blog_notice_20190702.png

2013年02月28日

阪水予算

阪神水道企業団議会予算特別委員会 芦屋市側分科会

約半年前の決算時の要望・意見等における進捗状況について丁寧なご説明から入りました。

進捗状況の報告は、今回からの取り組みとのことですが、
とてもわかりやすくてよいことだと思います。

主な質問内容について


1.最大の懸案事項である累積欠損金の解消について
(平成24年度の損益収支については、財政計画よりも好転しているとはいえ、
約2億6千万円の純損失が発生し、累積欠損金も198億4千万円の見込み)
関連して
長期未収金 9億523万5千円について
資金残額40億円について
議会費の減額について

2.電気料金について

3.「新規供給の検討」について

4.人材育成・組織活性化等の観点における人事交流について

5.新規の債務負担行為について

阪水議会は一部事務組合であり、芦屋市選出の議員は中島かおりだけなので
自ずと分科会における議員もひとりということになります。
傍聴者もおられて、いつも以上に緊張するところですが
書類上から読み取ることができるものと
実際お聞きするのとでは多少のイメージ的な違いがありますので
とても有意義であったように感じています。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 19:19 | かおり通信

2013年02月27日

阪神水道企業団議会

10時から本会議が開かれました。

会期は24日間です。

芦屋市側における予算特別委員会の分科会は明日です。


午後からは、芦屋市議会に戻って

議会改革特別委員会。

現在マニュアルを策定していますが、

いよいよ、政務活動費マニュアル

とタイトルが変更になっていましたグッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)

政務調査費から政務活動費へと使途が拡大されるのではないか
と、全国的に批判を受けている最中ではありますが、
なかなかどうして、使途拡大というようにはなっていないような気がします。
厳密に、厳格に、という一部ではその方向にいっているような。
但し、全体として、考え方に整合性がないいようではよくないのではないか、と考えます。
このような使い方をしているから あるいは このように使いたいから
それらに近づけて基準を決める
ということであってはいけないと思います。
裁判例、判決例も参考にしながら、公正で透明性、説明責任が確保されるように
基準を決めていくようにしたらどうか、と。
委員会においてそのように訴えてはいるのですが…。

自分たちのことを自分たちで決めているのですから
難しい問題です。

芦屋市議会として、よいマニュアルを策定していきたいと思います。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 19:05 | かおり通信

2013年02月26日

「切なさ」の正体あせあせ(飛び散る汗)

同じ子供なのに…

普通の家庭の子供



家庭に多少問題があり
その子供も問題を起こしてしまって、
社会として自立、援助が必要な子供たち。

その差は何なのでしょうか?
子供たちに罪はないのに。

そのような問いに、私たちはどれだけ明確な答えを用意できるのだろうか。

でも ・・・

ひとは気づいた時に、新たな課題に向き合うことができるはずひらめき

そして、「議案書」もまた切ない…。中島かおり、初めての感覚です。

それでも、そろそろ年度末。別れの季節です。

それもまた「切ない」けれど、
そのようなことを言っている暇はありません。
明日は阪神水道企業団議会の本会議。
翌日には予算審査の分科会があります。
頑張らなくては!

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 20:15 | かおり通信

2013年02月25日

2月25日(月)徒然なるままに

先週金曜日の総務常任委員会の議案審査 から
「切ない」
ことが続きます・・・。

精道小学校横のホザナハウスにおける定例的な話し合い。

日曜日の地域の皆さんとの話し合い 

などなど。


そして、今日、

追加議案

が示されました。

内容は、国の補正予算を受けた「補正予算」と給与に関する条例改正です。

3月4日来週の本会議で提案されます。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 19:23 | かおり通信

2013年02月23日

2月23日(土)より

第30回

芦屋市造形教育展

幼稚園小学校中学校合同展

芦屋市立美術博物館にて

3月3日(日)まで開催されます。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク


posted by 中島かおり at 23:14 | かおり通信

2013年02月22日

総務常任委員会

平成24年度芦屋市一般会計補正予算(第4号)

平成24年度芦屋市宅地造成事業特別会計補正予算(第1号)

徒然なるままに・・・
芦屋市にとって必要な事業。
その事業費はなるだけ芦屋市の負担は少なく、
大切な芦屋市民の税金は節約してもらう方がいいに越したことはありません。
しかし、手を挙げる時期によって、その負担部分がかわるとしたら
慎重に慎重に取り組んで頂きたい、けれど
その見極めはとても難しい。
承知はすれども、それにしてもあせあせ(飛び散る汗)

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 20:38 | かおり通信

2013年02月21日

民生文教常任委員会

平成24年度芦屋市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

平成24年度芦屋市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

芦屋市立養護老人ホームの指定管理者の指定について


これら議案の他に、陳情、所管事務調査など盛りだくさんで、
一日かかりました。

明日はいよいよ、補正予算です。
といいますか、総務常任委員会ですあせあせ(飛び散る汗)

