blog_notice_20190702.png

2009年02月12日

男女の仕事と生活のバランス推進フォーラム

家庭から、地域から、職場から、
今いるところから始めよう

イーブン

☆基調講演
「地域の力でさらなる推進!仕事と生活のバランス・男女共同参画」

☆パネルディスカッション
「男女共同参画第2ステージへ〜今いるところから始めよう〜」
NPO法人わははネット理事長 中橋恵美子氏

☆交流会
これからの男女共同参画のこと、地域のこと、気軽に語り合いましょう

神戸クリスタルホールにて

男女共同参画社会基本法制定から10年になります。
内閣府ワーク・ライフ・バランス推進事業のフォーラムでした。

基調講演の中では、子育ての経験が今につながっているお話しを聞きました。
病児保育を香川県で実現するために、
知事にエレベーターの中で直訴したという成功体験などをきっかけにして、
社会が変わる、社会を変えられる、
そのことによって暮らしやすい社会が実現する。
そのためには気付いたことを今行動して、発信していかなくては!
話しながらマイクを片手にペットボトルを脇に挟んで、
フタを開けているその姿に母の強さを感じて素敵に思いました。

パネルディスカッションでは、清原桂子兵庫県理事がコーディネーター役です。
中島かおりがアドバイザー養成塾で一緒に学んだ仲間が
パネリストのひとりでした。
農業の世界で頑張っていて、
「ひょうごの農とくらし研究活動コンクール」農林水産加工の部
兵庫県知事賞を受賞。
頑張っている身近な人からは勇気と元気をたくさんもらいます。

イーブン

松田靜さん(中央)と佐治紀子さんと。

清原理事からは

1.まず行動をおこす
2.具体的な提案をする
3.今、動く
4.成功体験を重ねる
5.やる気と元気は伝染する
6.誰かが変えてくれるのではなく、自分から
7.今いるところから

力強く頑張っていきましょう!
と最後にしめくくって頂きました。


今朝の駅立ちと重なるものがありました。
「議員になること」が目的ではなく、
もう少し生きやすい社会にしていきたいという思いを実現するための
手段のひとつとしての「政治の道」
すなわち意思決定の場に自らが関わること
が今の議員としての原点である中島かおりにとって、
多くの人にまちづくりに関わってほしい、
人任せにするだけではなく政治にも関心をもってほしい、
自分達が住むまちのこと、社会のことに参画してほしい、
いつもそのような気持ちで街宣・駅立ちをして、
皆さんにはたらきかけているつもりです。

今日の講師の中橋さんは、社会は変えられる、と話されました。
「少しの自信」を重ねる達成感を学んでいかなくてはならないのかな、と。

駅立ち 駅立ち



芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク












posted by 中島かおり at 18:59 | かおり通信
hp-banner2.jpg