2010年04月30日

オープニングセッションから分科会へ

分科会

全体会には通訳がつきますが、今日午後から、
無謀にも通訳なしなのに分科会に参加しました。

タイトルは「選挙システムとキャンペーンについて」
台湾、韓国、スリランカ、オーストラリア
そして日本からの人たちのグループでした。

投票率は95%以上と話すオーストラリアの議員さんに、
思わず、すばらしい!と拍手する私に、
あら、あたりまえじゃないの!という表情が印象的でした。
棄権すると8ドルの罰金を払わなくてはならないそうです。

全体会では、多様性は素晴らしい!と
堂々とした発言にも感動します。
色々な意味で、カルチャーショックが襲ってきます…。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 20:01 | かおり通信

2010年04月29日

原発現地視察

原発現地

昨日、夜9時半からドキュメンタリー映画を見た
「第四原発」の現地へと向かいました。
一番驚いたことは、日本のものものしさと違い、
道路のすぐ傍に、普通の工場のように存在していることです。
1980年代終わりに計画され、政権が変わった時には
計画が中止されたこともありますが、
年内には試運転が予定されているそうです。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 18:30 | かおり通信

2010年04月28日

台湾にやってきました

台湾にて

もっと暑いかと思いましたが、それほどでもありません。
空港からホテルに行く途中、忠烈祠、
日本の靖国神社にあたるところにも寄りました。
明日は、原発関係の視察にも行く予定です。
20時から全体のミーティングがあり、
明日は7時に出発ということで、ハードスケジュールです。


芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク


posted by 中島かおり at 20:39 | かおり通信

APGN2010

Asia Pacific Greens Network
アジア太平洋の「みどり」会議

http://apgn2010.org/

この会議に参加のため、台湾に出かけます。
国際会議も含めて初めての経験です。
「地球温暖化防止」をテーマにしたセッションなど
どのよう会議になるのか楽しみです。

でも、言葉が少し不安ですが…
またご報告させて頂きます。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 00:40 | かおり通信

地方行財政検討会議―議会のあり方について―

平成22年4月16日(金)10:00〜12:00
地方行財政検討会議 第一分科会(第2回)開かれています。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/chihou_zaisei/28345.html
(総務省HPより)

議会のあり方について、案が示されています。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000063690.pdf


今地方で何が起っているのか。
二元代表制が上手く機能していないというのは、
しくみそのものに問題があるのかどうか。
そこにメスをいれるのであれば、憲法をかえなくてはなりません。

憲法
第93条 地方公共団体には、法律の定めるところにより、
その議事機関として議会を設置する。
2 地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、
その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。


国と地方との関係も含めて、地方のあり方が変わろうとしています。
あるいはかえられようとしているのかもしれません。
そのことは、誰が決めていくのか。
当事者である、地方は、地方議会は、地方議会議員は、
ものを申さなくてよいのか。
私たちのまちの中においても勿論議論して、
そのことを、声を届けなくてよいのか。
今日集会所トークに参加している中で、
沸々とそのような思いにとらわれました。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク



posted by 中島かおり at 00:04 | かおり通信

2010年04月27日

芦有ドライブウェイの運営についてその後

芦有開発株式会社が新設分割により設立される
芦有ドライブウェイ株式会社の株式(100%)を
西日本高速道路株式会社及び株式会社日本政策投資銀行へ
譲渡することについて、最終合意に至り、
停止条件付株式譲渡契約が締結されました。
実際に新設株式会社が譲渡されると、
芦有開発は不動産事業に特化することになります。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク


posted by 中島かおり at 15:18 | かおり通信

2010年04月26日

政治をもっと身近なものに

あしたをひらく女性の会 20周年を祝う会
川西市 アステホールにて

もっと女性議員を増やしたい、と1990年に発足し、
20周年を迎えられました。
もともとは、市長選挙に伴う議会ぐるみの選挙買収事件、
などの不正事件でイメージダウンした川西市議会の再生が
背景にありました。
それから20年間、5回の選挙を経るも毎年議員を送りだされています。

関西学院大学法学部教授 森脇俊雅氏による
講演の後、
ミニコンサート、懇親会(ティータイム)など
和やかな雰囲気の中で、お祝いの会はすすみました。

『主婦の手づくり選挙入門』という本を発刊されていますが、
中島かおりも立候補する時にこの本を読ませて頂いたひとりです。
そのご縁で、今回このお祝いの会にもご招待頂きました。
その本の中で登場する女性たちが、
当時はこのようでした、と20年前のお話しをされる姿に
感動して、改めて20年という歳月のすばらしさに
心を打たれていました。
また、市民の関わり方も「突き上げ型」から「提案型」へ
それを受けとめる行政ももこの20年で変わってきた
とお話しされた方の言葉も印象に強く残りました。

『女たちの政治参画20年』という記念誌にも、
今回寄稿させて頂きました。

川西 川西 川西

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク



posted by 中島かおり at 23:58 | かおり通信

2010年04月25日

北京の蝶

議会が変われば、町も変わる。
北海道栗山町議会議長の言葉です。

篠山市において、
〜北海道栗山町から学ぶもの〜

北海道栗山町議会議員 山本修司氏
議会事務局 桑島克典氏

昨日、お二人の講演を聴く機会がありました。
会場の、篠山市民センターはガラス張りの素敵な建物です。

篠山  篠山

篠山 篠山 篠山

篠山

市民と行政と議会
ではなく、
市民と、行政、首長、議会の四者というお話も印象的でした。
だからこそ、基本構想・総合計画に議会としてどのように関わっていくのか、
議会とて、当然受け身ではない、新たな独自の姿勢を模索することが
重要なのだと。

ペン北京の蝶とは
北京で蝶が羽ばたけば、ニューヨークで嵐が起きるとするたとえ話。
バタフライ効果
(決定論的な法則でも、
初期条件のわずかな差が挙動の大きな違いを生み、その予測が困難化すること)
を端的に説明する際に引用されます。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク


posted by 中島かおり at 01:48 | かおり通信

2010年04月24日

芦有ドライブウェイの運営に関する住民説明会等について

先週、17日(土)18日(日)の二日間、
住民説明会がひらかれ、81人の方が参加されました。
今後、説明会の予定はないとのことです。

今後の予定として、
23日(金)臨時取締役会
5月中旬 臨時株主総会
6月   新会社設立
7月   譲渡完了
となっています。

芦屋市から、芦有開発株式会社に対して、
下記事項を新会社に十分引き継がれるように、申し入れを行っています。

1.芦屋市との間にある覚書、協定書、確認書等の権利義務関係を
引き継ぐこと。

2.芦屋市との協力関係についても継続すること。

3.平成20年9月26日の市議会の決議を十分踏まえること。

http://nakajima-kaori.sblo.jp/article/20109730.html

4.今後とも住民との良好な関係に務めること。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク



posted by 中島かおり at 10:25 | かおり通信

2010年04月23日

国と地方の「協議の場」

昨日、22日(木)総理官邸において、
「国と地方の協議」が行われています。
地方側からは地方六団体の各会長が出席し、
地域主権改革について協議が行われました。

この段階では議事要旨はまだアップされていないようです。

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kunitotihou/
(内閣官房HPより)

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク





posted by 中島かおり at 23:04 | かおり通信
hp-banner2.jpg