blog_notice_20190702.png

2013年12月31日

大晦日

皆さま

どうぞ

よいお年をお迎え下さいませぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)るんるんぴかぴか(新しい)るんるん

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 12:00 | かおり通信

2013年12月30日

一年を振りかえりつつ

今年も残すところわずかとなりました。

弱音をはくことなく

自分らしさ を大事に

着実に進んでいきたい!

と新年に誓っていました。

さてさて、どうだったでしょうか。

弱音をはかないというのは難しく…。

ただ、一年を振りかっってよい年だったと思います。

もちろん、いいことばかりではなく、
理不尽なこと、つまらないことでふっかけられたり、謂れのない中傷を受けたり、
嫌なことも多々ありました。

それでも、それらのことによって進歩し、成長した自分がいたこと。

艱難汝を玉にす

という言葉を学びました。

議会改革
も進みました。

議員としては、副議長 という大役を仰せつかりました。

JIAMという研修所で講師としてお話もさせて頂きました。

宝塚歌劇100周年に向けた特集記事として、新聞記事に取り上げて頂きました。
そしてその反響によって、自身も勇気を頂くという
よい循環を経験させて頂きました。
「勇気づけられました」「勇気をもらいました」
そのようなお声を届けて頂いて。
私の存在が、人に勇気を与えられるなんて!と
心が震えました。

公私?微妙なところですが
様々な世界の方々と印象的な出会いもあり、
自らの生き方に影響を受けることもありました。

少しだけ課題があるとするならば

根性だけでは乗り切られない(という年齢に達している?!)
ということでしょうか。
体は労わってあげないといけません。

一年はあっという間です。

だからこそ大切に、
改めて多くの皆さま方の支えと信頼を肝に銘じて
自らに課せられた責務を果たしていきたいと強く思っています。

新しい年には、
中島かおりの4つ目のプロジェクトを始動させたいと考えています。
無事にスタートをきることができるように全力で集中したいです。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 17:23 | かおり通信

2013年12月29日

12月29日(日)徒然なるままに

今年も残すところ僅かとなりました。

駅周辺を歩くと、すでに「謹賀新年」の文字が見られます。

年末
ということはわかってはいても、
あまりの一年の速さに実感が伴わない感じです。

お正月はどのように過ごすのですか?
どこかに行かれますか?
と聞かれることも多いのですが…。

ゆっくりと日頃できなかった読書などに時間を使いたいと考えていますが
実現しますかどうか。

年内にまだまだしなければならないことがあります!

さあ、頑張ります(*^^*)

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 23:57 | かおり通信

2013年12月28日

看板

まちのなかで、議員の看板を目にすることもあると思います。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが
看板をたてる時は選挙管理委員会に届け出なくてはなりません。
また看板の枚数も決められています。

選挙管理委員会に届け出ると、許可されたものであるという証明のために
シールを頂いて、それを看板に貼ります。
来年からのシールはピンク色です。

IMG_20131228_194410.jpg

全体で見ると、下の方に貼っています。

IMG_20131228_194443.jpg

本人同様、看板もよろしくお願いします(*^^)

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 19:58 | かおり通信

2013年12月27日

仕事納めの日

仕事納めの方も多くいらっしゃったのではないでしょうか。

因みに、芦屋市役所の窓口関係は

明日あいています。

9時から17時30分までです。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク


posted by 中島かおり at 20:59 | かおり通信

2013年12月26日

南海トラフ巨大地震津波浸水想定図

兵庫県が独自の津波浸水想定図を公表しました。

国の想定を基本としつつ、地震動による防潮堤の沈下等県独自の変更を加えて作成されています。

芦屋市におけるシュミレーションですが

最高津波水位 3.7m 

最短到達時間 111分

被害想定については、来年3月末までに公表される予定です。

12月24日(火)の兵庫県知事の定例記者会見にて公表されています。

http://web.pref.hyogo.jp/governor/documents/g_kaiken20131224_03.pdf
(兵庫県HPより)

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 19:56 | かおり通信

2013年12月24日

学校給食における食物アレルギー対応マニュアル

今年11月に完成しています。

実施は平成26年4月からの予定になっています。

すでにホームページ等で公開されています。

http://www.city.ashiya.lg.jp/gakkoukyouiku/documents/allergy-manual.html
(芦屋市HPより)

