blog_notice_20190702.png

2009年01月13日

市民参画による初めての条例

男女共同参画推進委員会を傍聴しました。
昨年末に
「(仮称)芦屋市男女共同参画推進条例(骨子案)」
に関する市民意見(パブリックコメント)が実施され、
いよいよ同条例の(案)が示されました。

この条例制定に関しては女性議員の中でも温度差はありますが、
この委員会だけではなく、
条例原案策定委員会も可能な限り傍聴してきた者として、
思い入れはかなり強いものがあり、
非常に嬉しく思っています。

次の議会で提出され、
予定では、3月10日の民生文教常任委員会で審議、
27日の本会議最終日で採決されます。

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/gikai/yotei.html
(芦屋市HPより)

これだけ多くの人が関わり回をかさねて提案された条例を、
議会は裏切ることはできないと思います。
そのプロセスをどのように考えるのか。
議員としての「議会での発言、態度」をも根底から考える必要を
「参画と協働」は違った面からも示しているように感じます。
「時代」をしっかりと考えていかなくてはなりません。


今日の消防庁舎建替え工事の状況です。
かなり出来上がってきているのがわかります。

消防


芦屋市においては、いわゆる学童保育を留守家庭児童会としています。

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/handbook/kyoiku/kyoiku12.html
(芦屋市HPより)

岩園小学校内の「すぎのこ学級」の拡張工事(リフォーム工事)
が2月に予定されています。
その説明会が今夜開かれ、参加させて頂きました。
決められた予算内での事業を主張する行政側と、
保護者の間には温度差があるようです。
お互いの立場を尊重しつつ、
問題点は今日の会で明らかになったものもありますので、
できる限りよい方向にいってほしいです。
お母さん方は子供のために必死です。
ご夫婦で出席されている方もいらっしゃいました。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク







posted by 中島かおり at 21:26 | かおり通信
hp-banner2.jpg