おかげさまでこの度、兵庫県議会議員に当選をさせていただきました。ありがとうございました。
任期は6月からとなりますが、引き続きどうぞよろしくお願いします。尚、立候補と同時に自動失職となっておりますので、芦屋市議会議員は前芦屋市議会議員とよみかえていただきますように、よろしくお願いします。

2018年03月31日

3月31日(土曜日)

平成29年度の本当の最後の日ですね。
明日からは、4月。
平成30年度の始まりです。
30日(金)はチャリティーバザーのお手伝いのため
市役所に行けないことがわかっていたため
一日前の29日(木)までには
ご挨拶に行くべきところには行ったつもりです。
なかなかお席におられない方には何度も足を運びましたが…。

さてさて、今日は地域での「さくらまつり」
開花状況を考えて、一週間早めての開催でしたが、
満開を過ぎ「桜吹雪」も綺麗でした♪

IMG_7289.JPG IMG_7280.JPG

この季節に思うことは多々ありますが、
いつの頃からか、年度末を怖く思わなくなりました。

平成30年度
素敵な出会いがありますように。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 21:57 | かおり通信

2018年03月29日

廿日市市へ行ってまいりました♪

【廿日市市 こども施策について 保育園再編基本構想について】

(特定非営利活動法人 キッズNPO 理事長 吉本卓生様)

キッズNPOは、保育園の運営については、
認可も認可外も運営、森のようちえんなど、自然と触れ合う保育を行う園も運営。
他にも、自然学校の運営、子育て広場&一時保育、イベント保育、
ワーク・ライフバランス推進、保育コンサル事業などを手掛けています。

IMG_7261.JPG

☆保育園再編基本構想について
(廿日市市公共施設再編計画との関係性等)

『廿日市市公共施設再編計画』平成27年6月において、
・今後4年間で公共施設の総延べ床面積約51万uのうち、10万u、約2割を縮減すること。
・保育園については民営化の検討を行うこと。
その後、『保育園再編基本構想』骨子が、平成28年9月に示され(議会には全体協議会)、
パブリックコメント、説明会等の後、多少修正され平成29年3月に策定される。
パブリックコメントは一か月で、51件という大変な数となりました。

☆「幼児教育の無償化」について
(今後の施策)
 
公立幼稚園・保育所の無償化は、市の一般財源から支出されること。
民間の保育所、認定こども園は消費税が財源となること。
細かい制度設計は今後議論され決定されることから特に大きな動きはないとのことでした。


芦屋市において、昨年2月13日に公表されて以来、
幼稚園、保育所の統廃合の問題が進んでおり、
かなり重なる部分もあってつっこんだ意見交換もさせて頂きました。
但し、骨子を先に公表し、パブリックコメントを実施していることは
本市においてやはりするべきであったと、
全体協議会においてそのことに触れたことを振り返って思いを強くした次第です。
説明会における資料も拝見しましたが、触れにくい「お金」について、
補助金などのことにもあえて触れて説明会に出かけておられたということについても、
新鮮な驚きがありました。
何れにしても担当課の方々のご苦労が伝わりました。
調整監の松岡様は実は保育士さんで
現場を知っているということで異動してこられたようですが、
保育士の方が行政に異動してくるというのも、
廿日市市においては初めての取り組みということでこのあたりにも、
事業を進めていくヒントがあるように感じました。
現在子どもの数が増えているという廿日市市の取り組みは非常に参考となりました。
請願についても意見交換するなかでお話を聞き、とても勉強になりました。
行政が事業を進めていくにあたり、
やはり「議会」は避けては通れないものなのであることも改めて認識した次第です。

IMG_7265.JPG IMG_7263.JPG

この窓口の業務について
委託にしておられるとのことです。

視察にあたりまして、
関係者の皆さまのお力添えに深く感謝いたします。
ありがとうございました。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 00:18 | かおり通信

