blog_notice_20190702.png

2009年01月17日

1月17日

阪神・淡路大震災 犠牲者追悼会

5時46分 黙祷

朗読、バックに流れる音楽を聴き、
いのちについてのお話を聞き、
14年という月日が経っているにもかかわらず、
涙がでてきます。
がまんしようとしてもとどまらなくて、
困ったな、と思い始めていたら、
前の方が肩をふるわせているのに気付きました。
泣いているのだとわかりました。
私だけではありませんでした。
朝目覚めて「1月17日だ」と意識した時から、
泣きそうな気分でしたが、
朝まだ暗いうちから、今日はひとしきり泣いてしまいました。


「1.17芦屋市祈りと誓い」
芦屋公園内のモニュメント前で、記帳と献花をしました。

モニュメント モニュメント


ひょうごメモリアルウォーク2009
川西運動場での出発式に参加しました。
約束していた人を見つけることができなくて焦りました。

出発式 出発式 


HAT神戸のゴールにむけて芦屋からの出発は「東10kmコース」です。
チャリティーコンサートが控えておりましたので、
今年も歩くことが叶わなくて残念でした。
西宮から歩いてくる人に出会い、
阪神南県民局長や、芦屋市議会事務局の前課長、
元助役の方にもお会いしました。

国道 

チャリティーコンサート
神戸市消防音楽隊「いのちのコンサート」
千の風になって しあわせ運べるように を合唱しました。

コーラス

宿題はたくさんなのに考えられないほど長い一日でした。
冒頭に朝から泣いてしまったことを書きました。
「感じるままに」とよく言われますが、
まず感じることが必要です。
本だけではなく、時には新聞の記事にも心が動き泣いてしまうことがあり、
以前はそんな自分が結構気に入っている部分もありました。
しかし、今日はっきりと感じてしまいました。
今は議員という立場にいます。
中島かおりへの周囲の目、
チャリティーコンサートにおいては役割を果たしながら、
合唱ではリハーサルも含めて、
議員として、心が動くことへの自分自身への嫌悪感を
自分の中にはっきりと意識した
14年目の1月17日でした。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク












posted by 中島かおり at 21:04 | かおり通信
hp-banner2.jpg