blog_notice_20190702.png

2010年02月04日

議会基本条例の考え方

〜議会のあり方、議員のあり方〜

芦屋市議会研修会でした。
昨年に続いて、二回目の講師 野村稔氏です。

議会基本条例については、
大阪府熊取町の「議会基本条例」について視察に行ったり、
栗山町の議長さんのお話しを聞くなど、
はじめてではありませんでしたが、
全国都道府県議会議長会 元議事調査部長の野村先生のお話は、
とても興味深く、おもしろいです。
法律や制度、規則など、
頑張ってこられた人がいてこその「今」なのだということが
実感できます。

「貴女の話しはバイアスがかかっている」
そのように言われたことがあります。
違う価値観の人間が意見を一にするのは難しく、
相手を自分の方に引き寄せようとするとどうしてもその差が気になるところです。
しかし、芦屋市の会議規則や委員会条例の解釈において、
野村先生と私では違っていたものがあったのですが、
でも、違う角度でみることを敢えて教えて頂いたような気がしました。
人が決めることですから、まずは私の考えるところを
きちんと伝わる努力をして、感情に流されることなく
バイアスがかからないように意識しようと強く感じた次第です。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク




posted by 中島かおり at 18:41 | かおり通信
hp-banner2.jpg