blog_notice_20190702.png

2011年01月03日

『サクセス』

鉄屑はロマン

増井重紀著

牧歌舎

ペン人類が鉄器を発明した。まず鉄を発見して、それで鉄器を作った。
そして、人類が最初に使った鉄片の一部は、
今でも我々が今日使っている鉄の一部になって残っている。
鉄は一度この世に産声を上げたら、永久にこの地球上から、
宇宙から消え去ることはない。
鉄は鉄として存在し続ける。際限なく再生、リサイクリングされる。
鉄屑として何度となく回収され、何百回も国際結婚を続ける。

原始時代に使われた矢の先につけられた鉄片、アレキサンダー大王がギリシャ征圧に使った剣も、
十字軍の東方遠征の鎧も、鎌倉時代、源義経の刀も弁慶のなぎなたも、
その後の正宗の名刀の破片、あなたのお宅で使い捨てられた鍋、
あなたが乗った自転車…すべては回収されリサイクリングされて、
新しい鉄になり、
今度は火星探査のロケットの一部になって宇宙の旅に出るのだ。
鉄は永遠に生存し続ける。消えてなくなることはない。ペン

神戸大学卒業後、住友商事に就職。
赴任先で米国有数の鉄屑会社へヘッドハンティングされ、大成功された増井氏の物語です。

頑張っている人からは言うまでもなく、元気と勇気を頂きますが、
上記のように鉄とロマンの相関関係に、違った意味でのロマンを感じます。

理想を夢見て政治の世界に入り、あまりの現実に
政治にロマンを感じることができない一年生議員ではありますが…。

ロマンを感じながら、本もゆっくり読みたいものです。

201101031356001 (2).jpg

ところで、今日は身内で新年の会食レストラン喫茶店
甘いものを食べない伯父の分、デザートを二人分おいしく頂きましたわーい(嬉しい顔)

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 18:28 | かおり通信
hp-banner2.jpg