2018年03月28日

宇部市へ行ってまいりました♪

今回初めて「単独」での行政視察の経験でした。

【宇部市  障害者就労ワークステーションについて】

「緑と花と彫刻のまち」宇部市は、工業都市として発展してきた一方で、
豊かな自然にあふれ、山と海の幸にも恵まれ、
一次産業の活性化及び6次産業化・農商工連携の促進、ブランド力を更に高めるため、
市内で採取、捕獲された一次産品を使用した加工品を「うべ元気ブランド」に認証し、
その育成と販売を促進されています。
しかし、宇部市発展の礎は、明治期以降の石炭産業の振興により築かれ、
その後戦災により市街地の大半が焼失したものの、
近代的な工業都市へと変貌を遂げました。
急激な工業化の進展に伴い生じた、ばいじん降下による大気汚染などの公害問題の解決に、
産官学民が一体となった「宇部方式」により公害を克服したという土壌があり、
障害者の自立に向けた就労支援についても
官民一丸となった取り組みを実施してきた歴史があります。
平成19年4月、障害者の自立と社会参加を図ることを目的として
「宇部市障害者就労支援ネットワーク会議」が設置され、
関係機関が連絡調整や情報交換を行うとともに、
障害者雇用への理解と啓発を進める事業が実施されてきました。
平成21年11月に「ワークステーション検討会」が設置され、
目的、対象者(受験資格)、雇用期間、業務の調整、信仰、設置場所や施設設備などについて
4回にわたり検討されました。
平成22年5月に、
「宇部市障害者ワークステーション」通称「うべ☆きらめきステーション」が設置されました。
ワークステーションでは、障害者の自立の促進、庁内業務の効率化、
民間への障害者の雇用促進を目的に、知的障害者、精神障害者、発達障害者を雇用しています。
雇用期間は最長3年のため、
任期終了後に民間企業等への就職へとつなげる
職業準備性の向上のための支援が重要な役割となっています。

・設置目的
@障害者の就労を支援するため、
市役所も一事業所として障害者を積極的に雇用し、
働く意欲のある障害者の自立を促進する。
A庁内業務の効率化を図る。
B市が率先して知的障害者と精神障害者を雇用することにより
民間の障害者雇用の促進を図る。

・雇用している障害者
知的障害者―2人 精神障害者―3人 発達障害者―1人(1月に1人就職のため現在は6人でした)

・待遇 
雇用形態 嘱託職員
賃  金 日額5600円(一時金なし)
勤務日数 全ての開庁日(月20日程度)
勤務時間 1日7時間 8時30分〜16時30分
任用期間 嘱託職員として最長3年継続任用(2か月は試用期間)

・業務内容
市役所内の各課から依頼を受けた業務を集約して事務処理をしています。
(データ入力、文書封入、印刷物修正、書類仕分けと並べ替え、
郵便物開封、印刷と製本、用紙配達、窓口業務、図書館での配架作業など)

在籍中のフォロー体制として、
市職員が支援員として配置されて日々の支援を行っています。
また入所時の研修として、2週間のビジネスマナー研修が実施されるなど、
支援体制についてもきちんと考えられていることに安心感を覚えます。
また朝礼に始まり、終礼に終わり、日々「業務日報」を仕上げるなど、
仕事の内容だけに留まらずその人の思いや考え、
人間関係などを知る術にもなっていることを考えると
様々な工夫がされていると感じました。
年間を通じて仕事量の平準化が課題のようです。
対応くださった議会事務局の川崎課長さんが、
平成22年春の組織改編時に異動となりこの事業の立ち上げされた方だということがわかり、
さらに身近に感じさせて頂くとともに、
視察対応をしてくださった職員さん3人が女性であったということも、
女性活躍を感じさせられるようで嬉しい気持ちになりました。

IMG_7254.JPG

年度末の大変お忙しい中、ありがとうございました♪

到着から約束の時間まで少しありましたので、
近くの図書館を訪れてみました。
撮影は許可を得ています。

IMG_7248.JPG IMG_7249.JPG IMG_7250.JPG

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 23:04 | かおり通信

2018年03月27日

視察

宇部市
廿日市市
へ行ってまいります。
posted by 中島かおり at 08:47 | かおり通信

2018年03月26日

スーパーキッズ・オーケストラ♬

溌剌としたスーパーキッズの皆さんの
素晴らしい演奏でした。
3才から、4才から、5才から
ヴァイオリンを始めています
という、本当にスーパーキッズです。
そして、合宿はウィーンって
クラッシックの音楽をしているきらきらのキッズたち。
本当に素敵でした。
個人的には、メリーウィドウ メドレーが
タイムワープするようでお気に入りでした。
この子たちが大人になっても十分に活躍できますように♬

