blog_notice_20190702.png

2008年07月10日

セミナー2日目

地方財政は難しいからこそ少しでもわかった時は嬉しい、
と昨日書きましたが、間違っている、とご指摘を頂きました。
わかっていて当然ということなのですが、厳しいご意見です。
でも、その通りなのです。

今回の2日間のセミナですが、
初心者に向けた(ように感じられる)
基本的な内容だったと思います。
電卓を必ず持参するようにとのことだったので、
数字にあまり強くない中島かおりは、ドキドキしていました。
自治体財政健全化法は、昨年成立したものですが、
自治体財政の用語、例えば、標準財政規模、基準財政需要額、
などの言葉は昨日今日のものではないと思います。
それなのに、期を重ねた議員の方も全国から来られていました。
芦屋市はこの健全化判断比率をクリアできずに、
イエローカードが出されると予想されていますが、
自治体財政、自治体経営という大きな視点でみた時に、
果して芦屋市よりも大変なところはもっとあるのではないか、
と感じました。

JIAM財政

国と地方の借金が800兆円をこえる、とも言われる時代です。
大変なのはどこも一緒です。
頑張りましょう!

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク




posted by 中島かおり at 19:17 | かおり通信
hp-banner2.jpg