blog_notice_20190702.png

2018年07月18日

パイプラインの今後について

芦屋浜・南芦屋浜まちづくり調査特別委員会

★廃棄物運搬用パイプライン施設の今後のあり方に係る市民意見募集の実施について

★高浜町1番住宅の入居希望者登録について

パイプライン施設について
施設の老朽化、割高な維持管理費の課題を解決するため
廃棄物運搬用パイプライン施設の今後のあり方について
市民意見が募集されます。

募集期間 8 月15 日(水)から年9 月14 日(金)まで

提出方法
環境処理センター(環境施設課)窓口に持参
郵送
ファクス
ホームページ上のご意見募集専用フォーム
Eメール
があります。

市民意見募集結果の報告
11 月に予定されています。

芦屋浜地域のまちづくりに合わせて昭和54年から
南芦屋浜地域では平成10年から
運用されています。

課題の整理としては
1.多額な経費を要する大規模改修や施設更新
輸送管等の老朽化が深刻であり
経費の面等から運用し続けることは困難。
2.割高な運用経費
様々な取り組みにより経費削減はできたものの
車両収集と比較し割高である。

課題を解決するために,パイプライン施設の運用年数を定める。
★芦屋浜地域 今後20年を限度とする
(15年経過した時期から順次代替収集へ変更)
★南芦屋浜地域 今後32年を限度とする
(30年経過した時期から順次代替収集へ変更)

代替収集方法については
パッカー車による車両収集とする。
現時点での案としてはオートロック施錠機能付ごみ集積施設を市の負担で設置し
当初は最大で週5回収集を実施しながら適切な回数に見直しを行う。

主な内容は以上となっています。

全市的な問題としてとらえる視点も重要だと考えます。
是非、ご意見をお寄せください。

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 17:31 | かおり通信
hp-banner2.jpg