おかげさまでこの度、兵庫県議会議員に当選をさせていただきました。ありがとうございました。
任期は6月からとなりますが、引き続きどうぞよろしくお願いします。尚、立候補と同時に自動失職となっておりますので、芦屋市議会議員は前芦屋市議会議員とよみかえていただきますように、よろしくお願いします。

2011年09月30日

千秋楽黒ハート

決算特別委員会、三日目が無事に終わりました。

土木費

下水道事業

都市再開発事業

駐車場事業

災害復旧費

教育費

そして討論。

予想に反して、昨日よりは早く終わりました。

終わると、こみ上げてくるものがあるのは、これまでと同じです。
2年生になっても肩に力が入りすぎですねふらふら

現場の方々は淡々とこなしていかれるのでしょうね。

でも全ての自治体において、この時期同じように行われていることなのだと思うと
感慨深いものがあります。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 22:43 | かおり通信

2011年09月29日

決算特別委員会二日目

昨日に続いて、決算特別委員会二日目です。


一般会計は、民生費、労働費、農林水産業費、商工費、衛生費、
特別会計は、介護保険、、国民健康保険事業、老人保健医療事業、後期高齢者医療事業 など。

今日は少し遅くまで審議が続きました。

明日は、土木費からです。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 21:32 | かおり通信

2011年09月28日

決算特別委員会が始まりました

芦屋市議会における決算審査は、
特別委員会形式で3日間集中して行われます。

初日の今日は、議会費、総務費、消防費など。

中島かおりにとっては、3回目の決算特別委員ですが、
これまでのトラウマと緊張で、
トップバッター、開口一番、非常に焦った質疑となってしまいました。
落ち着いても大丈夫そうですふらふら

明日は、民生費から始まります。

10時から、南館4階大会議室にて。

傍聴はどなたでもできます。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 20:08 | かおり通信

委員長報告について

少数意見の担保も兼ねていることもあり、
芦屋市議会における委員長報告は丁寧です。

他の議会傍聴に行くと、色々な違いがわかります。
勿論、自治体の大きさにもよるところですが、
委員長報告の質疑を受ける間、
理事者の皆さまが座られているひな壇側にに、
議員といえども委員長は座るというところもあります。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 00:08 | かおり通信

2011年09月27日

本会議でした

いつもの流れでいきますと、
今日の本会議は最終日となるところですが、
この9月議会は、決算審査があります。
最終日は、来週10月6日となります。

たまには、委員長報告などペン


民生文教常任委員会からご報告申し上げます。

本委員会は去る9月8日に開催され、
付託されておりました3つの案件について審査を行いましたので、
その概要と結果を順次ご報告申し上げます。

最初に、第47号議案 
芦屋市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例の制定について、申し上げます。

当局の補足説明によりますと、スポーツ基本法の施行に伴い関係条文を整理するため、
条例を制定するもの。スポーツ基本法は、前身であるスポーツ振興法制定から50年が経過しており、
時代に適合した法の整備を目的に全面改正されたことを受け、
この法に基づき制定されている芦屋市スポーツ審議会条例を
芦屋市スポーツ推進審議会条例と改めるものであること。
都道府県に審議会の設置義務があったものがなくなり、本市においても、
より幅広くスポーツの推進に携わることができる委員の任命を可能とするため、
教育委員会が適当と認めるもの、を加えていること。
その他規定の整理をしているものであるとの説明を頂きました。

法改正における、振興と推進の根本的な違いについての質疑には、
新たに「スポーツをする権利」が組み込まれたこと、
国と地方公共団体の責務が明らかになったこと、
これまでの振興という表現からより積極的に進めていくよう推進に変更されたとの答弁がありました。
スポーツ振興基本計画についての質疑には、
現在の計画でも新法の意図が含まれているが、
国や県から今後新しく方針、方向性が示されれば,計画への反映を検討すること。
また、審議会委員に教育委員会が適当と認めるもの、としているが、
市民の参画について、公募も考えていくとの答弁がありました。

