2014年06月30日

6月も終わりですね♪

早いもので、今年も半分が終わることになるのですね!

旧消防庁舎は昭和37年からの建物だったそうです。

すっかり、取り壊されてしまいました。

いよいよ景色が変わりますね。

IMG_2127.JPG

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 15:41 | かおり通信

2014年06月29日

一生懸命

昨日のことになりますが

午前中勉強会に出かけて、

そのままバスで総合公園へ。

ティフトン芝のポット苗の植え付けをご一緒させて頂きました。

教育長のご挨拶の後、

耕したら石が出てきたらしく、植付の前に、15分程、全員で小石を取り除きました。

写真をよく見て頂いたらわかるかもしれませんが、

開始前に、小さな赤いしるしのある札が等間隔に立ててあり、

IMG_2122.JPG

その札を取り除いて、土を掘ってそこに芝生の苗を1株ずつ植えていくのです。

こちらの写真が出来上がったところです。

IMG_2125.JPG

1株が20〜30位だったでしょうか。
入れ物に入れてあり、そこから1株ずつ取って植えていきます。

IMG_2124.JPG

しかし、特に決まっているわけではないので
皆、思い思いのところから始めるため
札の赤い目印が残っている箇所があったりします。
ある男の子がそういう所を見つけて丁寧に植えています。
そういうところに気が付いて、きっちりして、丁寧にきちんと物事を進めるのは偉いな、
と感心していました。

その子が、ここおかしい!と言うので見てみると、
確かに芝生の苗が何株か一箇所に植わっています。

例えばの例で恐縮ですが、チラシやティッシュを駅で配っている人がおられますが
一度に何枚か一緒に渡しているイメージです。

しかも、きちんと植えられていません。
「根」を土の中に入れないと、日光にあたって芝そのものが枯れてしまうのです。
ふと見ると、いくつかそのような個所が見つかり、
その子と一緒に、それをわけて植えていました。

「根」をきちんと隠して植えてあげないと、芝生は死んでしまう!

それは生き物を殺すことだよね。

そんなことしちゃいけない!

と、一生懸命掘って植えているのです。
何て健気で、生き物への優しさを持っているのでしょうか。
感動しながら、ずっとかがんだまま作業をしているので痛くなった足のことを忘れて
一緒に没頭しました。

とうとう、もっとすごいことが起こりました。
何十株か入っている入れ物はなくなっているのですが、
端っこの方に何十株か芝生の苗のその塊がいくつかそのまま放置しているのを見つけたのです。

「例えばの例」でいきますと、チラシやティッシュを配るのが大変なので
入れている箱を、「好きに取って下さい」とばかりに放置するか
捨ててしまうか、といったイメージでしょうか。

そんなことをしたのが大人なのか子どもなのかはわかりませんが
明らかにずるいことをしている、というイメージです。
愕然としつつも、ふと見渡すと、休憩している人も半分以上いるような感じで
かなり植付が終盤にさしかかっている様でしたので、
二人では無理だと判断し、
他の人にもお手伝いしてもらいましょう!
と、人が集まっている所に持っていって、事情を説明して
他の人にも手分けして手伝ってもらいました。

その後、用意があるというペットボトルのお茶を頂きに行くと、
数が足らずに?もうないのです!

「年寄り順にもらったけど!」と他の議員さんはすでに飲み終えています。

「お茶があたらないほど、一生懸命最後までやって…どんくさい!」
「要領が悪い…」
中島かおりの場合は、そんなところかもしれません…。

大人はいいのです。でも子どもはいけません!