IMG_7214.JPG

芦屋川沿いの桜は、
かなり咲いています♪

IMG_7215.JPG

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 20:43 | かおり通信

子ども・子育て会議

教育・保育施設に係る確認について
子育て世代包括支援センター
認可外保育施設利用者補助事業について概略
放課後児童健全育成事業について(むすび、にじいろ学級)
地域子育て支援拠点事業の実施について
芦屋市立岩園保育所大規模改修に伴う仮園舎での保育の実施について

なかなか盛りだくさんの内容でした…。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 20:32 | かおり通信

2018年03月24日

ふれあい芦屋マダン2018

桜もちらほら咲く中、
潮見小学校にて♪
防災士としての出番です手(チョキ)
思ったより肌寒い感じでした。

IMG_7202.JPG

「こんな段ボールのトイレでできない!」
という子がいたので、
「災害の時にはね、
電気もガスも、水道もとまるのよ。
だからあるもので作っていかないといけないから、
段ボールや、何か大きめの入れ物に、
ビニールを入れてしないといけないようなことも
想定しておかないと、
いざという時に困るでしょう?」
と話したら、驚いていましたが、
すこーしは納得してくれたようで
続けてぬり絵をしてくれていました。
子どもって素直で可愛いですね。
こういう地道な啓発、広報活動も
防災士の役割と心得ていますぴかぴか(新しい)

IMG_7204.JPG IMG_7203.JPG

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 14:00 | かおり通信

2018年03月23日

2・3月議会が閉会しました!

10時から本会議が開かれました。

平成30年度予算も無事成立しました。

気付けば年度末、春はもうすぐそこです。

今年の桜まつりは、
4月7日(土)8日(日)ですが、
もしからしたら桜の満開はもう少し早くにくるかもしれませんね。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 21:11 | かおり通信

2018年03月22日

財務書類

総務常任委員会が開かれました。

統一的な基準による財務書類については、
先の予算委員会でお聞きしようと思っておりましたところ、
今日の委員会で説明を受けるということでしたので
ちゃんと約束通り、29年度末までの公表となり
少し安心したところです。
台帳の整備など、ご苦労が多々あったと推察するところです。
このことをどのように生かすのか。
台帳の整備、今後の更新、
日々の所管における作業と課題、
公共施設等のマネジメントの関係、
市民へどのように「見える化」を進めていくのか
改善を積み重ねて前へ進めて頂いて
どのようなものが見えてくるのか
楽しみに待ちたいと思います。

その他、
市立芦屋高等学校跡地活用事業について
消防団の活動について

説明を受けました。
明日は10時から本会議が開かれます。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 23:39 | かおり通信

2018年03月21日

総務常任委員会・予算特別委員会より

少し前になりますが、
委員会のご報告をさせて頂きます。

【さくら参道無電柱化工事】

平成31年度末には事業完了予定で、
平成32年1月に桜を植樹する予定とのことです。
2年後の春には、新しい桜を見ることができますね♪
電線共同構による無電柱化を進めており、
「芦屋市無電柱化推進計画」を策定しようとしています。
この計画を策定する「無電柱化推進計画策定委員会」の委員は全員男性です。
半分とまではいかなくても、せめて何人かは女性委員を入れてほしいものです。

【地方創生 エリアブランディング 女性がかがやくまちあしや 男女共同参画推進に要する経費】

「女性活躍」については、平成27年に一般質問で取り上げたのが最初でした。
「女性の職業生活活躍に関する計画」の策定だけにとどまらず
「まち・ひと・しごと創生事業費」地方創生の関係で、芦屋市において予算を組み
「女性がかがやくまち芦屋」という事業を展開頂いており、期待をするところです。
芦屋リジュ―ムも開始されます!

