2008年02月29日

行財政改革調査特別委員会

10年間の長期収支見込が示されました。
他に、行政改革実施計画の都市環境関係が調査されました。
本市においてもごみの有料化が検討されていますが、
近隣他市の動向もみながら進められるとのこと。
国の方向性が示されれば地方はやはりそれに沿って
いかなくてはならない、
その呪縛からのがれることはかなり難しいようです。
昨日の総務常任委員会に続き、
今日もそのことを強く感じました。
公立病院の独立行政法人化、行財政改革、
そしてごみの有料化しかりです。
ということは、自分達の住むまちづくりに
関心を払うだけではなく、
この国がどのような政策を進めているのか、
どのようにその場に「私達の声」を
届けていくことが出来るのか、
政治にも関心を寄せていかなくてはいけません。
地方分権時代、といえども、地方の力は弱いのだと
痛感せざるをえません。

委員会が2日続くと心身ともにかなりきついです。
事前に資料に何度も目を通し
わからないことは調べていても、
当局から補足説明を受けると、
情けないことにやはりわからないことが出てくるのです。
質問しようとしている事柄に関連したことで
わからないことが出てくると、非常に慌てて混乱します。
そのような事態に陥らないように、次の委員会に備えて、
もっともっと『予算書』をみなくてはいけません。
そして、中島かおりは、もっともっと
強くならなくてはいけません。
posted by 中島かおり at 21:33 | かおり通信

2008年02月28日

総務常任委員会でした♪

補正予算など現年度分、3件の審査でした。

法律や制度がめまぐるしく変わり、
地方もその対応で大変な時代です。
財政の金額が大きく単位が千円だったり百万円だったりする為、
数字に線を引いて、金額をわかりやすくしています。
一年生議員ならではかもしれませんが、
恥ずかしがって単位を間違えたりしてはいけませんもの。

3月議会は一般質問はできませんが、予算審査があり、
引き出しのなさに情けなくなりながらも、
自らを鼓舞しています。

photo_214.jpg

委員会が終わると、疲れがドッときて
すぐに立ち上がれません…。
しかし、予算を含む新年度分に関してはこれからです。
果敢に積極的に臆することなく、頑張ります!
posted by 中島かおり at 21:31 | かおり通信

2008年02月27日

子育ては素敵なこと

廣木克行氏(神戸大学大学院教授)

photo_213.jpg

子育てセンター15周年を記念しての講演会でした。
子供の数だけ物差しを持ち、
小さな生活家族を取り戻しましょう!
と、わかりやすくお話され、
あっという間に時間がすぎました。
子育て中は話すだけで落ち着き、
そして話して同じことを考えている人がいるとわかると
安心するので、子育てセンターの存在意義は大きく、
今後ますます重要になってくると思われます。
posted by 中島かおり at 21:29 | かおり通信

2008年02月26日

消費者のつどい

一緒に考えよう。最近の消費者問題について

講演会の他に、司法書士による多重債務相談が実施され、
市役所南館B1ホールでは、29日(金)まで
パネル展が開催されています。

photo_212.jpg

posted by 中島かおり at 21:56 | かおり通信

2008年02月25日

3月議会が始まりました

私たちのまちのお財布の中身が審査されます!

10時から本会議が開かれました。
第1号議案から第10号議案までが、
現年度分として前半に審議されます。
第11号議案から第41号議案までは、
新年度分として後半に審議されます。
http://www.city.ashiya.hyogo.jp/soumu/index.html

2月26日(火)都市環境常任委員会
27日(水)民生文教常任委員会
28日(木)総務常任委員会(中島かおり所属)
29日(金)行財政改革調査特別委員会(中島かおり所属)
3月7日(金)都市環境常任委員会・分科会
10日(月)民生文教常任委員会・分科会
11日(火)総務常任委員会・分科会(中島かおり所属)
10時から開かれます。

傍聴はどなたでもできます。
お問い合わせ:市議会事務局 TEL 0797-38-2001
posted by 中島かおり at 21:55 | かおり通信

2008年02月18日

議案説明会がありました

photo_211.jpg

平成20年度予算が示され、
私たちのまちのお財布の中身が審査されます!

今回は、平成19年度分(現年度分)と
4月からの新年度分とに議案がわかれています。

平成20年第一回芦屋市議会定例会議案(現年度分)

第1号から第10号議案まで。補正予算関係は4議案。
・市営住宅明け渡しを求めた訴えの提起
・市営住宅に入居するにあたっての資格に
「暴力団員でないこと」が加わるもの
・職員の退職手当に関する議案
などがあがっています。

平成20年第一回芦屋市議会定例会議案(新年度分)

第11号議案から第41号議案まで。
平成20年度予算に関するものは14議案あります。
・新しく始まる「後期高齢者医療制度」は、
一般会計ではなく特別会計となりますが、
それに伴う条例制定の議案
・(仮称)芦屋市福祉センター建設用地として
呉川町の土地5904.26uを、
1月1日現在の鑑定評価額18億1851万2千円(
単価30万8千円/u)で売却しようとするもの
・現在13の地区計画区域に加えて、
新たに松ノ内町に14番目の区域が追加されるもの
・芦屋市青少年野外活動センターを廃止するための条例
などがあがっています。


平成20年度一般会計予算
417億5000万 前年度比7.7%増

呉川町に建設予定の(仮称)芦屋市福祉センター関連経費の
26億1650万円が歳入歳出ともに含まれているので、
除くと391億3350万円、
前年度比0.9%増となります。

