blog_notice_20190702.png

2009年05月31日

日本地方財政学会

この30日(土)と31日(日)に大阪で開かれました。

シンポジウムでは道州制がテーマでした。

日本地方財政学会

興味深い論題がたくさんありました。
聞いていても難しすぎてわからないものもありましたが、
自治体や国の方々の報告、討論もあり、
よいお話も聞くことができました。
阪神・淡路大震災前後の芦屋市の行政のお話など
思いがけない話も聞かせて頂くことができて、
とても勉強になりました。
出かけた甲斐があったと嬉しく感じました。

さあ、いよいよ明日は「議案説明会」です。
気を引き締めてまいります。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク



posted by 中島かおり at 16:55 | かおり通信

2009年05月30日

取り調べの可視化(29日)

大阪弁護士会館で、原田宏二さんという方のお話を聞きました。

北海道警察の元警察官で、
1995年に釧路方面本部長(警視長)で退職。
2004年2月に、道警の裏金問題について「告白」記者会見をひらく。
その後、「市民の目フォーラム北海道」の代表として、
警察の健全化、透明化、民主化に向けて精力的に活動中です。

http://www.geocities.jp/shimin_me/index.htm

原田さん

警察は「正義の味方」ではなく、法の執行のプロになればよいのだ、
という言葉が印象に残りました。
恐い方かな、と想像しなくもありませんでしたが、
やさしそうな方で安心しました。

昨日は、議会を前に個人的にバタバタと走り回っていました。
一年生議員ゆえに勝手がわからずに
「あたって砕けろ」戦法でいってしまって、
上手くいくこともあれば、
戦略を誤ったと悔いることもあります。
昨日に限っては、私一人だけではなく他の人の気持ちも背負っていたため、
責任を感じて、いつも以上に力が入っていました。
緊張もしましたし、ドキドキもしました。
私のドキドキが先方に伝わらなかったようで、少し寂しく感じました。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク



posted by 中島かおり at 23:23 | かおり通信

2009年05月28日

自治会と聴講その6

自治会の定時総会でした。
資料関係は会長の手づくりで経費節約をして頂いているという
お話しもありました。
会費の総額が減る傾向のようです。
地域のつながりは、まちづくりに欠かせない要素です。

ところで、先週はインフルエンザ対策で大学も休講でした。
前回の復習にはじまり、
標準税率の「通常よるべき税率」の件では、
先日10%減税を掲げて当選した名古屋市長のことなど、
身近なお話しも聞くことができました。
税率は地方債の起債(いわゆる借金といわれるものです)
と無関係ではありません。
名古屋市の議会がどのような判断をするのか。
注目されるところです。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク




posted by 中島かおり at 19:12 | かおり通信

2009年05月27日

権能―その2―

少し前に「権能」ということについて
ブログで書かせて頂いたことがあります。

http://nakajima-kaori.sblo.jp/archives/20090508-1.html

この世界の言葉は中島かおりにとって馴染みがなくて、
難しく思うことが多いのですが、
先日の研修の際も、ある講師の方が「業界用語がかなりあります」
とお話しされていました。

ある法律の中に、権能という言葉を見つけました。

私たち議員にとって『地方自治 小六法』というものが身近です。
憲法にはじまり、地方自治法、地方公務員法、公職選挙法、
住民基本台帳法、地方財政法、地方税法、地方公営企業法、
介護保険法、行政手続法、総務省設置法といったものがありますが、
地方交付税法という中に、「権能」の言葉を見つけました。

第一条 目的 

この法律は、地方団体が自主的にその財産を管理し、事務を処理し、
及び行政を執行する権能をそこなわずに、その財源の均衡化を図り、
及び地方交付税の交付の基準の設定を通じて
地方行政の計画的な運営を保障することによって、
地方自治の本旨の実現に資するとともに、
地方団体の独立性を強化することを目的とする。

この目的は変わりませんが、

第八条  
各地方団体に対する交付税の額は、
毎年度四月一日現在により、算定する。

とありますので、年度末に毎年改正されます。
この交付税があって、各地方自治体の運営は保障されます。
しかし、総額が減らされる傾向にあるなか、
地方も独自の努力が求められています。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク




posted by 中島かおり at 18:51 | かおり通信

2009年05月26日

本が大好き 読みたいな

子どもに読ませたい図書リスト 400選

「子ども読書の街づくり」推進事業
教育委員会と子ども読書の街づくり推進委員会

就学前・小学校低学年と小学校中学年・高学年と中学校と
三つの年齢別に選ばれています。
市議会議員からのおすすめの本ものっています。

図書リスト 図書リスト

ところで、「あなたのこれからの人生に少しでも役に立てれば」と、
本をすすめて頂くことがあります。
自分とは違った視点のものがありますので、
そういう意味で勉強になります。
本を読むことは、小さい時から大好きでした。
「本」によって大きな影響を受けて、人生が変わることもあります。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク





posted by 中島かおり at 19:37 | かおり通信

2009年05月25日

ふれあいプラザあかし西

明石に行ってきました。
健康づくりと市民福祉の拠点 複合施設になっています。

ボランティア活動室 

明石

あおぞら園(知的障害児通園施設)

