blog_notice_20190702.png

2016年02月17日

建設公営企業常任委員会

財産の取得について

涼風町の教育施設用地としてされている土地ですが
(小学校建設が中止となった場所です)
19億8814万3千円 で兵庫県から購入する、という内容となっています。

この用地をめぐっては、目的が試行錯誤をし地元住民の方々も説明会等で
ご意見、要望を市に伝えているところです。
現在使用されているスポーツ施設と芦屋市が
1年契約を延長して結ぼうとしていることが示されました。
次回地元の説明会は3月中旬に開かれるようです。

屋外広告物条例について、屋外広告物についての調査等の報告がありました。
市内全体では
物件数 3621  
そのうち、無許可 792 県条例不適合 640 市条例不適合 509

個数 8928
そのうち、無許可 3792 県条例不適合 1787 市条例不適合 923

個別の案内はまだのようですが、
例えば、ガラスの外に貼っているようなものをガラスの中に貼り替えるだけで
1減となり許可不要となるようなものがあるということです。

第88号議案については、
屋外広告物条例に関係する手数料条例の一部改正のため、本体の条例にあわせて、
施行期日を7月1日に改正する修正をもって可決されました。

下水道事業における地方公営企業法適用について
所管事務調査としてご説明を頂きました。

30年4月1日から企業会計化となります。
平成24年12月、一般質問で
本格的に地方公営企業会計を導入する地方公営企業法を適用する事業としていくことを
検討すべきではないかと 指摘しておりました。
何れ取り組まなければならないから早めに取り掛かることが必要ではないか、
との提案でした。
当時、そのようなことを指摘するひとはまだいませんでした。
その際、芦屋市は慎重な姿勢を示しておられましたが、
結局「やらなければならない」ことになっています。
中島かおりの場合、いつも質問等含め取り上げるのが早すぎるのかもしれませんが、
結果としてはその方向にいくと、考える方向性は
芦屋市民のためになることを提案、発言している
と自分に納得させられます。

大きくはその方向にいくことを見通して提案しているのであって、
無茶なことを言っているのではない、ということかな、
とも思っています。
現場としては大変なこともありますが、それでもやらなければならないことがあるようです。
しかしながら、多くの方々のご苦労や様々な要因が重なり整って実現に向かうということについても
きちんと承知しています。
posted by 中島かおり at 22:39 | かおり通信
hp-banner2.jpg