2007年12月30日

年の瀬に寄せて〜大いなる挑戦の年でした〜

27日に市役所に届いた手紙には、
すでに「謹賀新年」と封筒にあり、
「新年おめでとうございます!」という出だしで
始まっているものもありました。
議員は年末には市役所には行かないのだと
思われているのかな、と訝しみつつ、
28日はいわゆる「仕事納め」で、
市役所もお休みになりました。
市役所内議員控室の自分の机をせめて
整理・掃除しようと思っていましたが、
簡単な拭き掃除位しか出来ませんでした。

12月議会が終わってホッとする間もなく、
やらなくてはいけないことがドッと押し寄せてきます。
目標設定が高すぎるのか、あるいは見通しが甘いのか。
この時点でもまだまだ仕事が残っています。

「今年はいい年になりましたね」と声をかけて頂きます。
昨年の今頃の「心細さ」を考えると、
一年でその心細さは無くなりましたが、
違った意味で背負うものの大きさをかみしめています。

私自身選挙にでることに最後まで逡巡していました。
組織もお金もなくあるのは「想い」のみという
政治の世界に素人の自分で果して勝てるのか。
今までも「生き難さ」を感じ四苦八苦しながらも
試行錯誤を重ね、その都度なかなか構造が変わらない
もどかしさを失望とともに何度も経験していました。
しかしそれでは駄目だ。窮屈さを感じている人の声を
顕在化してつないでいく役目が、
もし私に出来るのであれば勇気をだしてみよう!
10代の頃、宝塚歌劇という世界に憧れ、
宝塚音楽学校を受験した時以来の大いなる挑戦の年でした。

宝塚の舞台は多くの人の力があってあの夢の世界が創られる。
政治という世界も、ひとりで出来ることも多いけれど、
ひとりひとりの力が集まればより大きなパワーとなる。
そしてよりよい方向へと社会は変わる。
今もそう信じています。
その「この指とまれ」の役割をできたら、と
政治の世界を志しました。
宝塚との類似点を選挙の時から感じつつ、
宝塚という世界に入った時と決定的な違いがあります。
音楽学校には「コーラス」の授業があり、
「すみれの花咲く頃」を最初に練習しました。
この歌を歌いながら、憧れていたこの世界の住人に
なれたのだとしみじみ感じては嬉しくて
思わず泣いた記憶があります。
しかし、選挙に当選した時の自分の中の感情は
奇妙なものでした。
勝つという結果が出て、応援してくださった方々の
顔をたてることもでき、嬉しいはずなのに、
その感情よりも多く支配するものがありました。
「すみれの花咲く頃」を歌いながら
幸福感に浸るような余裕は、
一年生議員・中島かおりにはありません。
この半年度々口にしてきましたが、税金から報酬を頂くという
初めての経験がかなりプレッシャーになっています。
でも、このことを決して忘れなければ、
「中島かおり」に期待してくださる思いや声を
忘れることはないはずといつも肝に銘じています。

ようやく少しは慣れたかな、といえるのに半年かかりました。
6月11日からの任期が始まり、
半年(4年という市会議員の任期の8分の1にあたります)
経っても尚、想像していた議員像と現実の乖離に
悩むことも多い日々ですが、選挙にあたって、
議員になってから、たくさん差し出された手を忘れることなく、
多様性を認め合い、選択肢を増やし、
参画と協働のもと住みやすい社会へと、
ただ突っ走るだけではなく常に初心を心に秘め、
頑張っていきます!

一年生議員の大いなる挑戦はまだまだ続きます!
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年12月26日

兵庫県議会行財政構造改革調査特別委員会  傍聴

photo_179.jpg

新行財政構造改革推進方策[新行革プラン](第一次案)
@投資事業A自主財源の確保 等について

13時半開始予定に合わせて出かけましたが、
当初もう始まっているので
傍聴できないと受付で言われてしまいました。
開始時刻が13時に繰り上がったのかと思いきや、
どうやら開始30分前には受付を終了するとのこと。
事務局の判断(?)を頂いて、しばらく待って
7階会議室に案内されました。
傍聴者はひとりだけでした。

大会議室は、芦屋市役所とは比べ物にならないくらい広くて、
三人がけのテーブルが横に3列、縦に6列あり、
ぎっしり職員の方々が座っていて、
理事者や委員である議員の方々も後ろから全く見えません。

「兵庫県新行財政構造改革推進方策(第一次案)の
見直しを求める要望決議」がこの12月議会でも
だされましたが、兵庫県内において
かなり影響を与える内容になっています。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年12月25日

クリスマス・オラトリオ♪J.S.バッハ

photo_178.jpg

お友達がコーラスをしているので、
教会の演奏会に出かけました。
教会音楽を教会で聴くと、迫力も雰囲気も全く違います。

バッハだけでは難しいのですが、
クリスマス・キャロルでは、メロディーだけではなく
歌詞もどんどん自分の内に出てきます。
本当に素敵なクリスマスでした!

