blog_notice_20190702.png

2010年05月16日

デフォルトリスク

自治体はつぶれない。
お金がないから、あるいは、
首長さんがどうしてもしたい事業があるからといって、
何でもかんでも借金をすることは許されませんが、
それは「課税権」を担保にお金を貸してもらえるからです。
では、「国」はどうなのか。
世界のマーケットに舞台を移せば、
必ず無事であるとばかりはいえないのかもしれません。

地方分権、今の政権では「地域主権」という言葉で表現されますが、
「地域主権戦略大綱(仮称)」によって
自治体への義務付け・枠付けの見直しや
一括交付金化がこの夏には一定のかたちになるということが、
原口プランの中で示され、もう目の前だというのに、
「ざわざわ感」や「焦り」といったものが
いまひとつあちらこちらに渦巻いているという実感が
あまりありません。
このような状態でよいのか、と、一地方議会議員としては
思うところですが、
物事は動く時にはあっという間に動くものなのでしょうか。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク




posted by 中島かおり at 21:38 | かおり通信
hp-banner2.jpg