blog_notice_20190702.png

2013年08月11日

ペーパーレス化

8日(木)に行われました 議会改革特別委員会において

任期の関係を協議しています。

阪神・淡路大震災の関係で、現在6月11日からの任期となっています。

選挙は4月後半の統一地方選挙において執行されることから
震災以前の5月1日に変更してはどうか、というようなことは
以前から言われておりました。
しかし、法律による規定のため、芦屋市独自の問題としてだけでは対応ができません。
提案した会派、委員もこれらのことについての認識不足で曖昧な趣旨説明でもあったことから、
理解に時間を要したため、各会派が持ち帰って協議することになっています。

法律の壁をこえて「解散」するのか
6月11日に選挙を近づけるのか
法改正を求めた行動をおこしていくのか

市議会議員選挙だけではなく、市長選挙のことや
同じく6月11日からの任期となっている近隣市との連携も含めて
考えていかなくてはなりません。

次回は、21日(水)10時からです。

議会基本条例策定にむけたタイムスケジュールも示されています。

是非、傍聴にお越し下さい!


この日、午後から 議会運営委員会 が開かれました。

6月議会の事例研究が主な内容です。

本会議場において、傍聴者の携帯電話が鳴り、副議長が注意をした件

承知はしていたことですが自分のことなのだな、と少しドキッとしました。

9月議会も頑張って、本会議場における議長職 を行いたいと思います。

報告事項として、議事録のペーパーレス化について話がありました。

定例会ごとに、「議事録」として、A4版の
厚さは1,2cmといった決して分厚い冊子ではありませんが
作成され、議員全員を含めて関係機関に配られます。

中島かおりはこれまでも、ペーパーレスについては議会のみならず、
行政にも提案等々してきていました。
だって、本当に、同じ書類等を何回も頂くのでもったいないことが多いのです。

これらが電子化されたものに置き換える、というのです。

大きな一歩です手(チョキ)

保存用や市役所1階の行政情報コーナーや、図書館などその他公共施設を含めて
多少冊子として配るものはありますが、
かなりのペーパーレスになります。
大きな一歩のような気がします。
但し、いきなり「ファイル」ではなく、CDとして要求するというご意見もでました。

ホームページにより、検索システムを利用することができますので
必要に応じた使い方を工夫すればよいと思います。

因みに、議事録については「議員による署名」によって、完成されます。
会議録署名議員の指名
は、本会議初日の議事日程にも組み込まれており、
誰が署名議員になるのかも公表されることです。

公正、公平性を担保するという意味では大切なことですが
どうしても、「段取り」になりがちです。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 15:22 | かおり通信
hp-banner2.jpg