この連休は仕事に忙しくやっとクリスマスの余韻に
浸ることができた、と思ったら、
25日を過ぎると、まちは急速に新しい年に向かうのですね。
今年は特に「まだまだやりたいことがいっぱい!」という
気持ちです。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年12月22日

ドーンセンターで座談会♪

学習会、同窓会、忘年会を兼ねた欲張りなイベントでした。
女性議員に求められるものは何か、
女性議員に求められているものを示してこれなかったから
女性の政治参画が進まないのではないか、といったテーマを
共有しました。

懐かしい方や、メールでのやりとりはあっても
お目にかかるのは初めての方など、
嬉しく楽しい時を過ごしました。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年12月20日

12月議会が閉会しました

photo_177.jpg

一年生議員にとって、3度目の議会が終わりました。
今回は一般質問に加え、初日と最終日に討論をしました。
初日は決算に関して、最終日は、
第79号議案 平成19年度芦屋市一般会計補正予算
(第4号)についてです。

事前の原稿づくりにはとても時間がかかります。
議会という公の場での発言はそう簡単なものではありません。
その議案に対して、賛否をどうしたいのか、どうすべきなのか。
21分の1の重さを考えます。
本来は全ての議案に対して討論の原稿をつくる位の気構えと
準備と勉強が必要です。
芦屋市議会では討論の事前通告は必要ないため、
ギリギリまで迷いましたが緊張しながら発言しました。

「言いたいことが伝わらない」もどかしさを
感じる機会が多く、この課題をクリアすべく
また、討論といえども「わかりやすさ」を心がけて臨みました。

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/soumu/image/0712_79.pdf
(芦屋市のHPより)

都市計画道路山手幹線芦屋川横断部工事の全体事業費、
6億9168万6千円が増額され、
そのうち芦屋市の負担するべき増額分が
3億1048万2千円となり、
平成52年までの債務負担行為を変更しなければ
ならなくなりました。

そのことによる補正については、例えば
騒音・振動などの住民対応への配慮、掘ってみたら予想以上に
大きな石が出てきてしまったことによって
処理するための費用がかさんでしまった、
など事前の予測をこえた状況までも
否定するものではありません。

しかし、当初現状の交通を確保するために、
近隣の土地等を借りて工事を進めるという借地交渉と
同時進行で、渇水期でないと着工ができないという事情が
あったにしても工事着工に突き進み、
結果、借地交渉が失敗に終わり、
土地等を借りることが出来なかったことによる借地関係予算、
先行掘削の変更 1728万8千円増額、
信号移設回数の増加によって、1633万8千円増額、
また、借地が出来なかったことによる交通整理員
(ガードマンさん)の増加により
今回、2億8448万4千円増額になった総額と、
借地交渉が成功していた際の試算は186万円ということで、
単純に比較できるものではないかもしれませんが、
驚きを禁じえない金額です。
借地交渉が決裂したことによる、
億単位の増額が186万円ですんだのではないか、
避けられた増額ではないのか、という疑問を
まったくもたない訳にはいかないところです。

また、市民センター施設整備費追加6500万円をプラスして
ルナホールのお手洗いの改修については、
一部を改修するという当初の予定を変更して
総額9000万円をかけて、
全面改修するということについてですが、
この事業のなかに、館内全てのバリアフリー化は
含まれていないとのこと。
ルナホールにおいてはバリアフリーへの対応が
完全ではないことは誰もが感じていることと思います。
性別・年代などなど、その人の立場によって、
求める優先順位も当然違ってきます。
衛生観念も人様々です。
家庭においては当たり前のことでも、公
共の場ではそこまで必要とされない、
あるいは財政状況が許さない場合もあります。
あるいは環境への配慮と利便性のどちらかを
選ばなくてはならないこともでてきます。
ルナホールを利用する、しないに関わらず、
市民の人たちの100%の納得は不可能でも、
芦屋市の他の事業との整合性という意味において
齟齬があってはならないと考えます。
今回は、バリアフリー化よりも、そして、
市民センターの耐震補強が必要と
されているにもかかわらず、そちらよりも、
ルナホールのお手洗い部分について、
汚い、暗い、臭い、ということへの対応以上の全面改修、
リニューアルを優先するということを
どうぞ忘れないでほしいと思います。

