blog_notice_20190702.png

2015年12月04日

総務常任委員会〜徒然なるままに

昨日の委員会の発言内容を少し振り返ってみます。
85号議案は定数を増加する内容となっています。
退職された方が「再任用」という形で働く場合、
これまでは週4日勤務というのが多かったと思いますが
それを週5日にする、フルタイム化という表現が使われていましたが、
今年度からそのようになっていることと、
大量の退職者が見込まれることから、条例改正となりました。

定数増による予算増はどれくらいを見込んでいるのか?
純粋に増加したぶんは?
提案理由にもある、再任用のフルタイム化 の背景、事情はどのように?
「再任用のフルタイム化」は何に基づくのか?
(通知でいいのか?)

消防
出動体制の充実とは?
「芦屋市消防署の組織等に関する規則や規程」分掌事務について
具体的にどのあたりを手厚くする感じなのか?

救急車の適正利用について 
適正をどのように定義づけるのか難しいところですが、
多分本来ではない使用によりかなり手がとられるということを想像しますが、
割合としてはどれくらい?

人材育成という観点から、職員募集をおこなう必要があるのではないか?

教育委員会
学芸員について 
芦屋市の現状と、今回の募集と、どのようにつながっているのか。今後の予定は?

芦屋の規模でいくと、人に左右されるところが大きくないか。
その担保はどうするのか。
課長や部長がそれだけの知識をもつことができるのか?
そのためにも、大学など他との連携するしくみとしてできないのか?
模索する必要があるのではないか。

102号は、庁舎の工事についてです。
東館庁舎ができて、窓口等移動するなかで、北館、南館も変わっていきます。
これまで説明頂いていたものと、変更点はあるのか?
予定遅れているが、最終はいつくらいになるのか。
机上では判明しにくいこと、
例えば、東館庁舎の東側の歩道、今問題になっています。
43号線から来ると、信号のところで車道を歩いて、
北に向かわなければならない。
あるいは、にしむらさんや尼崎信用金庫さんの方から43方面に行こうとすると、
車道を歩いて途中からしか歩道に行けない。
危ないので何とか、柵の間をあけて、歩道にスムーズに行けるようにと要望する方々が多い、と。
今回の引っ越し等々、の中で、でてきた問題は
早期に検討、解決に結びつけることが、信用失墜も免れますし、コストという点でも削減になる。
柔軟が対応が求められないか。

また今回マスコミ等報道が先行していました市章を撤去するかどうか、
この工事に含まれるのか?
判断は誰がどうするの?

98号は南芦屋浜の教育施設用地の取得についてです。

学校建設として取得していればどういう数字になっていたのか?
10ブロック自治会でのアンケートでは、小学校を望むとあるようですが、
無理な場合、図書館、交番、郵便局など誘致は可能なのかどうか。

97号は補正予算です。

★教育総務費(P97−17)
決算審査の時にも聞いているが
私立幼稚園の位置付けについてはどのようなお考えか?
公立幼稚園とのすみ分けは?
公立幼稚園の適正配置というについては今後どのような検討がされていくのか?
認定子ども園についても全体の中でどのようになるのか考えていく必要があると思う。
3年保育、2年保育という点についてのお考えは?

私立幼稚園への助成をどうするのかということとつながる。
県の私学助成ということもあるが、
(新しいところでは 私立幼稚園2歳児子育て応援事業)
経営的に大変である、という部分と、
芦屋の未来を担う子どもたちをどう預かっていくのかという任務とは無関係ではないはずで、
それを解消していくための予算措置という視点が欠かせないと考える。
そのあたりはどこまで議論がされているのでしょうか。

★社会教育費550万円 
どのような事業なのか。
誰が判断したの?いつの時点で?

その他にもマイナンバーの関係の議案もあり、
現在、通知が遅れていることについて、
総合計画の今後について、など。
その他にも所管事務調査があり、
人口問題等について。

posted by 中島かおり at 18:36 | かおり通信
hp-banner2.jpg