おかげさまでこの度、兵庫県議会議員に当選をさせていただきました。ありがとうございました。
任期は6月からとなりますが、引き続きどうぞよろしくお願いします。尚、立候補と同時に自動失職となっておりますので、芦屋市議会議員は前芦屋市議会議員とよみかえていただきますように、よろしくお願いします。

2008年08月17日

滋賀県知事・嘉田由紀子さんと語る分権時代の地方政治

嘉田県政の誕生と地方政治のこれから 
寺川庄蔵氏 対話でつなごう滋賀の会代表

分権時代の県政の行方 滋賀県政、2年の経験から
嘉田由紀子知事

5月に東京で一度お話をお聞きしていましたが、
その時の600人から700人という人数に比べて
今日は少なかったこともあり、
身近に感じながらお話を聞かせて頂きました。
滋賀は琵琶湖がありその周りに山があり、
とてもいいところでしょう、と包み込むような語りに
思わずひきこまれます。
普段「芦屋市」だけに留まってしまうのではなく、
他の地方や国との関係も意識しながら
広くみるようにもしているつもりですが、
まだまだ不十分だということがわかりました。
しかし県と国との関係とスケールは大きいのですが、
その中にいて感じていらっしゃることの本質は、
生意気なようですが中島かおりが感じるものとも変わらないように思えました。
その中でも近畿地方整備局の予算が1,3兆円。
県の予算と違って監視する議員もいない。
しかも県の負担金としてまわってくる書類に明細はほとんど書かれていないとのこと。
それっておかしくないですか、
ということをオープンにしていかなくてはならない時代です。
本当の地方分権なくしての道州制はあってはならないと
力強く発言されました。

琵琶湖

琵琶湖をどのようにしたいのか、
実際に理想を持った職員の方が書かれたものだそうです。

嘉田知事

この知事がいる県に住み続けたいという人がたくさんいるだろうな、
と思える、本当に素敵な方でした。

明日からまた2日間、勉強会に出かけます。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク









posted by 中島かおり at 21:54 | かおり通信
hpbanner.jpg