blog_notice_20190702.png

2014年12月24日

ケアの社会学

介護の問題は
何れは自分も当事者になることを含めて
誰もが避けては通れない問題だと思います。
高齢化が進むこの社会において
どうあるべきなのか。
どうしてこうなっているのか。
そこにどのような問題が潜んでいるのか。
見えない問題は何なのか。

ケアの値段が安い理由とは。
よいケアとは何か。

そして、理想の介護とは、個別ケアである、と。
理想の介護には答えもマニュアルもない。
どうしてほしいかは、当事者に聞いてほしい。
これしか答えはない。
ケアとは対人間関係そのものなのだ。
と著者は述べている。

まだ途中までしか読めていないこともあり、
「見えてこない」ものがあります。
もう少し読み進めていくと
どのようなものが見えてくるのか。
お正月の課題です…。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 22:04 | かおり通信
hp-banner2.jpg