「第4次ウィザスプラン・芦屋市男女共同参画行動計画」
「第2次芦屋市 DV対策基本計画(芦屋市配偶者等からの暴力対策基本計画)等について、
いよいよ始動する平成30年度です。
これらの計画につきましては、私自身のこれまでの取り組みをふまえると、
長かったと、ようやくここまできた、と感慨深い思いです。
H22年(2010年)にいわゆる202030、
指導的地位に占める女性の割合を30%へという本市における取り組みについて、
一般質問で取り上げ、
「本市の女性管理職の数値目標につきましては、
10年後の職員年齢構成及び男女構成割合に大きく左右されますし、
管理職員には性別にかかわりなく、
能力、意欲、適正等を兼ね備えた者を任命すべきと考えておりますので、
30%の数値目標を達成することは難しいと考えております。」
との答弁が返ってきました。

約8年前は難しい!と答弁されました。
10年後のことなのに、何故難しいと言い切っててしまうのか、と当時驚きと共に落胆し、
行政の壁を強く感じたことの経験の一つとして記憶に残り続けています。

そこから、計画の中に数値目標を掲げて頂くというのは当時、
画期的であったと記憶しますが、ひとまず数値目標を計画に明記することを優先し、
女性職員さんは係長、主査級以上として、課長級の数値目標を明記いて頂くのに、
そこから8年が経ちました。
部長級までさすがに30%とはならなかったのは残念ですが、
今回部長級の数値目標を明記頂いたということで感慨深いものがあります。
計画は策定だけに留まらずフォローや推進体制の強化についてもしっかりと取り組むこと、
女性活躍推進に関して、計画に「事業所等への働きかけ」の施策もあることから、
認定マークを市が事業者として率先して取り組むことを求めました。
ウィザス・あしやについては、設置管理条例がなかったラモールの時代から、
今年度には現在工事中の分庁舎への移転が予定されています。
係長級の職員の配置、相談業務のあり方、相談室の工夫、
引越しの際に個人情報等の漏えいがないように等すでに指摘、要望してきました。
この30年度予算のなかで執行されていくことでしょう。
配偶者暴力相談支援センターの拡充についても期待しています。

シティプロモーション用ロゴマークについては、
使用に関する要綱で平成32年3月31日までと期限の定めがあることから、
その後の使用等について検討しておくべきと考えます。

旧宮塚町住宅の活用にあたっては、
近隣を含めて駐車、駐輪問題に取り組みを求めるとともに、
広く広く、多くの市民の方が参画してともに楽しむことができように要望しました。
建物の景観重要構造物の指定等についても期待しています。

【茶屋集会所整備工事費】
秋頃から工事に入る予定です。
利用者の声を十分取り入れながら丁寧に工事を進めてほしいものです。
公共施設の適正化については、約5年前に各公共施設の保全計画が示されており、
その計画によると、例えば精道保育所は平成44年に建て替え検討となっています。
変更があるものは更新し公表していくべきであり、
公共施設等総合管理計画とも整合性を持たせきっちり「見える化」して示していくべきです。

【消防費】
1年前に消防団の増員についての提案をする中で、
平成14年、平成19年、平成22年に総務省からの
「自治体職員への呼びかけ」の関係通知通知などを紹介。
当時芦屋市は何も働きかけをしていなかったようですが、
昨年芦屋市において職員への消防団入団の呼びかけが実施され、
その結果、3名もの心ある職員さんが入団されたとのことです。
結果がでてよかったです。常によびかけていくという姿勢は大事ですね。
継続して毎年、新人職員に呼びかけることを更に提案しました。

【消防救急デジタル無線の談合について】
 この問題については1年前の予算議会において指摘し、
不十分であった契約のあり方については改善されています。
他自治体では住民監査請求の動きも聞こえてくることや、
1年前には損害賠償請求等も検討するとの答弁があったことから進捗状況に質しました。
補助金の返還なども必要なはずですが、
金額の確定が難しく芦屋市におけるこの談合問題の決着はもう少し先になるようです。

明日は、11時から総務常任委員会が開かれ、
お昼をはさんで午後からも開催されます。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 22:23 | かおり通信
hpbanner.jpg