審議会委員構成につきましては、
総合的に全体を見渡す行政機関の直接的な職員が議論に加わることが必要である
との意見がでました。
学校施設の利用、夜間開放については、
教育委員会内部での協議を重ね、可能なところから実施していくとの答弁がありました。
審議会委員の報酬についての規定が他の条例と重なる部分が報酬改定の際に放置されることについて、
整理のための条例改正を含め、
分かりやすくすることについて研究や検討をするようにとの指摘がありました。

また、条例改正という手続きではなく、
一旦条例を廃止して新たな条例制定という手続きができるのかどうか、
との質疑については、今回は、スポーツ振興審議会条例という、
審議会に特化した名称に影響しているものであるために、
文言の訂正を中心とした条例改正となったとの答弁がありました。

第47号議案に関しましては、全員異議なく、原案の通り、可決すべきものと決しました。

次に、第45号議案 
障がい者制度改革推進本部等における検討を踏まえて障害保健福祉施策を見直すまでの間において
障害者等の地域生活を支援するための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う
関係条例の整理に関する条例の制定について 
申し上げます。

当局の補足説明によりますと、
現在、国において「障害者自立支援法」にかわる、
「障害者総合福祉法(仮称)」の制定に向けて検討される中で、
障害保健福祉の施策全体を見直すまでの間、障害者等の地域における生活を支援するために、
関係法律の整備に関する法律が、昨年12月に制定されたことによりまして
「障害者自立支援法」をはじめとする6つの法律が改正されましたので、
その法律を引用しており、本市の条例を整理するため、この条例を制定しようとするものである、
との説明を頂きました。

みどり地域生活支援センターに関する質疑には、
今年度22名の利用対象者があり、一日平均13〜14名の利用があるとの答弁がありました。

また、別の委員からの、本案条例の名称が長すぎるとの指摘については、
法律の制定に伴う関係条例を整理する場合は、法律名を引用することが一般的であるため、
このようになったとの答弁がありました。

利用者負担の規定の見直しについては、応能負担が原則になったこと、
実質的に利用者負担額は変わらないこと、1割の負担が政令で定める上限額より超える場合は、
実質的に低い額になることの答弁がありました。

重度の視覚障がい者の移動を支援するサービス特別給付についての質疑には、
地域生活支援事業という国の補助事業から、国の負担金による介護給付費の対象事業になったが、
実質的な変化はないとの答弁がありました。説明義務違反で国家賠償という訴訟になった例もあり、
チェック表なども含めて利用者への説明を工夫するようにとの指摘がありました。

第45号議案に関しましては、全員異議なく、原案の通り、可決すべきものと決しました。

最後は、第51号議案 
平成23年度芦屋市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について、申し上げます。

当局の補足説明は、次の通りです。
今回の補正は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,163万5千円を追加し、
補正後の予算総額を、68億4,163万5千円とするものです。

歳出につきましては、基金積立金では、介護給付費準備基金積立金の追加は、
平成22年度決算による歳計剰余金の2分の1に相当する額を積み立てるものです。

諸支出金では、償還金の追加は、介護給付費の確定に伴う国の交付金、兵庫県の交付金、
介護給付費支払基金交付金を翌年度精算金として償還するものです。

歳入につきましては、国庫支出金の介護給付費負担金の追加、
支払基金交付金の地域支援事業支援交付金の追加、
県支出金の介護給付費負担金の追加は、平成22年度事業の翌年度精算分として交付されるものです。
繰入金、介護給付費準備基金繰入金の追加は、
前年度精算による償還金が追加交付される金額よりも多いことから、
条例に基づく前年度歳計剰余金の基金への積み立て後に残る剰余金を充ててなお不足する金額を基金の取り崩しで対応するものです。
繰越金の追加は、介護保険事業特別会計の決算による前年度歳計剰余金を計上するものです。

