blog_notice_20190702.png

2009年02月27日

総務常任委員会でした♪

第3号議案
芦屋市条例で引用する法令等の既定の整理に関する条例の制定について

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/soumu/image/h21/3.pdf

第4号議案
公営企業単純労務に従事する職員の分限並びに
懲戒の手続及び効果に関する条例を廃止する条例の制定について

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/soumu/image/h21/4.pdf

第11号議案
平成20年度一般会計補正予算(第5号)

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/soumu/image/h21/11.pdf

第14号議案
平成20年度芦屋市公共用地取得費特別会計補正予算(第1号)

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/soumu/image/h21/14.pdf

第17号議案
平成20年度芦屋市宅地造成事業特別会計補正予算(第1号)

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/soumu/image/h21/17.pdf
(議案は全て芦屋市HPより)

所管事務調査
@高浜用地売却について
A消防庁舎建てかえについて
B第4次芦屋市総合計画の策定について

3月議会は新年度の予算議会でもありますが、
年度末であるために、事業や補助金、交付税などの金額が確定する時期でもあり、
補正予算の内容も多岐にわたります。
また今回は定額給付金を含む国の補正予算を受けたものも
含まれています。

定額給付金については、昨年から国等からだされている資料、
今年に入ってからのQ&A、関係者などとの意見交換、
また担当大臣などの答弁を含むニュースなどから、
外郭を掴もうとしていましたが、
やはり国会でまだ成立していないものを各自治体で対応するには、
年度内支給をひとつの数値目標とされている今、
かなり大変なのだと理解します。

第11号議案 一般会計補正予算(第5号)については、
予想に反して、反対はなく委員会では原案のとおり可決すべきものと決しました。


高浜用地宅地分譲について

http://www.ashiyatakahama.com/


今年度見込んでいた販売件数を大幅に下回り、
33億4680万円の減額補正、
すなわち、約40億円売れると見込んでいたけれども、
約33億円分売れなくて約7億しか売れなかった、ということです。
基金を取り崩していくことを続ければ、
基金も減り続けます。
財政については、いつも主張することですが、
芦屋市全体の中で考えていくことが求められます。

総務委員会

いつも委員会終了後は「よれよれ」状態です。
委員会や本会議の日は朝から水分を控えていますので、
終了後の珈琲は今日も格別おいしく感じられました。

来週、3月2日月曜日、総務常任委員会の所管事務調査として、
消防庁舎の内覧会が行われます。

消防庁舎


3月議会が始まり、今週は委員会が続きました。
議案そのものの勉強だけではなく、
その他、会派の一員であるということなど諸々のことも含めて
頭を整理するのに、
自分の要領の悪さや
「女であること」へのバッシングに近いものを受ける自分を呪いつつ、
何とか今日まで終えました。
宝塚歌劇にいたのだからあなたは根性があって強いのだと
評されることがあります。
宝塚音楽学校では確かに「縦社会」と「挨拶」を徹底的に仕込まれます。
あの宝塚の世界にしか通用しないこともありますが、
「花のみち」は通っていはいけない、
宝塚大橋は川下側しか通ってはいけない、
阪急電車は最後尾に乗らなくてはいけない、など。
しかしそれは一見滑稽なようにも見えますが、
伝統の世界に入った者として
「最下級生」としてどうあるべきかという教えが含まれています。
「挨拶」も含めたそのような教えは、
世間一般には「厳しい」と思われても、当事者である私たちには
それが「当たり前」となります。
そこに宝塚の卒業生への「ある一定の評価」を有難いことに
うけることになります。
選挙の時にも、
「あの宝塚の厳しい世界にいた人だから頑張れる人ね!あなたにいれるわ」
と声をかけてくださった方がいます。
さすが地元だけあって有難いことだと思いました。
しかし、世間一般では「厳しい」ことが「当たり前」になっていることで、
そのことが非常に邪魔になることもあるのだと、
議員になって感じることがあります。
議会とはヒエラルキーに支配される「組織体」ではなく、
個人の集まりのようなものです。
党に所属する議員は、その中で縦関係があるのかもしれませんが。
礼儀や挨拶などが重要視される世界ではなく、
もっと重要なものがあるのです。
中島かおりもまた、それらを学んでいかなくてはならないのだと思います。
胃が痛くて夜中に目が覚める
というような「夢」を見ないためにも
ご飯をいっぱい食べて、
明日から少しは「要領よく」なれるようにも頑張りたいと思います。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク







posted by 中島かおり at 22:03 | かおり通信
hp-banner2.jpg