blog_notice_20190702.png

2010年09月16日

一般質問を終えて

清く 正しく 美しく

宝塚歌劇団や阪急の創始者でもある小林一三先生の教えです。

そして、中島かおりの政治信条としていることでもあります。

このことを実践することは難しいなあ、と
一般質問の日程が組まれている本会議においては、特に感じるところです。

posted by 中島かおり at 17:53 | かおり通信

健全化判断比率及び資金不足比率の報告について

地方公共団体の財政の健全化に関する法律
いわゆる 健全化法により
健全化判断比率及び資金不足比率について、
昨日ですが報告がありました。


第三条 
地方公共団体の長は、毎年度、前年度の決算の提出を受けた後、
速やかに、実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率及び
将来負担比率(以下「健全化判断比率」という。)並びに
その算定の基礎となる事項を記載した書類を監査委員の審査にし、
その意見を付けて当該健全化判断比率を議会に報告し、かつ、
当該健全化判断比率を公表しなければならない。

第二十二条 
公営企業を経営する地方公共団体の長は、毎年度、
当該公営企業の前年度の決算の提出を受けた後、
速やかに、資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した
書類を監査委員の審査に付し、その意見を付けて
当該資金不足比率を議会に報告し、かつ、当該資金不足比率を
公表しなければならない。

健全化21年度

実質赤字比率なし
連結実質赤字比率なし
実質公債費比率 17.9%
将来負担比率 190.8%

実質公債費比率ですが、0.1とはいえ18%を下回りました
ひとまずはよかった、と考えられるでしょうか。

本市における報告は、本会議場における机上配布によります。
決算特別委員会において質問しようとして
委員会で待ったがかかったことを、先日ある人から言われて
思い出しました。
法律ができて初めてのことでもありましたが、
この指標は決算そのものです。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク






posted by 中島かおり at 17:39 | かおり通信
hp-banner2.jpg