blog_notice_20190702.png

2010年08月16日

交付税及び譲与税配付金特別会計

http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/tokkai2207/tokkai2207_06.pdf
(財務省HPより)


特別会計は、国が特定の事業を行う場合や
特定の資金を運用する場合などに設けられています。

特別会計のはなし

http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/tokkai2207.htm


交付税及び譲与税配付金特別会計は、
昭和29 年に国税の一定割合を一定の基準に基づき
地方公共団体に交付するため地方交付税及び地方譲与税制度が
創設されたことに伴い、設置された特別会計です。
また、昭和58 年度より、
それまで一般会計にて行われていた交通安全対策特別交付金
及びその原資である反則金収入に関する経理も、当分の間、
本特別会計において行われることとされているため、
何となくの違和感がありますが、
同じ会計で処理されています。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク





posted by 中島かおり at 22:00 | かおり通信

傍聴・参加が可能な審議会等の会議一覧

厚生労働省は、

傍聴・参加が可能な審議会等の会議一覧

を公開しています。

http://www.mhlw.go.jp/topics/event/open_doors.html
(厚生労働省HPより)

国民参加の場として、傍聴・参加が可能ということは、
公開しているということです。
中島かおりは、国会の委員会は傍聴の経験がありますが、
国の審議会等の傍聴は経験がありません。
近ければ行ってみたいと思うことはありますが、
なかなかその機会に恵まれません。

会議を公開するとはどういうことか。
堂々巡りで考え込むことがあります。

芦屋市議会における委員会の傍聴はとても誇れることだと
実は思っています。
他の自治体に傍聴に行かせて頂くことがありますが、
待たされて、その間、委員長が委員に
○○町の○○さん、傍聴を許可してもよろしいでしょうか?
というようなことを、諮っていることがあります。
芦屋市議会の委員会において、傍聴の可否を諮られることはなく、
始まる前から座っていることも可能ですし、
途中から入ることも問題ありません。

傍聴する側もルールは守らなければなりませんが、
異議あり、となれば、傍聴は認められないのでしょうか?
公開を決めているのであれば、ルール順守とともにそれで十分ではないでしょうか。
本市の附属機関等の会議においても、このような経験を
させられることがあります。
芦屋市議会の委員会の傍聴のような計らいにしてもらいたいと、
いつも思います。


http://www.city.ashiya.lg.jp/~reiki_int/reiki_honbun/an70008761.html

http://www.city.ashiya.lg.jp/bunsho/shishin.html
(芦屋市HPより)

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク












posted by 中島かおり at 20:28 | かおり通信
hp-banner2.jpg