山手幹線に関しては、この事業そのものもが
芦屋市にすぎたものではないのか、という議論は別にして
西宮市も今年度中には工事が終わると聞いています。
阪神間の連携という事情を考えれば、
芦屋市の果たす責任を無視するわけにもいきません。
一点豪華主義的なきらいのある、
山手幹線やルナホールの追加予算を含む、
この79号議案 平成19年度芦屋市一般会計補正予算
(第4号)に反対しなかったことを
後悔することのないように、という願いを強く込めて、
賛成の討論といたしました。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年12月14日

総務常任委員会でした♪

追加議案の審査でした。

第86号議案
芦屋市一般職の職員の給与に関する条例
及び芦屋市企業職員の給与の種類
及び基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/soumu/image/0712_86.pdf
(芦屋市HPより)

人事院勧告により、6000円の扶養手当を6500円に、
地域手当の12%から13%への引き上げ、
住居手当の見直しなどの内容になっています。
扶養手当はこの4月に遡って支給されることになります。
人事院勧告によると、民間の支給状況等を考慮するとともに、
少子化対策の推進にも配慮しての扶養手当の引き上げと
なっています。

http://www.jinji.go.jp/kyuuyo/f_kyuuyo.htm
(人事院HPより)

様々な手当てがありますが、この地域手当てというのは、
勤務地による生計費の差を調整するために支給される
手当となっています。
国の基準によると、18%が最も高く東京都特別区のみ
となっていて、その次の15%が阪神間では
芦屋市のみとなっています。
その次の12%が西宮市、宝塚市と続きます。
事業所が払っている給料を基準にして、
この地域手当ての基準が導き出されるようです。

芦屋市では、この数値に近づけようと、現在12%の手当てを
13%へと今回の引き上げになっています。
行財政改革が必要とされる時代だからでしょうか。
15%の地域でも【非支給地】の自治体もあります。

photo_176.jpg

6月11日の任期が始まって、半年が経ちました。
4年間という市会議員の任期の8分の1にあたります。

「議員の人って、普段何をしているの?」というような
質問をされることがあります。
自分自身としては休みなく働いているつもりなのですが、
ではどのような仕事なのか、といざ問われると答えに悩みます。
『かおり通信』をご覧頂いている方からは、
議員さんって結構忙しいのね、と言って頂くことも多いのです。

とにかく一年生の間は何にでもチャレンジして、
貪欲に勉強していこう!と決めています。
しかし、今はまだ引き出しをいっぱいには
できていない状態です。
今日の委員会での発言も反省して、
次につなげていきたいと思います。
結果を少しでも出していけるようにしていきたいです。

答えをだすのは非常に難しい議論をしなくてはならなかったり、
時には意に沿わないこともしなくてはならない場面にも
遭遇します。
「議員としてどうなのか」という立場での答えが
必要とされるのです。
非常に難しく、とても恐い顔になっていると思います。
そんな自分の立場に慣れていかなくてはならない難しさに、
それでもやはり「なぜ議員になったのか」「何を目指すのか」
初心を忘れることなく、立ち向かっていきます。

初めての期末手当を頂きました。新人議員は8割の支給です。
税金で報酬を頂いているということは、
この半年かなりの強迫観念として私を支配しています。
でもこのことも決して忘れてはいけないことだと、
再び肝に銘じます。


第11期男女共同参画アドバイザー養成塾
研究発表・交流会


午後から委員会がありましたので、
発表を聞くことは叶いませんでした。
楽しみにしていたので残念でした。
一年前の発表する側の自分を思いおこす間もなく、
知った顔を見て緊張がとけていきます。
12月議会も山場を越えたこともありますが、ホッとして
楽しくおしゃべりする時間がもてました。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年12月11日

三回目の一般質問でした♪

photo_175.jpg

未熟さをやる気でカバーしようと、
6月の初めての一般質問から
2回目、3回目の本日と、トップバッターを
務めさせて頂きました。
一般質問をするには、どのような内容を発言するのかという
発言通告書を出さなくてはなりません。
芦屋市の場合、通告受付初日の9時までに出した人が
複数いる場合は抽選で順番が決まり、
9時以降は先着順で順番が決まります。


