blog_notice_20190702.png

2018年02月07日

指先の宇宙

福島智さんの詩です。
どのように感じられるでしょうか。
言葉は生きる力なのですねぴかぴか(新しい)

ぼくが光と音を失ったとき
そこには言葉がなかった
そして世界がなかった

ぼくは闇と静寂の中でただ一人
言葉をなくして座っていた

ぼくの指にきみの指が触れたとき
そこに言葉が生まれた
言葉は光を放ちメロディーを呼び戻した

ぼくが指先を通してきみとコミュニケートするとき
そこに新たな宇宙が生まれ
ぼくは再び世界を発見した

コミュニケーションはぼくの命
ぼくの命はいつも言葉とともにある
指先の宇宙で紡ぎ出された言葉とともに

福島智さん
3才で右目、9才で左目を失明。
18才で失聴し、全盲ろうとなります。
東京都立大学に合格、
盲ろう者として初の大学進学。
金沢大学教授などを経て
2008年より東京大学教授。
盲ろう者として常勤の大学教員は世界初ということです。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 22:04 | かおり通信
hp-banner2.jpg