blog_notice_20190702.png

2017年11月29日

直接請求

直接請求 (条例制定(改廃)の請求) 制度について
皆さま、ご存知でしょうか。

普通地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有する者は、
その総数の50分の 1以上の連署をもって、
その代表者から、普通地方公共団体の長に対し、
条例(地方税 の賦課徴収、分担金、使用料及び手数料の徴収に関するものを除く。)の
制定又は改廃 の請求をすることができる。

芦屋市立幼稚園における3年保育の実施及び廃園(所)条例の
廃止を図るための 関係条例の整備に関する条例制定請求について

条例制定請求代表者証明書の交付及びその旨の告示日
平成29年11月17日

今回、9・10月議会における条例について
市民の方から納得しがたいということでしょうか。
このような流れとなっています。

1カ月で署名を集めるのは大変な作業かもしれませんが
多分、集まるのではないでしょうか。
自治会連合会からの請願を反対多数で否決するなど
(中島かおりは賛成しましたが)
全員ではないにしても、議会に対して、市民の方からの不信の思いが向けられていることを
真摯に受け止めなければならないのかもしれません。

1月には臨時議会が開かれる流れとなりそうです。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 21:16 | かおり通信
hp-banner2.jpg