質問内容は以下の通りです。

1.参画と協働について

● あしや市民活動センターについて

● あしやNPOセンターについて

● 市民との関わりにおける行政の責任について


2.働きやすい職場環境について

● 休暇取得について

● 長期欠勤者のサポート体制について

● 事業所モデルとして


3.芦屋市野外活動センター(あしや村)の今後について


● 撤去費用について

● 設置条例廃止後はどうなるのか

● 財産区の考えについて

● 活用方法について

● 市民の利用について


議論が噛み合わない、と感じる時はそのことを
指摘していかなくてはなりません。
登壇しての質問も含めて三度までしか発言できませんので、
細心の注意を払い、集中して、
発言していかなくてはなりません。
あれもこれも言いたい、という思いばかりが先走ってしまい
頭が混乱して結局全てが終わってから、
言えなかった後悔に苛まれる破目に陥ってしまいます。

この12月議会から議場のマイク・音響のシステムが
変わっています。
質問時間は答弁を除いて40分と決まっていて、
議場の出入り口の上にある掲示板に 残り時間がでます。
残り5分を切ると秒単位であらわされます。

どのような答弁がされるのかその場にならないと
わからないことと、この時間のプレッシャーと緊張とで、
二回目以降の質問が、どうやら早口になるようです。
傍聴に来て頂いた方にご指摘を受けました。
やはり、その場にいる方々にわかりやすく
聞いて頂かないといけません。
本日の反省点です。

photo_174.jpg

12日、13日の午前中まで一般質問は続きます。
13日の午後からは、都市環境常任委員会、
14日午前中は民生文教常任委員会
午後からは総務常任委員会(中島かおり所属)が
予定されています。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年12月08日

男性、女性、だれもが働きやすいまちをめざして

photo_173.jpg

兵庫県男女共同参画推進員企画事業

自治体、地域、職場の子育て支援、
《いま》と《これから》できること

パネラー
白井さん 尼崎市長
寺田さん ロックフィールド(梶j
宮崎さん 私立大島南保育園園長
田中さん 尼崎市職員(男性の育児休業取得者)
末村さん 大阪経済大学客員教授(コーディネーター)

ロックフィールド株式会社は、
兵庫県男女共同参画社会づくり協定事業所です。
組織において新たな発想を生み出すためには多様性が重要!
との社長の理念のもと、育児休業制度が充実、
1992年育児休業制度導入時に育休手当支給を制定。
育休中に25%の手当てを支給し、
正社員だけではなくパートの人も対象になっているそうです。
ワークライフバランス・仕事と家庭と
そして地域の調和を如何に自分のなかでとっていくのか。
色々なところで各々の立場での取り組みがあります。
少しづつでもよい方向にいくことに期待していきたい。

自分をしっかり持ちつつ、他者への思いやり、配慮を忘れずに
皆が住みやすい社会になっていきますように♪
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年12月06日

総務常任委員会でした♪

第79号議案 平成19年度芦屋市一般会計補正予算(第4号)

第81号議案 芦屋市土地開発公社定款の変更について

ルナホールのお手洗い部分の一部改修を、
全面的に改修することによる6500万円の
追加補正も含まれています。
当初組まれていた予算と合わせて、
9000万円の改修になります。
暗くて汚くて臭いので何とかならないのか
という声が多く寄せられ、
明るくパウダールームなども併設される化粧室へと
生まれ変わるようです。

市民の声を行政が吸い上げさらによりよいものへと発展させ、
6500万円もの予算を追加してまでもその声を広げていく。
市民の声を細やかに聞くために、
時には予算の追加をも可能にするという市の姿勢が
他の分野にも維持されることを期待したいものです。
財政がまだ厳しい状況の中、最低ラインのものよりも
アップした事業になりますが、
市内を見渡してまず平均的にするのではなく、
できるところから、という対応を
トイレに関してはするとの答弁もありました。

今回のリニューアルにバリアフリー化は含まれていません。
ルナホールの正面を入ったところの段差の解消なども
この9000万円の事業の中には含まれていないというので、
優先順位については疑問も残ります。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信

2007年12月05日

民生文教常任委員会

議案等の審査の後
第2次芦屋市男女共同参画行動計画(後期計画)
ウィザス・プラン(素案)について当局から説明がありました。

中島かおりは9月議会の一般質問で、
同計画の後期見直しにあたり、
わかりやすく具体的にするためにも数値目標の検討を
提案していました。

今回34項目にわたって数値目標が明記されています。
市女性職員の管理職の数値目標はやはり難しかったようですが、
主査級以上(一般事務職・一般技術職)に占める女性職員の割合
現状13.4%を目標(平成24年度)20.0%と明記され、
少し前進はあったと受けとめます。

12月20日から1月19日まで、
パブリックコメントが募集されます。
素案の段階ですので、パブリックコメントを集約・公表後、
来年3月には計画原案が確定します。
posted by 中島かおり at 21:00 | かおり通信
hp-banner2.jpg