blog_notice_20190702.png

2011年11月04日

義経伝説

小野市樫山町に伝わる「義経伝説」とは。

1184年三草合戦で勝利した源義経は、
小野市樫山町を通って神戸市の一ノ谷に向かいました。
途中、空腹に耐えかねた義経一行は、樫山町のおばあさんから
「はったい粉」を受け取りました。
さっそくお湯で練って食べると、
「こんなうまい粉は食べたことがない。これからはV粉喰(国井)Vと名乗るがよい」
と義経は言い、このおばあさんはの家は「粉喰(国井)」という苗字を名乗ったということです。
また、一ノ谷合戦で義経が勝利を収めたのは、はったい粉のお陰といわれているそうです。

この伝説を伝えていこうと作られたのが、
はったい粉菓子だそうです。

IMG_5568.jpg

ここのところ委員会、視察、行事なども多く、じっくり腰を落ち着けて仕事ができなかったので
ゆっくりとこのお菓子を頂きながら、きっちり仕事をする時間を見つけたいと思います。

このお菓子をご紹介頂いた方々との素敵なご縁も大切にしていきたいと思います。
芦屋のまちをよくするために、
このまちがよくなるために、
「つながり」は大事です。
その中で気付くこと、助けられることなどなど。
ひとりだけでは生きていけないのと同じように、
まちも「お互いさま」のつながりの中で、よりよく生きていくことができるのですねぴかぴか(新しい)

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 11:25 | かおり通信
hp-banner2.jpg