blog_notice_20190702.png

2008年11月10日

市立芦屋病院調査特別委員会 中学校総合文化祭

市立芦屋病院を中心とした地域医療に関する調査
(1)地方独立行政法人化のメリット・デメリット等について
(2)施設整備の費用対効果比較表に関すること
(3)収支計画上の諸課題について


市長、副市長の時間が限られていたために
2時間と時間が制限されており、傍聴者も何人かいましたが、
携帯電話をさわっているような人もいました。
何のために議会に傍聴に来ているのか不思議です。
私も横から傍聴しておりましたが、
あまり活発な議論がされたとはいえない委員会だったように感じます。


中学校総合文化祭は、コーラスと吹奏楽部の演奏です。
前の方の席が空いていたので、一番前に座りました。

信じることに理由はいらない♪

疑心暗鬼になり信じることを止めたくなることが
議員になってからは以前より確実に多くなりました。
中学生の歌を聞きながら、
信じることに理由を探さなくてはならないほど、
中島かおりは純粋ではなくなったのかもしれない、と
寂しく、悲しくなりました。
それでも議員としての道を模索することを今はやめません。
地方自治の現場は、執行機関の行政側だけではなく、
地方議会だって担っているはずです。

文化祭

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク








posted by 中島かおり at 20:01 | かおり通信
hp-banner2.jpg