blog_notice_20190702.png

2009年03月12日

昨日の総務常任委員会について

第23号議案
芦屋市個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定について

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/soumu/image/h21/23.pdf

第25号議案
芦屋市職員の勤務時間その他の勤務条件に関する条例等の
一部を改正する条例の制定について

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/soumu/image/h21/25.pdf

第26号議案
芦屋市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/soumu/image/h21/26.pdf


第27号議案
芦屋市債権管理に関する条例の制定について

http://www.city.ashiya.hyogo.jp/soumu/image/h21/27.pdf

請願第22号
米軍への思いやり予算廃止の意見書採択を求める請願

先月27日の委員会は現年度分の審査でしたが、
今回は、新年度分、すなわち4月以降のものについての審査でした。

第25号議案については、修正の動議が提出されました。
芦屋市職員の勤務時間その他の勤務条件に関する内容ですが、
その中の「地域手当」という手当ての引き上げが盛り込まれていましたが、
100年に一度の経済危機といわれる社会情勢と、
芦屋市の予算の約4分の1が借金の返済にあてられるという
まだまだ厳しい財政難のために、市民の理解を得られないであろう、
との理由からです。
ひとりあたり年額3万円強という数字のようですが、
「地域手当」は日本中の場所によって割合が異なるという特殊性から、
国との関係においてもこの時期の引き上げは微妙な感じがします。

http://www.kobe-np.co.jp/knews/0001731112.shtml

(神戸新聞NEWSより)

このニュースのように芦屋市は国基準を上回った額ではありません。
本来14%でもよいところを13.5%に留めている、
という当局のお答えです。
確かに労働者の権利として、
またお金はモチベーションにも直結することでもありますが、
福祉関係費の値上げの予定や、
不況で本当に困っている人が増加しているこの時期に、
手当てを引き上げることに市民の理解を得られるでしょうか。
委員会のなかでも、
「この時期の引き上げを疑問視する職員の声もあるようだ」
という委員からの発言もありました。
微妙な問題ではありますが、
委員会においては、賛成多数で可決されました。

明日は「予算特別委員会総務分科会」です。

「委員会運営」という点においてこの日の委員会は、
新米委員長としては反省点ばかり目立ちます。
委員会の後はいつも自己嫌悪ばかりですが、
委員長となってからも同じです。
まだまだ眠れぬ夜が続きそうです。

今は本当に「桜」が待ち遠しいです。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク







posted by 中島かおり at 20:28 | かおり通信
hp-banner2.jpg