これまでは、各小学校において個別の対応がなされてきましたが、
食物アレルギー対応が多様化、複雑化する中で
市内統一の食物アレルギー対応の基準を設けることが必要であると判断され、
検討を重ねる中で、マニュアルが完成しています。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 18:18 | かおり通信

2013年12月23日

おつきあい

昨年に続いて、マンションの中でお餅つき大会がありました。

IMG_0267.JPG

コツがある
とはいえ、やはり力が必要です。

IMG_0264.JPG

お料理のお上手な方が用意して下さって、お雑煮も頂きました。
すでに一足早いお正月のようでした手(チョキ)

IMG_0265.JPG

昭和25年 寅年 正月 新調 こんな珍しいものも発見しました。

IMG_0266.JPG

皆さんで楽しく、美味しく頂きました。ありがとうございました♪

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 20:10 | かおり通信

2013年12月22日

意見書3

議員提出議案第16号

容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するため
の法律の制定を求める意見書
  

(提出先) 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、環境大臣、経済産業大臣、農林水産大臣、厚生労働大臣、財務大臣、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)

容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するため
の法律の制定を求める意見書


 容器包装リサイクル法(「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律」)は、
リサイクルのための分別収集・選別保管を税負担で行うことになっているため、
上位法である循環型社会形成推進基本法のリデュース(発生抑制)、リユース(再使用)、
リサイクル(再生利用)の優先順位に反して、リサイクル優先に偏っています。
 このため、家庭から出されるごみ総排出量の減量は不十分で、環境によいリユース容器が激減し、
リサイクルに適さない容器包装がいまだに使われているのが社会の実態です。
根本的な問題は、自治体が税負担で容器包装を分別収集しているため、
リサイクルに必要な総費用のうち約8割が製品価格に内部化されていないことにあります。
このため、容器包装を選択する事業者には、
真剣に発生抑制や環境配慮設計に取り組もうとするインセンティブ(誘因)が働かず、
ごみを減らそうと努力している市民には、負担のあり方について不公平感が高まっています。
今日、気候変動防止の観点からも、資源の無駄遣いによる環境負荷を減らすことは急務であり、
デポジット制度の導入を初めとした事業者責任の強化が不可欠となっています。
よって、本市議会は、我が国の一日も早い持続可能な社会への転換を図るため、
国に対し、容器包装の拡大生産者責任を強化し、リサイクルの社会的コストを低減するため、
分別収集・選別保管の費用について製品価格への内部化を進めることを基本とするよう、
容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律を制定することを強く求めます。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

芦 屋 市 議 会
posted by 中島かおり at 00:00 | かおり通信

2013年12月21日

意見書2

議員提出議案第15号

新聞への軽減税率適用についての意見書
 

(提出先) 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)、総務大臣、財務大臣


新聞への軽減税率適用についての意見書

 新聞は、国の内外で日々発生しているニュースや情報を正確かつ迅速に伝達するとともに、
多種多様な意見や評論を提供しています。新聞が日本の社会で果たしている役割は、
長年にわたり維持され広く浸透し、衣食住に次ぐ必需品と言えます。
 さらに新聞は、戸別配達網によって、国内外の多様な情報を全国くまなく日々ほぼ同じ時刻に届け、
国民の知る権利と議会制民主主義を下支えするとともに、文字文化の中軸の役割を果たしています。
 我が国が世界有数の先進国となったのは、国民の伝統的な勤勉性とともに、
新聞の普及と識字率の高さが、学力・技術力を支える役割を長く果たしてきたことは
広く認められるところです。
ヨーロッパ諸国を見ても、大半の先進国が新聞への軽減税率措置をとっており、
「新聞の軽減税率は常識」とされています。
 現在、深刻な活字離れが進む中で、書籍とともに新聞も購読率が低下傾向にあり、
新聞を全く知らないで育つ子供がふえるなど、
次の世代の知的水準へ大きな影響を及ぼすものと憂慮されています。
これに加え、今回の消費税率引き上げにより、新聞離れがさらに加速するおそれがあると危惧します。
 よって、本市議会は、国において、消費税率が10%に上がる段階で、
新聞への軽減税率を導入されるよう強く求めます。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
  
芦 屋 市 議 会
posted by 中島かおり at 21:59 | かおり通信
hp-banner2.jpg