おかげさまでこの度、兵庫県議会議員に当選をさせていただきました。ありがとうございました。
任期は6月からとなりますが、引き続きどうぞよろしくお願いします。尚、立候補と同時に自動失職となっておりますので、芦屋市議会議員は前芦屋市議会議員とよみかえていただきますように、よろしくお願いします。

2013年01月31日

1月31日(木)徒然なるままに

早いもので、今年も一か月が過ぎようとしています。

少し前の、ある新聞の社説に、

今年もまだ4週間が過ぎただけで、
何かを始めるにはまだまだ遅くない

というようなことが書かれていました。。

何事も捉え方であり、前向きにとらえて積極的にいきたいものです。

といっても、なかなか難しく、時には折れそうになることもあるというのが
人間というものです。

政務調査費 もう少しすると 政務活動費 となりますが
そのマニュアルをつくるために協議をしている過程ですが
考え方もまちまちで、スピーディーには進みません。

来週の議会改革特別委員会では、その続きを協議することになります。

但し、当事者である議員が決めていることにもし限界があるとしたら
外部からの目によって決めるということもひとつの方法かもしれません。
しかし、あまり耳にしたことがありません。
時間がかかったとしても議論をつくして先に進めていくしかないのだ、と。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 21:10 | かおり通信

2013年01月29日

平成25年度地方財政対策について

新年度予算について、本日閣議決定されたとのニュース。

生活保護費が削られる一方、
公共事業関係経費は増額とのこと。

昨日のブログで少し触れた公務員の給与関係経費については、
昨日の日付で

地方公務員の給与改定に関する取扱い等についての総務大臣通知及び大臣書簡

として、お知らせが出ています。

議長宛 ということにもなっていますので、
何れ芦屋市議会にも通知があるかもしれません。
今日の段階ではまだ来ていない、とのことでした。

地方財政対策
については、朝HPを拝見した時にはまだ見つけることができなかったように思いましたが、
本日の日付ですでに総務省のHPに掲載されています。
国はやることが素早いです。


平成25 年度の地方財政対策について

@ 地方財政計画の規模 81兆9,100億円程度 (前年度比+500億円程度、+0.1%程度)

A 地方一般歳出 66兆4,200億円程度 (前年度比▲400億円程度、▲0.1%程度)

B 一般財源総額 59兆7,526億円 (前年度比+1,285億円、+0.2%)
・水準超経費除き 59兆 26億円 ( 同 +285億円、+0.0%)

C 地方交付税の総額 17兆 624億円 (㉔17兆4,545億円、▲3,921億円、▲2.2%)

D 地方税及び地方譲与税 36兆3,645億円 (㉔35兆9,184億円、+4,461億円、+1.2%)

E 臨時財政対策債 6兆2,132億円 (㉔ 6兆1,333億円、+ 799億円、+1.3%)

F 財源不足額 13兆2,808億円 (㉔13兆6,846億円、▲4,038億円、▲3.0%)


地方交付税 17兆 624億円(前年度比 ▲ 3,921億円、▲ 2.2%)

@ 地方交付税の法定率分等 10 兆 7,948 億円
・国税5 税分の法定率分 11 兆2,304 億円
・国税決算精算分(R、S)等 ▲ 3,808 億 円
・交付税特別会計借入金償還額 ▲ 1,000 億 円
・交付税特別会計借入金支払利子 ▲ 1,746 億 円
・平成24 年度からの繰越金 2,199 億円

A 一般会計における加算措置等 5 兆 6,176 億円
・折半対象以外の財源不足における補塡(既往法定分等) 1 兆 231 億円
・別枠の加算(財源不足の状況を踏まえた加算) 9,900 億円
・臨時財政対策特例加算 3兆 6,045 億 円

B 地方公共団体金融機構の公庫債権金利変動準備金の活用 6,500 億 円


地方が安定的に財政運営を行うことができるよう、
一般財源総額を平成24 年度と同水準を確保
一般財源総額 59.8 兆円(前年度 59.6 兆円)

