blog_notice_20190702.png

2014年12月12日

総務常任委員会

第89号議案
芦屋市一般職の職員の給与に関する条例及び
芦屋市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する
条例の一部を改正する条例の制定について

長すぎて、わからなくて、どこできればよいのやら…。

来年の3月議会に給与関係の議案が提案されれば、
更に加わって長くわかりにくいタイトルになるかもしれませんふらふら

改正内容
★55歳を超える課長級以上の職員の昇給停止
★地域手当支給率の引き上げ(100分の14から100分の15へ)
★通勤手当の引き上げ
★行政職給料表の給料月額の平均0.30%(933円),
教育職給料表(一)及び教育職給料表(二)の給料月額の
平均0.25%(911円)の引き上げ

地域手当について、修正案が出されました。
提出者が質疑に対して、大声で応じるという場面がありました。
聞かれたことに普通に答えればよいのですが、
以前の総務常任委員会に置いても、そのような場面がありました。
その時は担当課長が答弁していた時でした。
大声で不規則発言をされると、
委縮してプレッシャーを感じてしまうのではないかと
その時やりとりを見て感じたことを、今日も思い出しました。

その後、議員定数削減についても審査されました。

公人として立候補する
そのことを問う質問があり、
改めて「立候補すること」「公人であること」について
考えた次第です。

議会基本条例第23条第2項の規定に基づく意見の聴取方法について
総務常任委員協議会において協議されました。

意見がわかれましたので、可否同数で委員長裁決により
公聴会ではなく、参考人による意見の聴取となりました。

意見聴取の必要があることから、継続となりました。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 19:38 | かおり通信
hp-banner2.jpg