特別会計 総額290億6000万円
・国民健康保険事業 83億6400万円
・下水道事業     31億500万円
・公共用地取得費  50億9600万円
・都市再開発事業     2300万円
・老人保健医療事業  7億7100万円
・駐車場事業      3億2900万円
・介護保険事業   59億3600万円
・宅地造成事業   40億5300万円 
・後期高齢者医療事業 13億8300万円

企業会計 総額80億1489万8千円
・病院事業 47億3522万7千円
・上水道事業32億7967万1千円

財産区会計 総額4億6010万円
・打出、芦屋 4億5800万円
・三条、津知   210万円
posted by 中島かおり at 21:54 | かおり通信

2008年02月17日

防災訓練・餅つき大会

photo_210.jpg

普段触ることのない消火器の使い方を教えて頂いたり、
煙が如何に視界を遮って恐ろしいものかを
体験させて頂きました。
同時開催のお餅つきも少ししたのですが、
へっぴり腰で力がなく合格点は頂けませんでした。
でも、つきたてのお餅はおいしかったです。
posted by 中島かおり at 21:51 | かおり通信

2008年02月16日

生活発表会(幼稚園)

プログラム 
1.げき「まいごになったポンコちゃん」
うた「ゆきのプレゼント」「春がきたんだ」
2.げき「ながいながいペンギンの話」
うた「さむいことって」「雪のこぼうず」
3.げき「はなのすきなうし」
うた「冬の歌」「トレロカモミロ」
4.げき「おやゆびひめ」
うた「風も雪もともだちだ」「ビリーブ」
5.うた「たのしいね」「はるかぜそよそよやってきた」

劇は全て手作りによるもので、
今日の発表会のために練習してきたのではなく、
毎日の遊びを重ねて積んできたものなので、
そのことを見てほしいということでした。
年長さんは幼稚園とは思えないような
難しい歌もうたっていました。
「たのしいね」などは、歌詞をみなくても
一緒に思わず口ずさんでしまいます。



優しさの輪・芦屋
〜ハンディのある子の暮らしやすい町に〜


基調講演「今、問われる地域福祉の力」
パネルディスカッション
「福祉センターをみんなのオアシスにしよう」

当初頂いたご案内にはなかったのですが、
木口ひょうご地域振興財団専務理事兼事務局長の
木口一郎氏がパネラーとして参加され、直接お話をきくことが
できたことは大変有意義でした。

(仮称)芦屋市福祉センターが呉川町に
建設されようとしています。
最初の計画は大震災の年でした。
その3日後に起工式の予定だったと聞いています。
その後計画は凍結されていましたが、
今回「(仮称)芦屋市福祉センター構想」が策定されました。
芦屋市独自では建設が困難なため、
(財)木口ひょうご地域振興財団に芦屋市の土地を売却、
同財団が建設する建物の一部を有償で借り受け、
センター事業を行うというものです。
13年前の計画の際センター建設のために
購入した土地ですが、いわゆる借金をして購入しており、
借金返済が終わっていない現段階で
市の単独事業としての建設は困難であると
芦屋市は判断しています。
センター建設のためとはいえ、
芦屋市の財産を売ることに対して賛否がわかれています。

13日に開催された、民生文教常任委員会においても、
様々な意見がでました。
官・民のコラボレーションがうまくいくのかどうか。
いよいよ始まる議会でも、大きな問題になると思われます。
posted by 中島かおり at 21:50 | かおり通信

2008年02月14日

市民セミナー

なんで悪いことをした人を弁護するの?
〜光市事件報道をめぐる問題点の検証と
刑事裁判・刑事弁護の本質を考える〜

講師 綿井健陽氏
コメンテーター 小田幸児弁護士

報道・メディアの伝え方によって、
第三者でありながら被害者側へと
気持ちや立場を置きかえてしまうので、
「事実」こそが大切である。
刑事裁判は、被害者vs被告人という図式ではなく、
被告人vs国家である。
身体の自由、命を国家が奪うことへのチェック機能が、
刑事裁判である。
感情や感覚ではなく証拠が重要であり、
マスコミに左右されることなく自分で判断することが大切。
というお話は、中島かおりの今の活動に全て
通じることだと感じました。

当事者性を如何に持ってもらうかが興味・関心に
つながるのだとかねがね思っていましたが、
持ちすぎてどちらかに傾いてしまうことに
細心の注意を払わなくてはならないことも
同時に覚えておかなくてはなりません。
そのボーダーをどこに定めるのか、
自ら判断する為にも自らの手で調査することを
忘れてはいけない、と
いよいよ始まる議会を前に、しっかりと心に留めました。
posted by 中島かおり at 21:47 | かおり通信

2008年02月09日

セミナーに参加しました

〈格差社会〉の何が問題かー自治体構造改革に触れながらー
「自律のまちづくり」への挑戦 他

「地方分権」あるいは「三位一体改革」ということは
ニュースや新聞を通じて知識として知っていたつもりでしたが、
昨年6月地方議員になってから、そのことの意味を
身をもって知るようになったと感じていました。
これまで生活していた中で、気付かないうちに
このように変わっていたのか、
このようなことが行われていたのかと、
震えるような衝撃を受けたこともあります。

地方分権時代といえども、国の方向を無視する選択肢は
地方自治体には皆無といってよいのかもしれません。
国の動向も常に注視しつつ、しかしだからといって
振り回される事なく、着実に冷静に
そして危機意識をしっかりと持った
「市民のためのまちづくり」が求められていると思います。
posted by 中島かおり at 21:46 | かおり通信
hp-banner2.jpg