地方公務員給与費ついては
7 月から国家公務員と同様の給与削減を実施することを前提に削減


http://www.soumu.go.jp/main_content/000199082.pdf

http://www.soumu.go.jp/main_content/000199078.pdf

(総務省HPより)

地方債計画
についても、掲載されています。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000198808.pdf
(総務省HPより)

平成24 年度補正予算において創設される

地域の元気臨時交付金(地域経済活性化・雇用創出臨時交付金) 1.4 兆円

については、芦屋市においてどのようになるのでしょうか。
昨日も書きましたが、2.3月議会はもう目の前です。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 20:33 | かおり通信

2013年01月28日

来年度予算について

一般会計の総額は92兆6115億円。

地方交付税については減額。

この点については、財務大臣がかねがね言われていたことですが。

焦点になっていることのひとつに、地方公務員給与の削減
という問題があります。
国家公務員が平均7.8%の削減により、
復興財源にあてていることと単純比較して
地方側も削減すべきである、との主張により
交付税の減額もされようとしている部分があるようです。

さて、地方財政ということも含めて、
新聞等の社説などにも様々言及されています。
どのようにとらえるのがよいのでしょうか。

地方といっても自治体によって給与水準は様々であり、
自治体による自主的な決定が原則であり、
国のように一律カットということは馴染みません。
とはいえ、地方議会議員としてはどのように考えるのか。
悩ましいところですが、あまり聞こえてはきません。

国のように時限措置として捉えるのか
あるいは、議会改革の中で議員のあり方を考えた上で、
議員報酬をどのように捉えるのか。

難しく、悩ましい問題です。

年度末の予算議会は、2月に入るともう目の前です。


芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 17:15 | かおり通信

2013年01月27日

ぽっかぽかコンサート

第9回 チャリティーコンサート

『まさか、この年になって…』

ぷらざこむ1にて

主催
きよくん基金を募る会
SME(乳児重症ミオクロニーてんかん)の研究治療を進める会


今回は、高齢者のてんかんを取り上げています。

てんかんは、小児期だけではなく高齢期の方の発症率も高く

「物忘れ」や「ぼーっとなる」など、てんかん発作と思われにくい形のものが多いようです。

そしててんかんによる物忘れは、抗てんかん薬を服用することで、

症状が劇的に改善するケースが多いとされています。

宝塚の先輩である
北條つぐみさんによる、朗読などの他に
ミニコンサートとして、

ドリマミ☆ピアニカオーケストラ

「ピアニカ」を持ち寄って吹き始めて2年の「ママたち」による
鉄腕アトム、名探偵コナン、リベルタンゴなど。

トミー☆ピアニカソウル

素晴らしい演奏でした。

皆さま、お疲れさまでした♪

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 19:19 | かおり通信

2013年01月26日

芸術文化をベースとしたまちづくり

講演
京都橘大学 竹山清明氏

パネルディスカッション
司会
神戸デザイン協会 神戸一生氏
パネリスト
ギャラリー島田 島田誠氏
彫刻家 宮崎みよし氏

フランスにナント市というロアール河口に位置する人口29万人の都市があります。

造船業でかつては栄えたまちも、
造船所もつぶれ、財政的に経済的にも厳しい状況になりました。

そして、現代芸術をベースとしたまちづくりに舵をきり、
都市再生の取り組みから20年が経過し
現在も尚、様々な取り組みが行われています。

その基本姿勢

1.創作活動を文化政策の中心・原動力とする

2.市民参加の促進

3.公的支援の必要性

4.芸術家が暮らせるまちづくりを目指して

5.国際的に開かれていることの重要性

6.政策評価の必要性

7.文化遺産の活用

などとなっています。

文化施策を具体的に実行しているのが
Le Voyage a Nantes
という、180人の常勤職員で活動するNPO団体です。
2012年度の予算は約40億円。

そして、ナント市の総予算に占める文化予算の割合は
何と15%(総予算約488億円の中で約73億円)
というのには驚かされます。
因みに比較された神戸市は、1%にも満たない予算です。

