blog_notice_20190702.png

2008年01月01日

新しい年を迎えて−輝く未来へ−

2008年のテーマ 言葉とバランス

kimono-1.jpg

今年は、言葉とバランスを大切にしていこうと、
目標に選びました。
言葉はとても大切です。
一言で信頼をなくし一生の別れを経験しなくては
ならなくなることもあります。
議会という公の場での発言は、
あまり時間をとらずに簡潔に伝わるように、と
事前にある程度頭の中で整理し、
必要な時は原稿やメモをつくります。
しかし、短すぎると認識を同じくしない人には伝わりにくい、
あるいは、間違って捉えられてしまいます。
話し言葉と書き言葉でも違いますが、
相手に伝わることを第一に、
それでも丁寧に誠実に、さらに言葉を大切にしていきます。

議員という公人になり、公私の区別がなくなりました。
今のところ、全てが議員という仕事に
つながっているように感じています。
そのことがよいことがどうかの判断はつきかねますが、
「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を大切に」
と言っている本人が実行できていないのではいけないと
反省することもあります。

また、賛否をはっきりさせなければならない時、
ボーダーをどこに引くのか
判断しなくてはならない時、自分の中でバランスが
とりにくくなることがあります。
例えば、ある請願の趣旨には賛同できても、
その制度が全国で走り出す今となっては
「完全凍結」という文言が入っている請願に
YESと手を挙げることは無責任ではないのか、
国の方針が固まってしまった今となっては、
それをどのように芦屋のなかで
よりよく運用していくのか、ということに
主眼を移すべきではないのか。
そのように考えても、自分の中で整理がつきにくいのです。
議員としての信念やスタンスを明確にしながら、
スタイルを確立していかなくてはならないと考えています。

行政がつくる「計画」をわかりやすくする為に、
数値目標の導入を、と提案・発言し、
ウィザス・プランの後期見直しにあたっては
数値目標が取り入れられていたりします。
なので、中島かおりもテーマを実行するにあたり、
今年度の数値目標を取り入れます。

1.筆記用具や付箋を持たなくてもよい本を月に1冊は読む。
2.時間がなくここまで、とあきらめそうになる回数を
ゼロに近づける。
3.ありがとう!という感謝の言葉を倍増させる。
4.???????????                     
5.???????????                     
6.???????????                     
7.???????????                     
8.???????????                     
9.???????????                     

1に関しては、今最もやりたいことです。
元来本を読むことは好きなのですが、
最近は仕事関連の本ばかりで、知らないことばかりで
内容が難しく読むのにも時間がかかります。
法律になると、先に進んではまた戻って何度も読み返し、
結局どのように解釈するのかよくわからなかったりします。
知らないことを読み進むと、その先には
無数の知らない言葉・世界が広がり、焦るばかりです。
そのようなことを繰り返し、ふと気付くと、
何て余裕のない自分がいるのか、とそのことにも焦ります。
久しぶりに、大好きなミステリーなどを手始めに
読んでみようと思います。

2に関してですが、やはり一度「あきらめる」ということを
覚えてしまうと癖になってしまうようで怖いです。
ほんの1,2cm扉が開くかもしれない可能性にかけて、
最後まで頑張るべきなのです。
たとえ1時間後に迫ったとしても、
その事に気付いたのならば最善を尽くさねばなりません。
そして、その時に思い浮かべるのは、
中島かおりに期待してくださる方々の顔です。
一度過ちを犯しそうになりました。
このことを一生忘れることはありません。
そして、二度と失敗はしません。
4以降は、一年生議員ならではの試みで、公にすることは
得策ではないと思われますので、企業秘密でお願いします。

あまりに真面目に突っ走りすぎると、本人だけではなく
周りもしんどいのでは、とアドバイスを頂きました。
そう、もう少し肩の力をぬいて、言葉とバランスを大切に、
それでも突っ走るのは変わらないかもしれません。
一期一会、人との出会いを大切に、
芦屋のまちがより住みやすく
日本という国がより生きやすい社会に、なりますように。

皆さまにとって、この年がよい年になりますように!

本年もよろしくお願いします。

中島かおり
posted by 中島かおり at 09:00 | かおり通信
hp-banner2.jpg