芝生の苗を放置してさっさとお茶を飲んで休憩している子がいたとしたら

芝生が死んでしまう!殺人といっしょ!そんなことしちゃだめ!
と一生懸命やっていたT君がお茶をもらえない、というのは
あまりに、理不尽なことです。

そのように一生懸命にやっている子が、「正直者が馬鹿を見る」
といった世の中であってはいけない!
と、憤ってしまった次第です。
生き物に対する優しさや、
物事に真摯に取り組む姿勢など。
社会の中で、よい循環を生むようなことを阻むことがあってはいけません。

多分、子供たちは素直で、優しくて、心配りができるいい子たちばかりなのですが、
たまに、そうではない子もいるのかもしれません。

暑くて大変でしたが、
そのT君に感動し
大人として「よい勉強」をさせて頂きました。

大人としての責任
にプラスして、議員としてももっともっと責務を自覚して果たしていきたい、と
心に秘めながら、帰りのバスの中の涼しさに、
気持ちも冷静さを取り戻していきました。

芝生がきちんと育ちますように♪
芦屋市芝生化実行委員会の皆さま、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 23:00 | かおり通信

2014年06月28日

少人数学級の推進などの定数改善と義務教育費国庫負担制度の拡充を求める意見書

議員提出議案第20号

少人数学級の推進などの定数改善と義務教育費国庫負担制度の拡充を求める意見書
 
上記の議案を、次のとおり提出する。

(提出先) 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、 文部科学大臣

少人数学級の推進などの定数改善と義務教育費国庫負担制度の拡充を求める意見書

義務教育費国庫負担制度は、教育の機会均等とその水準の維持向上を図る制度として定着している。
しかし、小学校1年生、2年生と続いてきた35人以下学級を拡充する予算措置が一切認められていない。

社会状況等の変化により学校は、一人一人の子供に対するきめ細かな対応が必要となっている。
新学習指導要領により、授業時数や指導内容が増加するとともに、日本語指導などを必要とする子供たちや障がいのある子供たちへの対応、いじめ、不登校等の課題も深刻化している。こうした課題の解決に向けて、計画的定数改善が必要である。
日本は、OECD諸国に比べて、1学級当たりの児童生徒数や教員1人当たりの児童生徒数が多くなっている。一人一人の子供に丁寧な対応を行うためには、
1クラスの学級規模を引き下げる必要がある。
子供たちが全国どこに住んでいても、一定水準の教育を受けられることが憲法上の要請である。
しかし、三位一体改革により、義務教育費国庫負担制度の負担割合が
2分の1から3分の1に引き下げられ、自治体財政が圧迫されるとともに、
非正規雇用者の増大に見られるような教育条件格差も生じている。
よって、本市議会は、国において、以下の事項について積極的に取り組むよう強く要望する。



1 OECD諸国並みの豊かな教育環境を整備するため、少人数学級を推進すること。

2 教育の機会均等と水準の維持向上をはかるため、
義務教育費国庫負担制度を堅持するとともに国庫負担割合を2分の1に復元すること。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

芦 屋 市 議 会
posted by 中島かおり at 00:00 | かおり通信

2014年06月27日

海洋環境整備事業の充実と体制拡充を求める意見書

議員提出議案第19号
   
海洋環境整備事業の充実と体制拡充を求める意見書 


(提出先) 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、環境大臣、国土交通大臣


海洋環境整備事業の充実と体制拡充を求める意見書

 海洋環境整備事業は、海上の浮遊ごみや油の回収によって
船舶の航行の安全と海洋の豊かな自然環境を維持しており、
住民の生活や安全に欠かせない重要な国の役割である。
瀬戸内海でも船舶事故などによる油流出事故が相次いでおり、
油防除体制の強化や海面浮遊ごみ・油回収船の体制拡充が求められている。

 また、東日本大震災では、海洋環境整備事業に従事する国の船舶が
震災翌日から災害支援物資を各被災地の港に運び入れ、
また、約1カ月にわたり海上浮遊物を回収し、港湾機能の復旧に大きな役割を果たした。

 こうした教訓のもと、2013年6月の「港湾法」改正により、
非常災害時の港湾機能の維持・早期復旧の国の役割が改めて定められ、
ことし1月には、三大湾(東京湾・伊勢湾・大阪湾)が港湾機能の早期復旧の対象に指定された。