まちづくり

と一口でいっても難しい。
その中で、どのような政策として実行していくのか。
それは、そのまちの住民が最終的な決定権をもつのだとするのなら
私たちはもっともっと、関わっていかなくてはなりませんね。

会場は

KIITO 旧生糸検査所
デザインクリエイティブセンター神戸

という税関の近くにある建物です。
2012年8月に新たに開館しています。

「つくることが生きること 神戸展」
東日本大震災復興支援

イベントが開かれていました。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 14:22 | かおり通信

2013年01月25日

1月25日(金)徒然なるままに

宝塚歌劇
物故者音楽慰霊祭
忘れな君・我らが想い

宝塚大劇場にて

1月25日は小林一三先生のご命日です。

最初の黙とうの時、
近い上級生の方を強く思いました。

005.jpg 008.jpg

献花は大劇場の舞台で行われました。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 22:58 | かおり通信

2013年01月24日

議会改革特別委員会

政務調査費の公布に関する条例の改正について

継続的に協議していることについて、
ようやく最終案として今日まとまりました。
議会運営委員会等の協議を経て、最終的に決まりますが、
次期定例会の初日に、この委員会として提案します。

時間が足りなかったこともあり、
今回の条例改正について、パブリックコメントなど、
市民の皆さんからのご意見を聞くことは難しいということになりました。
但し、今、マニュアルを策定しています。
使途について協議をしている段階で、今後市民の方からのご意見を聞く
という機会を設けることができればいいな、と
中島かおりは考えております。

政務調査費条例案資料.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG

5.JPG

6.JPG

7.JPG

政務調査費マニュアル

固定電話
携帯電話
などについて、引き続き協議を行いました。

次回は、2月6日(水曜日)午前10時からです。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 21:20 | かおり通信

2013年01月23日

1月17日

「1.17ひょうごメモリアルウォーク」について

580人(昨年530人)の方の参加があったということです。


「1.17芦屋市祈りと誓い」について

記帳者数1195人(昨年11194人)

いろいろな想いがある日です。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 20:07 | かおり通信

2013年01月22日

議会改革について

第4回議会議員研修会

芦屋市議会において、全議員を対象とした研修会です。

本日は

全国市議会議長会から

法制参事の廣瀬和彦さんにおこし頂きました。

1.議会改革と議会基本条例

朝日新聞によるアンケート「3ない議会」

東京財団による議会基本条例に欠かせない3つの要件

これなどは、議会改革特別委員会の最初に
中島かおり自身が皆さんに資料提供したこともあり、
委員会において委員さんとも多少話したことがありました。

2.議会基本条例制定の留意点

その他

中島かおり自身は、これまでに何度も聞いてきた内容でした。

なるべく先進自治体に視察に行くべきである、というお話もありました。

かなり行かせて頂いたと思います。

栗山町、会津若松市、伊賀市、所沢市、流山市、宝塚市、三重県 などなど。

格議会によって態様もまちまちであり、難しい問題ではありますが
何とか、もっと先へ進めたいです!ね!

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 19:01 | かおり通信

2013年01月21日

1月21日(月)徒然なるままに

気付けば、1月も半ばを過ぎ、2月の頭が見えてくる頃です。

次の議会は、予算議会でもあり2月になると議会の緊張感が感じられます。

それでも「議会改革特別委員会」もコンスタントに開催されていて
今週も開催されます。

地方自治法の改正等を受けて
対応を決めておかなければならないことがあるのは
他の議会も同じことだと思われます。
閉会中も毎週のように委員会や研修等が開かれますので
「通年議会」
にしたとしても、問題がないように思います。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 21:15 | かおり通信
hpbanner.jpg