blog_notice_20190702.png

2011年10月19日

北広島市

図書館フィールドネットについて
学校図書室との連携について

北広島市図書館 館長 新谷良文さん
館長さんは、文化課長さんでもいらっしゃいます。

IMG_5459.JPG

第32回読書まつり
が行われていました。

IMG_5456.JPG

10年超が経過して学校図書館との連携は今でこそ評価されつつあるが、
当時はまったく評価されていなかったということです。
学校側での図書の管理などが課題でもあり、
豆次郎
という児童図書学級巡回事業があります。

また、学校図書センターが設置されています。
学校図書館における資料購入の迅速化やIT技術の導入による資料管理の合理化など
必須の基盤整備事業であると考えて、センター方式による統一的な整備事業を行っています。

各学校図書館による予算配分
選書の参考となるカタログなどを配布
図書の発注(学校からの依頼による)
受入とデータ化
など。

図書室の蔵書が完全にデータ化されており、職員室の端末からは、
市内全校の図書室の蔵書と図書館の蔵書が検索できます。
平成21年には、図書館・学校図書館間のネットワークシステム化が完了しています。

図書館内にあります。

IMG_5453.JPG

北広島市図書館には、ボランティアの方々が欠かせないそうです。
30人程が登録されています。

駅前に図書館がありますが、同じ建物内に文化ホールがあります。
そちらのホールも見せて頂きました。

IMG_5455.JPG IMG_5454.JPG

視察のご案内を頂きました
議会事務局 次長 柏木聡さんが、以前こちらの担当でいらっしゃったということで
色々なお話も聞かせて頂くことができました。
企画や、ホールの運営スタッフなど、こちらもボランティアの方々が活躍されています。


公共施設でどう子ども達を育てるのか。
そのような課題をも秘めながら、ホールでの企画運営をされています。
幸運にも舞台の上にまでお邪魔をさせて頂きました。
無理を快くきいて頂き、感謝しています。

図書館の入口で、除菌ボックスなるものを見つけました。

IMG_5457.JPG IMG_5460.JPG

札幌のベッドタウンとしての人口増加も、ここ数年は伸び悩み、
少子高齢化は避けられない状況です。
そのため、高齢者の見守りという意味も含めて
フィールドネットと連携した高齢者への図書宅配事業を
25年度を目途に高齢者支援課との連携で検討されています。

館長さんのお話の中に、「人」ということがよくでてきました。
どんなに予算があっても、また反対に予算がなくても
最後は人なのだな、と地方自治の現場について、いつも感じるところを
今回も実感いたしました。

前日の白老町さんも北広島市さんもですが、
事業を立ち上げて直接進めてこられた方々からのお話を聞かせて頂けることは
幸運な視察であったと、改めて思うところです。

出会った全ての皆様に、感謝して、私たちも頑張ってまいります。

ありがとうございました。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 13:51 | かおり通信
hp-banner2.jpg