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 18:13 | かおり通信

2013年02月20日

都市環境常任委員会

芦屋市手数料条例の一部を改正する条例の制定について

芦屋市営住宅等の指定管理者の指定について

平成24年度芦屋市病院事業会計補正予算(第1号)

など。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク



posted by 中島かおり at 21:46 | かおり通信

2013年02月19日

政務活動費など

本会議、初日でした。
地方自治法の改正等により、条例改正をいたしました。

議員提出議案第11号

芦屋市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について


(提案理由) 地方自治法の一部改正に伴い,委員の選任方法,在任期間等について法律で定めていた事項を条例で規定するため。併せて,閉会中の委員の選任,辞任に関する規定の追加及び常任委員会の名称並びに所管事項を改めるもの。


芦屋市議会委員会条例の一部を改正する条例


第1条 芦屋市議会委員会条例(平成16年芦屋市条例第21号)の一部を次のように改正する。

第2条の見出し中「常任委員会」の前に「常任委員の所属,」を加え,同条中第2項を第3項とし,第1項を第2項とし,同条に第1項として次の1項を加える。
議員は,少なくとも一の常任委員となるものとする。

第3条第1項中「の任期」を「は,会期の始めに議会において選任し,任期」に改める。

第4条の見出し中「設置」の次に「等」を加え,同条第2項中「特別委員会の委員」を「特別委員」に改め,同条に次の1項を加える。
3 特別委員は,特別委員会に付議された事件が議会において審議されている間在任する。

第6条第1項に次のただし書を加える。
ただし,閉会中においては,議長が指名することができる。

第6条第2項に次のただし書を加える。
ただし,閉会中においては,議長が変更することができる。

第6条第3項中「前項」を「第2項」に改め,同項を同条第4項とし,同条第2項の次に次の1項を加える。
3 第1項ただし書の規定により委員を指名したとき及び前項ただし書の規定により委員の所属を変更したときは,議長は,その旨を次の議会に報告しなければならない。

第17条に次のただし書を加える。
ただし,閉会中においては,議長が許可することができる。

第17条に次の1項を加える。
2 前項ただし書の規定により議会運営委員及び特別委員の辞任を許可したときは,議長は,その旨を次の議会に報告しなければならない。

第63条第2項中「聞こう」を「聴こう」に改める。

第65条第1項中「を経て,」を「から」に改め,同条第2項中「うちに」を「うちに,」に,「一方的にならない」を「一方に偏らない」に改める。

第2条 芦屋市議会委員会条例の一部を次のように改正する。

第2条第2項第1号中「総務部」の前に「企画部,」を加え,同項第2号中「保健福祉部」を「福祉部,こども・健康部」に改め,同項第3号中「都市環境常任委員会」を「建設公営企業常任委員会」に,「都市環境部」を「都市建設部」に,「水道部」を「上下水道部」に改める。


附 則

 (施行期日)
1 この条例は,公布の日から施行する。ただし,次の各号に掲げる規定は,当該各号に定める日から施行する。
(1) 第1条中芦屋市議会委員会条例第2条,第3条及び第4条の改正規定 平成25年3月1日
(2) 第2条の規定 平成25年4月1日
(経過措置)
2 第2条の規定の施行の際現に同条の規定による改正前の芦屋市議会委員会条例(以下「改正前の条例」という。)の規定により選任された都市環境常任委員会の委員である者は,同条の規定の施行の日に,同条の規定による改正後の芦屋市議会委員会条例(以下「改正後の条例」という。)の規定により建設公営企業常任委員会の委員として選任されたものとみなす。
3 第2条の規定の施行の際現に改正前の条例の規定により互選された都市環境常任委員会の委員長又は副委員長である者は,同条の規定の施行の日に,改正後の条例の規定により建設公営企業常任委員会の委員長又は副委員長として互選されたものとみなす。
4 第2条の規定の施行の際現に改正前の条例の規定により常任委員会において審査中又は調査中の事件は,同条の規定の施行の日に,改正後の条例第2条第2項の規定により当該事件を所管すべき常任委員会に引き継ぐものとする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


議員提出議案第12号

芦屋市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定について




 
(提案理由)地方自治法の一部改正に伴い,政務調査費の名称を政務活動費に改め,政務活動費を充てることができる経費の範囲を条例で定めるほか,所要の整備を行うため。


   芦屋市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例


 芦屋市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例(平成13年芦屋市条例第7号)の一部を次のように改正する。

 題名を次のように改める。
   芦屋市議会政務活動費の交付に関する条例
 第1条中「第100条第14項及び第15項」を「第100条第14項から第16項まで」に改め,「調査研究」の次に「その他の活動」を加え,「又は議員」を「及び会派に所属しない議員」に,「政務調査費」を「,政務活動費」に改める。

