blog_notice_20190702.png

2008年04月14日

講演会

「財政的制約の中で、参加と協働の新しい仕組みを考える」
奈良女子大学名誉教授 澤井勝氏

中央集権的福祉国家システムから、
21世紀は市民をどう捉え協働をどのように考えていくのか。
私民(しみん)から市民(しみん)へ。
行政と市民が協働して公共サービスを担うことで、
市民の自己統治能力を形成できるかどうか。
奈良県、大阪府、兵庫県下の市町議会議員の方々との
意見交換も有意義でした。

photo_229.jpg

午後からはチャリティ講演会に出席しました。
感じたことを思いっきり表現して、ストレスを残さないこと。
強い意識と高い目標を持つことが、自分を元気にする。
ぼやぼやしている暇はありません。
内側から輝くことも念頭に置いて、前向きに歩いていきましょう!
posted by 中島かおり at 21:35 | かおり通信
hp-banner2.jpg