blog_notice_20190702.png

2011年10月20日

地方議会におけるニュースなど

他の地方議会におけるニュースなどペン
地方議会のあり方の大きな骨組みは法律や規則等で決まっていますが、
実際のことになると、各議会によって違いがあります。
慣例あるいは申し合わせによって決められていることが多いのではないか、と思われます。

地方議会で議長の不信任決議が可決?!
行財政改革の対象に議会費が?!

どちらもともに、目を引くニュースでしたので、紹介させて頂きます。

ただ、事業仕分けについては全事業を仕分けするのは困難であり、
対象事業をどのように選ぶのか、という段階からきっちりみる必要はありそうです。
しかしながら、議会を聖域としないことについて中島かおりは賛成の立場をとった上で、
「これだけ仕事をしている」「そのためにはこれだけの予算が必要」「これだけ成果をあげている」
という住民への説明責任を果たす努力をしていくことが必要です。
そのような議論を重ねる中で、
地方分権時代の地方議会のあり方、わがまちの議会のあり方、議員のあり方などが
きっちりしっかり見えてくるはずです。
その上で、議会自らが己を律していく。
理想かもしれませんが・・・。

☆都議会初 議長の不信任決議案が可決
長文ですが、途中略することなく載せています。
(2011年10月18日 Tokyo MXニュースより)

都議会の最終日午後1時から本会議が開かれ、
和田議長に対する不信任決議案が賛成多数で可決されました。
可決は都議会史上初めてです。

都議会は和田議長の続投を望む最大会派の民主党と、
慣例通り2年区切りでの交代を主張する自民・公明が真っ向から対立し、
妥協策がないまま会期が11日間延長されていました。
議長不信任決議案を出した自民党は「断腸の思いで不信任案を提出した」とし、
鈴木隆道都議(自民)は「我欲によってその職に固執し、
議会運営委員会を開催するよう促すこともなく議会運営を遅滞させた責任は極めて重い」
と主張しました。
一方、民主党は「これまでの議長2年交代は自民党の党内事情」だとした上で、
吉田康一郎都議(民主)が「慣例を守れというのであれば他会派の人選には口を挿し挟まない
という議会の常識をこそ守るべきだ」と反論しました。
共産党と生活者ネットも決議案に反対しましたが、起立採決の結果、賛成多数で不信任案が可決されました。
しかしこの議決には拘束力がないため、今後、民主党の出方が注目されます。

都議会での不信任決議案が上程されたのは都政史上2回目で、可決は初めてです。
会期延長も9年ぶりということで、議長のいすをめぐって異例ずくめの議会となってしまいました。こじれた理由としては自民・公明両党は和田議長の指導力不足を指摘するほか、
和田議長以外の(民主党の中でも)自分たち=自民・公明寄りの議長に出てほしい
という思惑もあったようです。一方、民主党内では、議決に拘束力がないため
和田議長の続投を支持するというのが主流の考えのようです。

議会ではこの他、2020年のオリンピック招致を推進する決議案が可決され、
2年前に民主党の主張で設置された新銀行東京と、築地市場移転を扱う2つの特別委員会は
廃止が決まりました。

この都議会史上初の議長不信任決議案の可決という事態について中央大学の佐々木信夫教授(行政学)は

「都民には全く理解されない『大儀無き不信任議決』だ。
都議会というコップの中での争いで、全く社会性のない税金の無駄遣いの最たるもの。
都議会はただちに会見を開き、空転を続けた上に
史上初のこうした事態に至った理由をまず社会に対して明確にすべきだ」

「今、各地では議会の在り方が問題視され地方議会の存在自体が問われる中、
議長は4年間代えないで頑張ろうという自治体が増えている。
にもかかわらず、都議会は40年間続けてきた『議長2年交代』という慣例を貫こうとしている。
一体、都議会の守ろうとするものは何なのか、自らの名誉なのか。
首都である東京は何でも一番だと胸を張るが、もはや世間の感覚と大きくずれた都議会の行動は
むしろワーストワンに近いのではないか。五輪招致問題など重要案件も審議せずに
権力闘争に明け暮れる“空転都議会”自身、ただちに解散して出直した方がいいのではないか」

と指摘しています。


☆政務調査費「廃止」の判定 函館市「事業仕分け」第2弾開始
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/soumu/gyokaku/shiwake/index.html

http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/soumu/gyokaku/shiwake/data/2-3-3kekka.pdf
(函館市HPより)

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 12:31 | かおり通信
hp-banner2.jpg