明石

きらきら(児童デイサービス施設)

明石市立発達支援センター

明石 

子育て支援センター
子ども図書コーナー

明石 明石

健康相談コーナー

この春にできたばかりなので、とてもきれいな施設です。
交通の便があまりよくないようですが、
何といっても、海のそばで景色はとてもよいのです。

明石

通常学級に在籍する発達障害児への支援について

NPO法人市民サポートセンター明石
代表 田坂美代子さんからお話を聞きました。

東京都港区では、学習支援員(LSA)は教員免許不要なのだそうです。

課題としては、
@広域性の確保
A助成金
B資格要件
をあげていらっしゃいました。
財源の問題は、避けてとおれない大きな課題です。

また発達支援センター 所長 今井裕二さんからもお話を聞きました。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク





posted by 中島かおり at 20:12 | かおり通信

2009年05月24日

その後新型インフルエンザについて

新型インフルエンザの感染が確認されたことを受け、
感染拡大防止のため実施されていました
学校園・市内公共施設等の休校・休館対策ですが、
当初の予定どおり5月22日(金)までとなっています。
幼稚園・小学校・中学校なども、
明日から授業が再開されます。

生活に多くの影響が生じている状況にありますが、
今後も注意が必要であると同時に、やはり冷静な対応が求められますね。

個人的には、昨日を中心にこの二日間、主に定額給付金などを切り口に
地方自治、地方分権について学ぶ貴重な機会を得ました。
地方も国も、立場は違っても皆が住民の幸せのために頑張っています。
「頑張ればいいのか」という議論もありますが、
「頑張ること」は必ず何かにつながると思います。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク





posted by 中島かおり at 21:44 | かおり通信

2009年05月23日

すぎたるはなお及ばざるがごとし

今週は「学び」の一週間でした。
学んだ知識をそのままにするのではなく、
如何に自分のものとしていくのか。

今日はハプニングで「偉い方々」にまじって
人前で話す機会を頂きました。
そして頑張っているたくさんの人から、元気と勇気を頂きました。

「いーくとぅーびけん!」
災いはなく、よいことばかりでありますように!
市民のための芦屋市政をめざして、これからも頑張ってまいります♪
やはり「清く 正しく 美しく」です。

南風原町

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク






posted by 中島かおり at 11:55 | かおり通信

2009年05月22日

市町村行政の課題と今後

松藤保孝氏

1.社会の変化
2.市町村の役割
3.地域経営の主体となるための課題
4.鍵は人
5.参考事例紹介

事前課題の発表をもとに、意見交換も活発に行われました。

現在、地方議会議員には厳しい目が注がれていますが、
真面目に「議会とは」「議員とは」「地方分権とは」「地方自治とは」
考えている人もたくさんいます。
地域によって抱える問題はまちまちで、
例えば過疎や限界集落の問題は、芦屋市の議員としては知識もあまりなく、
同じように議論できません。
しかし皆が自分のまちのことを一生懸命に考えています。
それは、議員だけではなく、職員の皆さんも同じだと思います。
その思いが一定の方向性をもって力になっていくといいのに、
といつも思います。

たくさんの人との出会いに感謝しつつ、
6月議会の準備に入らなくてはならない時期です。

政務調査費の使い道についても、
議員が何人か集まれば必ず話題になりますが、
今回の研修も政務調査費を使わせて頂いています。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク




posted by 中島かおり at 17:51 | かおり通信

2009年05月21日

地方税財政制度 概要と健全化

関西学院大学大学院経済学研究科 人間福祉学部
教授 小西砂千夫氏

1.地方財政制度の骨格 
  地方財政計画と基準財政需要額との関係

2.地方財政の健全性  
  公会計改革と財政分析

国の財政と地方財政、国の予算との整合性、
地方財政計画の歳入と基準財政需要額の総額との関係、
地方債制度の財政的側面、地方交付税の基本的構造など、
何度聞いても難しいです。
思わず終了後、
「地方自治基本コースの内容としては難しすぎませんか?」
と聞いてしまいました。

「官から民へ」と「公か民か」
構造を見極めて、怒りは適切に発揮すべきであろう

地方財政の奥深さを知ってもらえたら、というお話でしたが、
それを自覚したら、
次は「初めの一歩」にしてやはり歩み出さなくてはいけない。
笑いあり、涙ありの一日でした。
そして、議員として行政とどのように向き合うのか。
己の使命を議会という場でどのように果たしていくのか。
いつも悩ましいことではありますが、考えさせられました。
答えはなかなか見つかりませんが。

それにしても、質疑応答の中でもでましたが、
経験のある議員さんでも、初めての内容だったり、
思い違いをしていたこともある、という話があり、
そのことも、私にとっては新鮮でした。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク


posted by 中島かおり at 18:24 | かおり通信
hp-banner2.jpg