準備基金の取り崩しについての質疑には、県、国の費用負担、2号被保険者からの保険料について、
3年の中で対応すべきであること。
給付費そのものに係る経費は増加していく中で、平均値で求められた保険料について、
初年度は残る分を準備基金に積み立て、3年目の最終年度になり不足する分は、
積み立てていたものを取り崩す、ということになるとの答弁がありました。

また別の委員からは、基金の現状と保険料について質疑があり、
平成23年5月末、1億8,300万円の積立額が1億8,500万円になり、
6,800万円を取り崩し、平成24年度5月末には1億1,700万円になる予定であること。
この基金によって介護保険料の上昇を抑える考えを持っている、との答弁がありました。

第51号議案に関しましては、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

以上で、民生文教常任委員長報告を終わります。

よろしくお願いいたします。


いよいよ明日から三日間、決算本番です。頑張ります!

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 19:19 | かおり通信

2011年09月26日

かけっこ教室

放課後、精道小学校にて。

小学生対象体力づくり事業

目的は
芦屋市内の児童体力づくり。
小学校でスポーツを通し、親子、地域の方と触れ合うきっかけづくり。
ということです。

IMG_5305.JPG

もっと沢山の(大人の)方がいらしているのかと思っていましたが…。

交通安全ポスター展

芦屋市役所南館1階にて。

IMG_5303.JPG

力作ぞろいです手(チョキ)

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 21:37 | かおり通信

2011年09月25日

わがまちクリーン作戦

よいお天気に恵まれました。
しばらく雨で中止になることが多かったので、
はりきられた方も多かったのではないでしょうかわーい(嬉しい顔)

芦屋をもっともっと綺麗なまちにしていきたいですね。


今日は、その後、マンションの理事会総会、続いて消防訓練など。

明日は、議会運営委員会です。

決算特別委員会が近づいてきます…ふらふら

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 20:00 | かおり通信

2011年09月24日

9月24日(土)徒然なるままに

光より早いものはない
と言われていますが、
ニュートリノは、光よりも早い
との実験結果が示されたとか。
今後どのようことになっていくのでしょうか。

神戸の市民病院、
正式には
神戸市立医療センター中央市民病院
に行く機会がありました。
自然エネルギーの利用など、新しい病院ならではの取り組みもされておられるようですが、
圧倒されることばかりでした。

ホームページを拝見すると、
7月4日移転しました

http://chuo.kcho.jp/
(神戸市立医療センター中央市民病院HPより)

納得しました。


モダンダンスの重鎮
と言われていました
アキコ・カンダ先生がお亡くなりになられました。
宝塚歌劇の初舞台の踏んで、研一の間は
レオタードに名札をつけてレッスンを受けていたように記憶をしています。

普段はとてもやさしくていらっしゃるのに、
振り付けとなると、とても厳しくていらっしゃいました。
全ては作品をよくするために。

とても寂しく感じます。ご冥福をお祈りいたします。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 19:51 | かおり通信

2011年09月23日

お彼岸です

午後、出先で雨に降られました。

空は明るかったので、すぐやむのかと思いきや、
本格的に降ってきて、一時、土砂降りになりました。

急な雨には、昨今の台風のこともあり、恐ろしさを感じるほどです。


「暑さ寒さも彼岸まで」とも言いますが、
秋をしっかり感じることができる季節となりましたー(長音記号2)

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 23:09 | かおり通信

2011年09月21日

9月21日(水)徒然なるままに

台風15号による影響が心配されます。

首都圏では交通機関にもかなり影響が出ているようです。

皆さま、くれぐれもお気をつけ下さい。



ところで、委員長報告も完成し、委員会視察の準備も進め、
来週水曜日からの22年度決算審査に集中しています。
芦屋市議会においては、決算は特別委員会が三日間にわたって開かれます。
決算特別委員会の委員が三日間、全ての決算を審査します。
全議員がどのように決算にかかわっていくのか。
決算のありかたについても、議論をしていかなくてはならないと思っています。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 19:38 | かおり通信
hpbanner.jpg