案 芦屋市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について

第77号議案 芦屋市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について

第78号議案 芦屋市自転車駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

第79号議案 平成19年度芦屋市一般会計補正予算(第4号)

第80号議案 平成19年度芦屋市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

第81号議案 芦屋市土地開発公社定款の変更について

第82号議案 芦屋市立地区集会所の指定管理者の指定について

第83号議案 芦屋市立養護老人ホームの指定管理者の指定について

第84号議案 芦屋市火葬場の指定管理者の指定について

第85号議案 都市計画道路山手幹線芦屋川横断工区の施行に関する
       
協定の締結についての議決事項の変更について


77号は公園・緑地が新設されることについて、
78号は自転車駐車場の使用料に
一時使用回数券が追加されます。
85号は、交通整理員の増加等により事業費の増額に
よるものです。

☆芦屋市のHPにも掲載されます。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年11月23日

青空会議・あしや村にて

落ち葉を踏みしめながら歩いて
マイナスイオンを体中に浴びて
童心に戻って、カレーを作って食べて

身近にある素晴らしい芦屋の自然を再認識しようと、
有志で呼びかけて実現しました。

photo_161.jpg

お水も近くの川から汲みます。

photo_162.jpg

photo_163.jpg

カレーは具沢山です。

photo_164.jpg

photo_165.jpg

飯盒でご飯も炊きます。
ひっくり返してご飯を蒸らします。

photo_166.jpg

カレーライスもおいしくできました。
紙皿も燃やせる環境にやさしい製品です。

photo_167.jpg

あしや村の設置条例の廃止が検討され、
これからこの場所がどのようになってしまうのか
先行きが不透明な中、このことについて現地で
話しあうことができました。
誰が呼びかけたというようなことは重要ではなく、
それぞれの思いを共有することが大切です。
そのことは大きなパワーになる第一歩です。
このようなことは議員のする仕事ではない、との
批判も受けますが、行政を動かすには時間がかかります。

そして、参画と協働の時代の中、市民も
行政に要望するだけではなく覚悟も問われます。
試行錯誤をしながら、最善の道を模索する
努力は必要だと考えます。
その為の方法は何がベストかはわかりませんが、
何事も無駄なことはないはずです。

結局、当初の予想より多めの総勢20名の参加がありました。
かなり以前は芦屋市役所職員の研修(テント泊)にも
利用されていたそうです。
そのようなお話も伺いながら、芦屋の秋を満喫しました。

photo_168.jpg
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年11月22日

イーブン行政視察

視察目的
「那覇市立病院の独立行政法人化について」沖縄県那覇市
「議会運営について」沖縄県豊見城市(とみぐすくし)
「障害者ワークサポート派遣事業について」宮崎県宮崎市

地方独立行政法人制度とは、地域において
確実に実施される必要のある事業であり
民間に委ねた場合には必ずしも実施されないおそれがあると
認めるものを、効率的におこなわせるため
自治体が設立する法人です。
経営的に難しいので、民間のよいところを
取り入れようとするものです。
市立病院で働く人は公務員で地方公務員法・
地方公営企業法が適用されますが、
独立行政法人(非公務員型)というのは、
労働基準法等の民間で適用される法律の範疇となり、
身分は公務員ではなくなります。
経営と人件費は切っても切れない関係なので、
経営を向上させる為には人件費をどうするか。
儲かればそれを働く人に還元することが可能になりますが、
赤字の場合、人件費は市場原理通り当然の如く
抑制される方向にむかいます。

国は財政危機を受けて、最大の支出項目である
医療制度改革を進めています。
入院日数の圧縮、診療報酬の切り下げ、
生活習慣病予防対策へのシフトなど急激に変化し、
医療制度改革、行財政改革など経営的に苦しい公立病院は
対応を迫られています。
国はガイドラインを設けようとしています。

http://www.soumu.go.jp/c-zaisei/hospital/pdf/071112_gaiyou.pdf

photo_155.jpg
モノレールから見た那覇市立病院

市立芦屋病院のように、赤字で止むを得ず
独立行政法人化(非公務員型)に移行するのと違い、
那覇市立病院は平成8年からほとんど赤字を出していません。
にもかかわらず攻めの選択として、
平成20年4月にむけて自主的に
独立行政法人化(非公務員型)を選んでいる点が、
芦屋市との大きな違いです。
230床で約47%の稼働率の芦屋と違い、
470床で90%以上の稼働率であり、
急性期医療の中核病院・がん拠点病院・救急病院として、
財政基盤を強化、最終的には税金の投入のない
健全運営ができる病院を目指しています。

また、職員・組合・議長・与党会派長・野党各会派への説明、
院長以下職員の沖縄県市町村課の挨拶回りなど
きめ細かな対応をされています。
また市立芦屋病院は交通の便が悪いと言われますが、
那覇市立病院は郊外とはいえ、
ゆいレールというモノレールの駅から直結しています。

photo_151.jpg

photo_152.jpg

photo_150.jpg

photo_156.jpg
モノレールの駅ではこのようなアンケートをとっていました。


また院内保育所(めばえ保育園)も完備されています。
以前は40名の定員に空きがあり、
近所のお子さんを預かることもあったそうですが、
最近はいっぱいだそうです。
中島かおりの急な申し出に快諾頂き、
ひとり保育所の中を見せて頂きました。
環境の充実には必要です。

photo_154.jpg

photo_153.jpg

まちを歩いていてこのような看板をみかけました。
photo_157.jpg

2日目は豊見城市(とみぐすくし)に伺いました。

24名の議員のうち、議長を除く全員が
一般質問(持ち時間20分、芦屋は40分、
共に答弁を除く)をする議会です。
会派は2名をもって構成。
議長・副議長・他委員会委員長の任期は4年(芦屋は1年)
となっています。

