blog_notice_20190702.png

2010年12月10日

平成22年度芦屋市一般会計補正予算(第4号)

一般会計補正予算(第4号)

http://www.city.ashiya.lg.jp/bunsho/gian/documents/2212_106.pdf

中日提案による追加議案の審査がありました。

子宮けいがん等のワクチン接種について、
県からの交付金というかたちになっていますが、
国の補正予算をうけて、今回の芦屋市の補正予算が組まれました。

来年2月から、23年度末まで実施予定。
集団接種ではなく、今は個別接種となっており、
対象者の85%位の見込みをたてていること。
対象は、
子宮けいがんについては、中学1年生から高校1年生
ヒブワクチンについては、0才から4才
肺炎球菌についても同じく 0才から4才
24年度からについては、財源が不明だが、定期接種になる方向で議論されていること。

ところで、国の補正予算に地方交付税交付金の増額も盛り込まれています。
それによって、基準財政需要額の再算定が行われています。
どれだけ増額になるのか、まだ不明であるとのことでした。

東京都はさすがに早いです。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/KEIKAKU/2010/12/70kc7100.htm
(東京都HPより)

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 19:17 | かおり通信
hp-banner2.jpg