 第2条中「政務調査費」を「政務活動費」に,「又は」を「及び」に改め,「の職にある者(以下「議員」という。)」を削る。

 第3条第1項中「政務調査費」を「政務活動費」に改め,「会派の所属議員又は」を削り,同条第2項中「政務調査費」を「政務活動費」に改める。

 第4条の見出しを「(会派に対して交付する政務活動費)」に改め,同条第1項から第3項までの規定中「政務調査費」を「政務活動費」に改め,同条第4項中「政務調査費」を「政務活動費」に改め,「速やかに」を削り,同条第5項中「政務調査費」を「政務活動費」に改める。

 第5条の見出しを「(会派に所属しない議員に対して交付する政務活動費)」に改め,同条第1項及び第2項中「議員」を「会派に所属しない議員」に,「政務調査費」を「政務活動費」に改め,同条第3項中「議員の」を「会派に所属しない議員の」に,「政務調査費」を「政務活動費」に改め,同条第4項中「政務調査費」を「政務活動費」に,「議員」を「会派に所属しない議員」に改める。

第6条を次のように改める。
(政務活動費を充てることができる経費の範囲)
第6条 政務活動費は,会派及び議員が行う調査研究,研修,広報,広聴,住民相談,要請,陳情,各種会議への参加等市政の課題及び住民その他の関係者の意思を把握し,市政に反映させる活動その他住民福祉の増進を図るために必要な活動として,別表に定める経費に充てることができるものとする。

 第7条第1項中「政務調査費」を「政務活動費」に改める。

 第8条第1項中「政務調査費の」を「政務活動費の」に,「議員」を「会派に所属しない議員」に,「政務調査費に係る収入及び支出の報告書」を「領収書又はこれに準ずる書類を添付して政務活動費に係る収入及び支出の報告書(以下「収支報告書」という。)」に改め,同条第2項中「政務調査費」を「政務活動費」に改め,同条第3項中「政務調査費」を「政務活動費」に,「議員」を「会派に所属しない議員」に改め,「第1項の」を削る。

 第9条の見出し中「政務調査費」を「政務活動費」に改め,同条中「政務調査費」を「政務活動費」に,「受けた会派又は議員」を「受けた会派又は会派に所属しない議員」に,「当該会派又は議員」を「当該会派又は当該会派に所属しない議員」に,「市政の調査研究に資するため必要な経費として」を「第6条に規定する経費の範囲に基づいて」に改める。

 第10条中「,提出期限」を「提出期限」に改める。

 第11条中「政務調査費」を「政務活動費」に改め,同条を第12条とし,第10条の次に次の1条を加える。
(透明性の確保)
第11条 議長は,第8条第1項の規定により提出された収支報告書について必要に応じて調査を行う等,政務活動費の適正な運用を期すとともに,使途の透明性の確保に努めるものとする。

附則の次に次の別表を加える。

別表(第6条関係)
項 目 内 容
調査研究費
会派及び議員が行う市の事務,地方行財政等に関する調査研究及び調査委託に関する経費

研修費
会派及び議員が研修会を開催するために必要な経費,団体等が開催する研修会の参加に要する経費

広報費
会派及び議員が行う活動,市政について住民に報告するために要する経費

広聴費
会派及び議員が行う活動及び住民からの市政に対する要望,意見の聴取,住民相談等の活動に要する経費

要請・陳情活動費
会派及び議員が要請,陳情活動を行うために必要な経費

会議費
会派及び議員が行う各種会議,団体等が開催する意見交換会等各種会議への参加に要する経費

資料作成費
会派及び議員が行う活動に必要な資料の作成に要する経費

資料購入費
会派及び議員が行う活動に必要な図書,資料等の購入に要する経費

人件費
会派及び議員が行う活動を補助する職員を雇用する経費

事務所費
会派及び議員が行う活動に必要な事務所の設置,管理に要する経費



附 則

 (施行期日)
1 この条例は,平成25年3月1日から施行する。
 (経過措置)
2 この条例による改正後の芦屋市政務活動費の交付に関する条例の規定は,この条例の施行の日以後に交付される政務活動費から適用し,この条例の施行の日前にこの条例による改正前の芦屋市政務調査費の交付に関する条例の規定により交付された政務調査費については,なお従前の例による。


この条文だけみて理解するのは大変な作業かもしれませんあせあせ(飛び散る汗)
posted by 中島かおり at 20:23 | かおり通信

2・3月議会が始まりました!

私たちのまちのお財布の中身が審査されます!

お財布の中身は

846億 471万円です!

10時から本会議が開かれました。

http://www.city.ashiya.lg.jp/housei/gian/h25_dai1kai.html

まずは、現年度分の議案審査になります。

2月20日(水)都市環境常任委員会
21日(木)民生文教常任委員会
22日(金)総務常任委員会(中島かおり所属)

10時から開かれます。

傍聴はどなたでもできます。
お問い合わせ:市議会事務局 TEL 0797-38-2001

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 17:53 | かおり通信
hp-banner2.jpg