blog_notice_20190702.png

2010年04月28日

台湾にやってきました

台湾にて

もっと暑いかと思いましたが、それほどでもありません。
空港からホテルに行く途中、忠烈祠、
日本の靖国神社にあたるところにも寄りました。
明日は、原発関係の視察にも行く予定です。
20時から全体のミーティングがあり、
明日は7時に出発ということで、ハードスケジュールです。


芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク


posted by 中島かおり at 20:39 | かおり通信

APGN2010

Asia Pacific Greens Network
アジア太平洋の「みどり」会議

http://apgn2010.org/

この会議に参加のため、台湾に出かけます。
国際会議も含めて初めての経験です。
「地球温暖化防止」をテーマにしたセッションなど
どのよう会議になるのか楽しみです。

でも、言葉が少し不安ですが…
またご報告させて頂きます。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 00:40 | かおり通信

地方行財政検討会議―議会のあり方について―

平成22年4月16日(金)10:00〜12:00
地方行財政検討会議 第一分科会(第2回)開かれています。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/chihou_zaisei/28345.html
(総務省HPより)

議会のあり方について、案が示されています。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000063690.pdf


今地方で何が起っているのか。
二元代表制が上手く機能していないというのは、
しくみそのものに問題があるのかどうか。
そこにメスをいれるのであれば、憲法をかえなくてはなりません。

憲法
第93条 地方公共団体には、法律の定めるところにより、
その議事機関として議会を設置する。
2 地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、
その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。


国と地方との関係も含めて、地方のあり方が変わろうとしています。
あるいはかえられようとしているのかもしれません。
そのことは、誰が決めていくのか。
当事者である、地方は、地方議会は、地方議会議員は、
ものを申さなくてよいのか。
私たちのまちの中においても勿論議論して、
そのことを、声を届けなくてよいのか。
今日集会所トークに参加している中で、
沸々とそのような思いにとらわれました。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク



posted by 中島かおり at 00:04 | かおり通信
hp-banner2.jpg