今後、南海トラフ巨大地震などへの防災対策が急がれるなか、
瀬戸内海や関門航路も、早急に指定されることが重要である。

 瀬戸内海は貴重な漁業資源と美しい自然環境を有し、
古来より海上交通の発展してきた地域であり、多くの船舶が航行している。

こうした自然や物流の機能を次世代に継承していくためにも、
海洋環境整備事業の充実とそれを担う、直轄・直営船舶の運航体制の拡充が必要である。

 よって、本市議会は、国会及び政府において下記事項に取り組まれるよう強く要望する。


1 海洋の環境と船舶航行の安全を守る海洋環境整備事業を国の役割として充実させること。

2 非常災害時に国民生活を守るため、
緊急支援物資の輸送や港湾機能の維持・早期復旧を行う国の防災体制を拡充すること。

以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出する。

芦 屋 市 議 会
posted by 中島かおり at 21:27 | かおり通信

8年目の6月議会が閉会しました!

2期目最後の年に入りました。

宝塚にいた時よりも長くなった、と
先日ブログにも書かせて頂きましたが、
本当に早いもので、8年目に入ります。
任期最後の年です。

気を引き締めつつも、
「議員であること」に汲々とし過ぎていないか。
あるいは、「傲慢」になっていないか。

そんな思いがふとかすめる今日この頃です。

言葉にも注意しなければなりません。

色々なことを肝に銘じつつ、
議員の雇い主は皆さまであることも
常に自覚して。

これまでやってくることができたのは、
支え、応援して下さる多くの方がいらっしゃったからです。
感謝の気持ちを決して忘れることなく
最後まで全力投球で邁進してまいります!

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 21:21 | かおり通信

2014年06月26日

建設公営企業常任委員会

(仮称)高浜町1番住宅大規模集約事業実施方針(案)の要点

1 特定事業の選定に関する事項のうち、
「建替事業用地」について

2 特定偉業の選定に関する事項のうち、
「用途が廃止される既存団地跡地の活用」について

3 特定偉業の選定に関する事項のうち、
「社会福祉施設用地の敷地整備」に関連する併設する福祉施設の概要について

4 特定偉業の選定に関する事項のうち、
「市内業者の活用・育成」について

5 公共施設等の立地並びに規模及び配置に関する事項のうち、
「建物の最高高さ制限」について

最高高さは15m(5階建てまで)となります。

その他に、PFIの審査については、
現在準備会としているが、9月議会で「附属機関」といての位置づけを確定すること。
今後の予定などが示されました。

市営住宅の建替だけではなく、
福祉施設や消防の関係など、所管がまたがることから
「特別委員会」が設置されます。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 15:02 | かおり通信

2014年06月25日

明日

議会運営委員会の後

建設公営企業常任委員会が開催されます。

市営住宅の大規模集約建設事業について
説明を頂くと聞いています♪

posted by 中島かおり at 23:44 | かおり通信

代表者会議

金曜日が本会議、最終日となります。

それに向けて必要なことの協議など。

今回、ニュースやワイドショー等にも取り上げられた
議員のネームプレートに悪戯された件もあり、
セキュリティーをどのようにするか
以前からも認識されてはいたのですが
検討課題となっています。

ところで、旧消防庁舎の解体ですが
随分進んできました。

IMG_2101.JPG IMG_2102.JPG

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 14:18 | かおり通信

2014年06月24日

6月24日(火)徒然なるままに

今週末の本会議最終日を控え
この議会の振り返りをしています。

一般質問の冒頭で

「2期目最後の年となりました〜」

とも言っていますが、
ふと、宝塚歌劇の経験よりも長くなっていることに
想いがいたりました。

東京都議会における「セクハラやじに関する問題」が世間を賑わしていますが、
改めて議会って何?
議員って何?
そんなことを、自身のハラスメントを受けた経験もかすめつつ
改めて考えたりもします。


を持っている人は、それを自覚しなければなりませんね。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 22:34 | かおり通信

2014年06月23日

ダメ・ゼッタイ!

薬物乱用防止キャンペーンに今年も参加させて頂きました♪

朝から雨が降っていましたが、

何とかやっている間に雨が止みました。

皆さま、お疲れさまでした♪

IMG_20140622_232148.jpg

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 00:01 | かおり通信
hp-banner2.jpg