blog_notice_20190702.png

2012年12月29日

同期生

ドキュメンタリー同期生

「亡き友を胸に〜宝塚歌劇団 67期生〜」


このような番組を見ました。

宝塚歌劇団の時の同期が「かけがえのない存在である」
というのは皆さん同じなのだな、と。

私たちにとっては、
この67期の方は、
「新公(新人公演)の長の学年の方」
というイメージがとても強いです。
(新公の長の方というのは業界用語かもしれません…)

中島かおりが入団した時、黒木瞳さんはすでに退団されておられましたが、
初舞台が終わって月組に配属され時、
涼風真世さんは正に新人公演の長の方でもありました。

その同期の方の中で、北原遥子さんという方がおられました。
日航機墜落事故で24歳という若さで命を落とされた方です。
海星(神戸海星女子学院)の制服を着ていた頃、
阪急電車で一度お見かけをしたことがあります。
何てきれいな人なのだろう、と強く思ったことを記憶しています。

そのようなことも交えながらの30分と短い番組でしたが
色々なことを考えさせられました。

人との出会い
という意味も含めて
大切にしていきたいし、していかなくてはならない、と改めて感じました。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 20:47 | かおり通信
hp-banner2.jpg