blog_notice_20190702.png

2009年03月20日

最終日にむけて

いつも歌っているある歌を、
手話ができるようにしたいということで少し練習しています。
右手が上で合わせましょう、などとなると、必死です。
必死になりすぎて、つきゆびとまではいかなくても、小指が痛くなりました。

来週27日の最終日にむけて、現在は委員長報告作成の時期です。
最後の委員長報告になることもあり、
またこの会期中、修正や懲罰の動議がだされたこともあり、
いつも以上に神経質にもなるのと同時に、
議会運営について学ぶ機会が多くあります。
ご助言を頂いたり、会派の中でご指導を頂くこともあります。
しかし「あたりまえ」になっていることが、
実は裏づけとなるものがはっきりしない、ということもあります。
決して生意気なことを言うわけではありませんが、
そのことに気付くのは新人故です。
地方自治法も改正となり、市民の目も厳しくなり、
議会の在り方もかわっていくことを余儀なくされています。
ですから先輩方の経験をいかしながら「あたりまえ」をどのように位置づけていくのか。
だからこそ理論武装も必要であり、
また新しい芦屋市議会のありかたをも含めた検討もよい意味で
大切なのではないか、と新人議員は感じるところです。

毎回議会ごとに新しい発見があり、勉強になります。

この最終日は長い一日になりそうです。
昨年も感じたことですが、予算審査をこの年度末ぎりぎりに行うことは、
ハプニングがいつおこるかわからないこともあり、
もう少し余裕があった方がよいのではないでしょうか。

行政、議会には、まだまだ知らない世界がたくさんあります。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク










posted by 中島かおり at 21:59 | かおり通信
hp-banner2.jpg