blog_notice_20190702.png

2009年10月19日

平成20年度決算特別委員会 初日

決算のあり方は自治体ごとに様々です。
時間を見つけては他の議会も傍聴に行きますが、
ある議会の決算審査を傍聴した経験が強く記憶に残ります。

全員対全員、しかも芦屋市よりも自治体の規模は大きく、
議員数も倍以上です。
当局側の入れ替わりは無論ありますが、事前通告はなく、一問一答。
議員の発言時間及び、当局からの答弁も含めた総時間についても、
時間制限を設けているため、得も言われぬ緊張感です。
議会と行政が向かいあい、委員長と副委員長(と思われます)が
その中間で進行します。
発言する議員は最前列の中央に設けられているマイク席で質問します。
傍聴する側にも、その緊張が伝染します。

その経験を思い出し、今日さらに緊張してしまいました。

今回、副委員長を仰せつかっておりますので、
その項目について全委員が発言した後、最後に発言することになっていますので、
午前中は質問ができる出番がありませんでした。
しかし、突如、「委員長」としての出番があり、
少々慌ててしまいました。

芦屋の決算審査は、傍聴の方の目にどのように映ったのでしょうか。
気になるところです。

1 一般会計  議会費  総務費

2 一般会計  公債費  諸支出金  予備費

3 特別会計 公共用地取得費

4 特別会計 宅地造成事業

5 財産区会計

6 一般会計  消防費

7 一般会計  民生費=質疑分割

民生費の途中で終わりました。


今日発言した項目を簡単に書いてみます。


☆コミュニティバス等検討委員会委員報奨金

☆最高情報統括責任者補佐官報償金

☆「地方公共団体の一般職の任期付職員の採用に関する法律」

☆定額給付金

☆行政経営課業務委託料

☆事務事業評価報告書について

☆公会計関係業務委託料
 
☆財政健全化法判断比率、指標及び監査意見報告書 

☆地方公営企業等金融機構出資金(地方公共団体金融機構へ改組)
『財産に関する調書』


☆市長会分担金

☆阪神広域行政圏協議会分担金 定住圏自立構想

☆自治会連合会運営補助金

☆電話の回線について
問い合わせが増える時は回線を増やすことはできないか。

☆公債費 臨時財政対策債

☆防災総合訓練

☆中国残留邦人支援給付費

事前の予習には多くの時間を費やしますが、
始まると本番はあっという間に過ぎます。

皆さま、明日も頑張りましょう!

金木犀

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク





posted by 中島かおり at 20:31 | かおり通信
hp-banner2.jpg