市役所がユニークでした。
家具屋さんだった店舗を買い取り、市役所の機能を移転。
仮庁舎という位置づけで何れ本庁舎を建てる計画だが、
財政的事情から具体的な計画は今のところないとのこと。
最初入った時に、フロアーがとても広く階段には
シャンデリアがあり、市役所というには違和感が
ありましたが、店舗だったと聞いて納得がいきました。
議場も、傍聴席まで全てフラットです。

photo_158.jpg

photo_159.jpg

本会議の縮小版とする為には一定の議員定数の確保は
必要であり、議会のことは議会が決める、という
鉄則のもと、機能の充実、環境整備が必要と
力説される事務局長さんのお言葉は、新鮮な感じがしました。


3日目は宮崎市に伺いました。

障害者の職場定着を支援するボランティアとして
ワークサポーターを養成し、事業所等に派遣することにより
離職者をださないようにしています。
事業は社会福祉法人に委託されています。

この制度は平成17年度から導入され、現在3年目。
サポーターは有償ボランティアで、
ひとりが5人を担当するということで当初20名の募集には、
公務員・教職員のOB、福祉関係者などの
やる気のある方が応募され、現在は27名の登録がある
ということです。

ただ、ボランティアという身分のため事業所によっては
拒否されることもあり、
自宅やグループホームにまでサポーターは
出かけることもあるそうです。

相談にのってくれるサポーターを必要とする
障害者の方を把握すること、やる気のあるサポーターの
方の声をどのようにつないでいくか、ということが
課題とのことです。

障害者の雇用率が全国7位(1.94%)
企業で障害者を雇用しなくてはいけないという
達成率が61.8%で全国2位。
チャレンジ雇用ということで、市役所でも
知的障害者の雇用を考えているということです。

宮崎でも議場を拝見しました。

photo_160.jpg

宮崎ではおいしいお菓子があると聞いて、
帰りにお店に寄りました。
その名も「なんじゃこりゃ大福」です。
イチゴ大福にさらに栗とチーズが入っていると考えて下さい。
お腹いっぱいになります。おいしく頂きました。

今回の会派視察は委員会視察と違い3日間でしたので、
日程に余裕はありましたが、
少しでも多くのことを見てまわろうとすると大変です。
以前に視察で、芦屋からJRで野洲や加古川にお邪魔した時も
エネルギーを大変消耗したことを考えると、
無理のないことかもしれません。
議員が体力勝負というのはもっともなことです。
しかし、多くの方の出会いとその方たちの時間に感謝しつつ、
いよいよ来週月曜には議案説明会があり、
12月議会が始まります。
よいことも悪いことも全てを糧にして、頑張ります!
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年11月18日

思春期を迎える子どもに向き合う

photo_149.jpg

林試(りんし)の森クリニック 石川憲彦氏

もともと人は「生き物(生もの)」なので、再生修復ができる。
情報化の時代ではあるが、自己再生ができることに
戻った方がよい。
ある人たちにとって都合のよい、
切り取られたデーターに惑わされずに、
賞味期限が切れることへのあがきを止めるべきである、
という、耳の痛いお話もありました。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年11月17日

財団法人 芦屋ハートフル福祉公社

photo_148.jpg

設立15周年記念講演会
〜障がい者の権利擁護〜

受付で他の議員と名前を間違えられましたが、
講演会の内容は充実したものでした。
障害者の権利擁護には、
セルフ・アドボカシー(自分で自分を守る)、
インディビジュアル・アドボカシー(個々人による権利擁護)
地域における安全ネット、
システム・アドボカシー(組織としての権利擁護)
裁判・地域福祉権利擁護事業・成年後見制度という
概念があります。

障害のある人も、どこかに閉じ込められるのではなく、
普通に地域で働いて暮らしていけるような社会づくりが
求められています。
「障害者自立支援法」に批判はあるが、
ニーズが拡大されよりよいサービスが求められる為、
利用者に一割負担してもらって財源を確保することが必要
とのことです。

女であるか男であるかという性別にはじまり、
人は様々にカテゴライズされます。
でも、まず「人」であること。
そして他者を尊重して生きること。
このことは不変です。
福祉政策だけではなくまちづくりそのものの根本も
このことだと考えます。
やさしいまち、芦屋を目指して頑張ります!


山手小学校 音楽会

photo_147.jpg

「学びあう力は、単なる集合体から支えあって
思いあう励ましあう、という
高次の段階まで含まれていると考えている。
ひとつひとつの出来事に取り組むことが子供たちを
育てることで、この音楽会は学びあう姿勢をつける
学習活動になった」
という校長先生のお話の通り、心に響く音楽会でした。

☆みんなの声を合わせればいつでもオーケストラ。
☆歌いあう喜びをわけあおう。一粒の悲しみもわけあおう。
歌えば楽しい人生さ。
☆ドンマイ、後ろを振り向くな。明日はまた来る。

勿論技術ではプロには叶わないのに、こ
んなに感動するのはどうしてでしょう。
真っ直ぐに、純粋に、一生懸命だからです。
私達大人はこの素直な姿勢に学ばなくてはいけません。
何度も泣きそうになりながら、最後の六年生の
「心の中にきらめいて」ではとうとう泣いてしまいました。
素敵な音楽会をありがとうございました♪♪
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年11月16日

芦屋市立中学校英語祭

photo_146.jpg

藤原教育長のご挨拶の後、第一部 暗唱・スキット
第二部 スピーチ と発表がありました。
中学生の英語はわかりやすく、時には小道具あり、
音楽あり、と楽しかったです。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信
hp-banner2.jpg