blog_notice_20190702.png

2010年04月18日

愛の賛歌

今日も、出席した大会の最後にアトラクションがありました。
難しいお話しの合間に優しい曲や歌を聞くと、
楽しくてほっとした気分になるのは、私だけではないと思います。

宝塚歌劇団OGの方によるレビューでした。
明日香都さんと《炎樹》のコラボレーション。
《炎樹》というのは、レビュージャパネスク浪漫。
新しい日本舞踊ショーということで、初めて拝見しました。
白川亜紀さん
五月梨世さん
千種まみさん
北條つぐみさん

楽屋にご挨拶に伺い、お写真をご一緒して頂きました。

ポートピア

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク


posted by 中島かおり at 22:08 | かおり通信

野山獄

幕末、吉田松陰は海外渡航に失敗した後に野山獄に投ぜられています。
その従者金子重之助(重輔)は岩倉獄に入れられています。
野山獄は上牢として士分の者の収容を、
岩倉獄は下牢として庶民を収容したものです。

すなわち、身分制度による差別のある時代でした。

『獄〈ひとや〉に咲く花』
という映画を見ました。

吉田松陰と言う人の、短い生涯そのものというよりは、
情緒的な部分にスポットがあたっているような感がありましたが、
理想にむけたがむしゃらな部分は、
いつの時代にも共通するものがあります。
「リーダーは常に、部下にパッションを示す必要がある」
そのようなお話を少し前に聞いたことが心に残っていました。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク




posted by 中島かおり at 00:28 | かおり通信
hp-banner2.jpg