blog_notice_20190702.png

2008年01月12日

この一週間行っていたこと

@委員会傍聴
A会報等依頼された原稿を書くこと
B来週開催の勉強会のための準備
(講師の方との打合せ、名簿整理…)
C新年互礼会等出席
Dお借りしていた資料の勉強
E来るべき議会に向けての準備(?)
etc

Dの資料についてですが、
昨年の18年度決算委員会の資料請求の際に
お願いしていたものを、
昨年12月議会終了後にお借りしていたものです。
議会の権限には調査権というものがあり、
普段から資料請求はできます。
また、市政は市民のものであり、
その情報も勿論市民のものであるはずなので、
資料請求はどなたでもできます。

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/jyoho/index.html

しかし、決算委員会の時期には
かなり分厚い資料をたくさんもらいますが、
芦屋市の一年間のお金の出し入れについて、
それでも足りるものではありません。
従ってさらにもっと詳しく知りたいことに関して、
資料請求することができるのです。
資料請求され、決算特別委員会に配布される資料に
加えるには膨大になることと、
先輩議員の方々にとっては周知のことであろうというので、
新米議員の中島かおりが見たい資料を
その後少しづつ見せてもらっていました。

例えば、異動の際の各部署の引継ぎ書等は
マニュアル化されていると考えていましたが、
各担当者毎であることがわかりました。
様々な研修があり、その資料の一部も見せて頂き、
お話も聞かせて頂きました。
特に決算書や予算書は期を重ねても、
丁寧にみていくことは大変だと思います。
議員の数に限りもあり、ある範囲で議員が役割分担をして
効率よく進めることはできないものか、と思います。
性善説や性悪説などと感情に拠ることなく、
議決機関と執行機関は
双方が「仕事」として取り組むことが必要と考えます。

この資料を「見たい」のに
「見ることができない」ということが、
私にとっての「不思議のひとつ」です。
まだまだ見えないことが多い事を痛感する年の始めです。
posted by 中島かおり at 21:53 | かおり通信
hp-banner2.jpg