blog_notice_20190702.png

2010年07月29日

国の情報公開見直し案

政府の行政透明化検討チーム(座長・蓮舫行政刷新担当相)
が検討している国の情報公開制度見直し案の全容について

公開請求や訴訟を従来よりも簡単にできるようにし、
公益法人のうち国が法令に基づいて検査や資格付与などを委託する
「政府周辺法人」も新たに制度の対象とするよう求めています。

見直し案は、冒頭で「国民の政府への信頼を回復するため、
行政の透明化が必要」と指摘。
行政機関などが非公開とした文書について
首相が公開を指示できる新制度の導入を求め、
30日の会合で決定。
秋の臨時国会での法改正を目指すとのことです。

請求を受けて開示か不開示を決定する期限については、
現行30日から14日に短縮し、
1件300円の開示手数料は原則無料とする。
情報公開訴訟は、
提訴先の地裁を全国8カ所の高裁所在地に限定する現行制度を見直し、
全国で提訴可能にするという内容になっています。

共同通信より。

請求や訴訟が簡単になることは、よいことだと思われませんか耳

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク







posted by 中島かおり at 19:52 | かおり通信
hp-banner2.jpg