中島かおりのこだわり

2010年12月31日

駅にて想ふ

4年前、「議員へチャレンジ!」と一大決心をしました。
その時から、多くの方に励まされ支えて頂いてここまでくることができました。
中島かおり
という名前と写真を含めてアピールする。
議員とはその様な仕事でもあるわけですが、
今でも、駅で議会報告をする時に、何とも恥ずかしい気に少しはなるものです。

その頃に買い求めたコートを結局、冬になると今も身につけています。
宝塚歌劇の舞台にたっていた頃、
場面と場面でお衣装を着替える時間が短くて
早替わりをする時、
早替わり用の鏡や髪の毛を直すためのくしなどを
「同志」のように感じていたものでした。
このコートも少し古くなりましたが、
ともに戦ってきた同志のように、4年間愛用してきてしまいました。

2010年のテーマ 優雅なる幸福な距離
として
人との関わり方をこの一年間のテーマにしました。

人との関わりは非常に難しいものです。
この部分ではまだまだ経験不足を痛感する日々であり、
議員という肩書故に、まったく意図していない自分
あるいは、私自身が知っている中島かおりではない
勝手につくられた中島かおり―良い意味でも悪い意味でも―
も、他の人の一部に存在することに困惑することもありました。

足を引っ張る人もいれば、暖かい手を差し出して下さる人もいる。

まちが、社会がよくなるように
誠実に前向きに、これからも頑張っていきたいと思います。

今年一年、お世話になりました。

どうぞよいお年をお迎え下さい。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 11:16| かおり通信