blog_notice_20190702.png

2011年07月03日

門真市事業仕分け

昨年は2会場で行われていましたが、
今年は1会場で6事業

国民健康保険優良家庭表彰事業
生ごみ処理機器購入補助事業
駅前公園緑地管理委託事業
児童生徒支援事業(消耗品費(防犯ブザー))
青少年相談事業
歴史資料館運営事業

について仕分け作業が行われます。

コーディネーター
荒井英明氏 厚木市こども未来部こども育成課長

事業仕分け人
伊藤伸氏  構想日本政策担当ディレクター 内閣府行政刷新会議事務局参事官

土居丈朗氏 慶應義塾大学経済学部教授

山内敬氏  元高島市副市長

喜治賢次氏 有限会社喜治プロジェクトH&M代表取締役

川勝健志氏 京都府立大学公共政策学部准教授

佐野亘氏  京都大学大学院人間・環境学研究科准教授

何人か知っている方にもお目にかかりましたが、
小学4年生の女の子とお隣になりました。
門真市の事業仕分けは、市民判定員(25名)の方も加わっておられますが、
その子の父親が判定員になられているということでした。

仕分け人の方々のトーンって、どのようなものなのでしょうか。
事前の予習は欠かせないにしても
30分で、例えば何十年も続いた事業の全てを見極めることなど無理なことだろうな、
と思う次第です。

IMG_5062.JPG

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク




posted by 中島かおり at 21:43 | かおり通信
hp-banner2.jpg